ピクシブ百科事典

イシュタル(ダンまち)

いしゅたる

ここでは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する女神の一人について解説する。
目次[非表示]

「骨の髄が溶けるまで『魅了』してやる」

CV:本田貴子

概要

迷宮都市オラリオの歓楽街を支配する娼館ファミリア【イシュタル・ファミリア】の主神。性愛の女神であり、フレイヤに並ぶ「もう1人の美の女神」。

容姿

紫色の髪褐色の肌を有する美しい女性。瞳の色はアニメ版では紫色だが、『メモリア・フレーゼ』では金色。肉感的・蠱惑的な雰囲気を纏い、抜群のスタイルを誇る。
髪は毛先が綺麗に巻かれ、後ろ髪は全体的に纏められているアイシャドウ等で化粧を完璧にこなし、手足や首元には金色の装飾がちりばめられている。化粧も装飾品もほとんど身につけていないフレイヤとは、カラーリングも含め全てが対照的なデザイン。

ただし服装の露出度に関してはフレイヤ以上であり、下半身はドレスのような腰巻でしっかり隠れているものの、上半身は首に紐のような細い布をかけ、そこから伸びた部分で辛うじて乳首だけが隠れているのみという衝撃的なもの。女の武器を隠さないその風貌はまさに『娼婦』。

性格

誰に対しても高圧的な態度を崩さず、常に厳格かつ尊大な口調で相手に接する。
自らの持つ『美貌』と、それに起因する『魅了』の力に絶対的な自信を持つが、それらを否定、拒絶された場合は激しく動揺・狼狽する。また、同じ美の神でありながら格上扱いされているフレイヤのことを非常に憎んでおり、それゆえにとったある行動が彼女の運命を大きく狂わせることになる。

因みに両刀であるらしく、アニメではアイシャを無理やりベッドに押し倒し、肌を重ね凌辱し『魅了』するシーンがはっきりと描かれた。しかも事務的に行うのではなく、舌なめずりしながら嬉々として行為に及ぶ様子が映されており、かなりの好色でもあると思われる。

自らの目的なら手段を選ばず眷属の命を犠牲にする、闇派閥残党の利用等あらゆる手段を講じた。

動向

フレイヤ打倒のために春姫と殺生石を使って団員の強化のための儀式を画策している中、ヘルメスからフレイヤがベル・クラネルに執心していることを聞き、嫌がらせで寝取ろうと目論む。

捕らえたベルをいざ寝取ろうと魅了を施そうとするが、ベルのレアスキル「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」によって魅了が効かず、激しく抵抗されて逃げられたことで屈辱を抱く。再びベルを捕らえようとするが、ベルに手を出したことがフレイヤの逆鱗に触れ、【フレイヤ・ファミリア】に歓楽街及び本拠地を侵攻される。ベル一人のためにあらゆる利害を無視して躊躇なく眷属を総動員して襲撃したフレイヤの異常な執着心にイシュタルは戦慄する。

逃げようとした先にフレイヤと遭遇、フレイヤに副団長のタンムズらに施した魅了を上書きされて下僕にされたことで神としての力の差に愕然とし、フレイヤに「自分と何が違う」と問うと、「品性」と答えられて美しさという自分の矜持すら砕かれて激高して襲い掛かるが、高所から落とされて天界へ強制送還される。

劇中で名前が登場した神々の中でも自己中心的なところがあり儀式により仮にも眷属である春姫が命を落とすことに意を解さない。外部から【カーリー・ファミリア】を呼びよせようともしていたことが外伝で明らかになる。

本格的な出番は七巻だがそれよりも前の四巻の神会に参加していた。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
イシュタル・ファミリア フレイヤ(ダンまち)
イシュタル

関連記事

親記事

イシュタル・ファミリア いしゅたるふぁみりあ

兄弟記事

コメント