2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

超越存在

でうすであ

超越存在とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する神の総称。
目次[非表示]

概要

天界より娯楽と未知を求めて降り立った不変不滅の【超越存在(デウスデア)】ウラノスのように千年前から下界にいる神もいれば、ヘスティアのように最近下界へ降臨した神もいる。下界の住人に『神の恩恵(ファルナ)』を与えて強化でき、大規模なファミリアを擁する神(ロキフレイヤなど)は左うちわで生活できるが、零細なファミリアしか持たない神(ヘスティアやタケミカヅチなど)は自身で働いて生活費を稼ぐこともある。
因みに人は神の恩恵をさすがった時点で常人を遥かに超える身体能力を手に入れる事ができ迷宮のモンスターとも互角以上に戦う事ができる。高レベルまで上がれば上がる程格下の戦士達で構成された万の軍勢など一人で叩き潰す事が出来る。

外見はヒューマンと変わりないが、容姿端麗で整った顔立ちをしている。常に神威を発しているために一目見れば相手が神かどうか判別できる。尚、ゼウスやオーディン等の大神、カーリー等の戦神は、神威を抑えて一般人に溶け込んでいる事もある。

本来は万能だが、下界ではごく一部を除いて『神の力(アルカナム)』の使用は禁じられている。下界の者の嘘を見抜く能力があるが、基本的にほぼ一般人と同じ能力しか持たず、病気にもかかる。曰く、「全知零能」。但し、『戦争遊戯』などを観戦する為に千里眼を有した能力『神の鏡』などはその時だけ特例で認められている。加えフレイヤの美、ヘファイストスの鍛治、ソーマの酒など、それぞれが司る権能は使える。

また、真の意味で彼等、彼女等が死ぬ事はなく地上で自害しても天の光によって天界に強制送還されるだけであり作中で実際送還されたイシュタルタナトスも存命している(これは肉体を死なせない為に自動的にアルカナムが発動し望まずとも規則に違反してしまうからである)。
殺害する方法は『オリオンの矢』や『炎鷲の嘴(エトン)』のような『神創武器』を使用するしかない。

現代日本で使われるような言葉を使ったり、悪ノリが好きだったりと妙に俗っぽいのが多い。作中の主要人物の周りでは、ヘスティアのような善良な神や、ロキやフレイヤのように問題はあるが子供を見守ろうとする一面を持つ神が多く登場しているが、大抵の神は娯楽目的で下界に降りてきているため、基本軽薄でいい加減且つろくでなしばかり。ましてや【闇派閥(イヴィルス)】などと言うテロ組織を結成しオラリオごと下界を破壊、混乱に陥れ用とする『邪神』まで出てくる始末である。異端児(ゼノス)の存在が明るみに出た場合、保護か排除の二択より場を搔き乱す輩の方が多いだろうと予想されるほどで、ましてやヘスティアのような根っからの善神となれば数えるほどしかいない(事実、異端児騒動で都市が混乱する中で彼等だけは面白がり、【ロキ・ファミリア】の邪魔をしたとして町中から非難されるベルに悪絡みするなど、周囲と違って彼に対する印象は終始愉快な子供に過ぎないのである。その邪魔されたファミリアの主神であるロキですら同じである。基本的に威厳のない者ばかりだが、本質は間違っても人間達の尺度では計れない存在となっている)。
また、その一方で彼等にとっては下界の『救界(マキア)』が悲願であるらしく、新たな英雄を誕生させることを急務として日々活動している(詳細は不明)。
眷族達の二つ名を付けているのも彼等であり、三ヶ月に一度開かれる『神会(デナトゥス)』で命名されるのだが……基本、新参者達には『洗礼』の意味で、非常に痛々しい二つ名を付けられる(【美尾爛手(ビオランテ)】、【未来銀河(フォーチュンギャラクシー)】、【零落聖女(ラストヒロイン)】など…)。

下界の者による神殺しは禁忌であり、神に手を下せる者は神のみである(アルテミスは例外)。致命傷を与えられると『神の力』が発動し生命は維持されるが、禁を破ったことで天界へ強制送還され、二度と下界へは降りてこられない。

ヘスティアやヘファイストスの様に、我々の世界で「ギリシャ神話」と括られている神々は神の世界でも支配する土地が近いらしく、神話形態が同じだと交流が多いことが多い(といっても、ヘスティアはタケミカヅチと親しい仲だったので、交流はあるようだが)。

その他にも、神々は迷宮(ダンジョン)に入ることが禁じられている(それに加え、迷宮の成り立ちについても何か知っているようだが、子供達には隠している)。
これは迷宮を刺激することが原因らしいが…?

神の世界なら、力の行使は普通に行えるらしく、自在に転移などができる模様。

神時代以前は神は地上で活動していなかったが一部の神は分身である精霊などを地上に送り込んでいたらしい。

ちなみに、身体から老廃物は出ないらしい。

どんな悪神であろうと地上の住民が神を殺し送還することは禁忌とされている。
そのため神を送還することができるのは神だけの模様。

因みに原典に添えば、現在登場している神々は大体が親子や兄弟(特にヘスティア達ギリシャ系はほぼ血縁だらけ)だったりする者が数多くいるが、ゼウスとヘラが夫婦であることを除けばダンまち世界における神々の関係は概ね『友人』・『知り合い』で括られるものばかりで、神同士の家族関係というものが示唆されたことは一度もない。
ただ、ダンメモ4周年イベントにおいてはヘファイストスとアフロディーテが元恋人同士であったことが判明するなど、原典の設定に則った描写がされることもある。

主な神

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
 ファミリア

関連記事

親記事

ダンまちの登場キャラクター一覧 だんまちのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました