ピクシブ百科事典

ヘスティア・ファミリア

へすてぃあふぁみりあ

ヘスティア・ファミリアとは『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する団体である。
目次[非表示]

概要

迷宮都市オラリアに存在するヘスティアが主神を務めるファミリア。
物語の開始時点では主神であるヘスティアと最初の眷属である初心者冒険者ベル・クラネルしか所属しておらず、拠点も廃教会の隠し部屋と非常に小規模の弱小ファミリアだった。
ベルの飛躍的な活躍により徐々に知名度が広まり、【アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯』で勝利したことで、新たなメンバーと拠点「竈火(かまど)の館」を手に入れる。
さらに、エンブレムも作成し、描かれていたのは「重なり合った炎と鐘」であり、炎がヘスティアで鐘がベルという意味が込められている。
これによりオラリアで一目置かれるファミリアとなり、入団希望者が殺到した。しかし、ヘスティアの抱える莫大な借金が原因で眷属になろうとする冒険者は現状ほぼ皆無である。
団長であるベルの飛躍的ともいえる成長から現在ファミリアのランクはD。

ロキ・ファミリア】とは主神同士の仲が悪いため対立関係にあるがメンバー同士には特に隔意はない。【タケミカヅチ・ファミリア】、【ミアハ・ファミリア】とは同じ弱小ファミリアかつ主神同士の関係が良好の為か交流が深い。その他は【ヘルメス・ファミリア】とは何かと縁があるため交流があり【ヘファイストス・ファミリア】はヘファイストスがヘスティアと神友ということもあり(また借金があるため)交流がある。

一応ヘスティアが主神だがベル以外の所属メンバーからはあまり崇拝されておらず、なし崩し的に団長になったベルが信頼されている(というかベル以外の眷属の加入動機は「ヘスティアの眷属になりたい」ではなく「ベルの仲間になりたい」である)。

メンバー

ファミリアの主神。
ベルと相思相愛になることを夢見ている。

Lv.1→Lv.2→Lv.3→Lv.4
ファミリアの最初の眷属。初心者冒険者でファミリアの団長でもある。
アイズとの出会いで発現したスキルで、飛躍的な成長を遂げている。自覚は無いが男女問わずの人たらしで、癖が強くて周囲から実力を過小評価されていた隠れた実力者を次々とファミリアに連れ込んでいる。

Lv.1→Lv.2
元【ソーマ・ファミリア】所属のサポーター。ファミリアの指揮・補給を担当する。
一度は鴨にするつもりで近付き裏切り行為を働いた自分を救ってくれたベルに深い心酔と好意を抱いている。

Lv.2
元【ヘファイストス・ファミリア】所属の鍛冶師兼冒険者。
「クロッゾの魔剣」の一族でベルの装備を製作した張本人。

Lv.2
元【タケミカヅチ・ファミリア】所属の冒険者。
義理を返すために一年間限定で所属する事に。

Lv.1
元【イシュタル・ファミリア】所属の娼婦(ただし処女)。妖術師。
生贄にされそうだったところをベルに助けられ冒険者に転身する。

正確に言うとメンバーではなく一時的にかくまわれた居候。

差別嫌い

このファミリアは、メンバーの大部分が差別の被害者で構成されており、その為、主神のヘスティアと団長のベルを含め、誰もが差別に繋がる言動等を行わない様に心掛けている。

  • ベル…オラリアに来たばっかの頃、既存のファミリアへの入団を考えていたが、弱そうな外見だからと速攻かつ問答無用で門前払いを受け続け、ヘスティア・ファミリアを立ち上げた後もアポロン・ファミリアとの戦争遊戯に勝つまでインチキ呼ばわり等されていた。

  • リリ…ソーマ・ファミリアにいた頃、サポーターの立場であるが故に、奴隷当然の生活ばかりを強制させられる事になり、相手が感情的になっていたとはいえ、逃げ込み先の花屋の老夫婦から心無い暴言を浴びせられる事になった。

  • ヴェルフ…ヘファイストス・ファミリアにいた頃、非常に残念なネーミングセンスと彼自身の意固地、更に強力な魔剣を作れる事で他の鍛冶師に嫉妬の目を向けられていた事でファミリア内でも浮いた存在になっていた。

  • 春姫…イシュタル・ファミリアにいた頃、イシュタルから道具扱いされ、フリュネからも見下されていた。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘスティア・ファミリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347284

コメント