ピクシブ百科事典

ヘスティア・ファミリア

へすてぃあふぁみりあ

ヘスティア・ファミリアとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する団体である。
目次[非表示]

概要

迷宮都市オラリオに存在するヘスティアが主神を務めるファミリア。最も最初に眷族となったベル・クラネルが、なし崩し的に団長を務める事になっている。
アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯(ウォーゲーム)』の勝利によって得た『竈火(かまど)の館』が拠点で、その際にエンブレムも作成して描かれていたのは「重なり合った炎と鐘」であり、「炎」がヘスティアで「鐘」が団長のベルという意味が込められている。

一応ヘスティアが主神だが、ベル以外の眷族達からはあまり崇拝されていない(というかベル以外の眷族の加入動機は「ヘスティアの眷族になりたい」ではなく「ベルの仲間になりたい」である)。
ただし、ヘスティアはベルを始めとする眷族達の事を常に優先して行動し、いかなる時があっても彼等を理解し、味方をする行動に出ている為、「崇拝」は無くとも「信頼」はされている。
ロキ・ファミリア】とは主神同士の仲が悪いため対立関係にあるがメンバー同士には特に隔意はない。
タケミカヅチ・ファミリア】、【ミアハ・ファミリア】とは同じ弱小ファミリアかつ主神同士の関係が良好の為か交流が深い。
その他は【ヘルメス・ファミリア】とは何かと縁があるため交流があり【ヘファイストス・ファミリア】はヘファイストスがヘスティアと神友ということもあり(また借金があるため)、交流がある。

【ロキ・ファミリア】や【フレイヤ・ファミリア】といった「一流」の名のついたファミリアに比べると、メンバー個々のレベルや実力に関しては、まだまだ発展途上にあるのだが、どのメンバーも、他の冒険者には無い固有のスキルや特殊な魔法の習得等によって秘めた可能性を持っており、今後の活躍次第では十分に「化ける」可能性を秘めている。
団長であるベルの飛躍的ともいえる成長から、現在ファミリアのランクは「D」となっている。

ダンまち


物語の開始時点では、主神であるヘスティアと最初の眷族である初心者冒険者のベルしか所属しておらず、拠点も廃教会の隠し部屋と非常に小規模の弱小ファミリアであり、この欠点を補う為にリリルカ・アーデヴェルフ・クロッゾといった他のファミリアの団員達とパーティーを組む形でダンジョン攻略を行っていた。

ベルの飛躍的な活躍により徐々に知名度が広まり、【アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯』の開始前に、リリとヴェルフ、そしてヤマト・命の3人が正式に団員に加わり、『戦争遊戯』における勝利を機に、オラリオで一目置かれる成り上がりファミリアとなっている。
その後はヘスティアの募集を見て一時期に入団希望者が殺到していたのだが、ヘスティアの抱える2億ヴァリスという莫大な借金が原因で、「極貧ファミリア」というレッテルが張り付いてしまい、眷族になろうとする冒険者は現状ほぼ皆無となってしまっている(一応それでもカサンドラ・イリオンが加入しようとしていたが、ダフネ・ラウロスに引っ張られ加入しなかった)。

異端児(ゼノス)を巡る事件では、異端児達に非道な行いをする【イケロス・ファミリア】と激突した上に、互いのメンバーの信念や主義、そして異端児に関する方針が全く相容れなかった結果、魔物殲滅主義の最大派閥に当たる【ロキ・ファミリア】どころかオラリオ全体の冒険者達ともほぼ全面的に敵対する事態となってしまう。
しかし、それでも団長であるベルの決断によって異端児達を守るべく決起。名声を捨ててでも異端児達を守り抜く信念を変えようとしなかったベルの姿から、団長のフィン・ディムナが最終的に「異端児を利用していく」という形で異端児の殲滅から手を引く決断をした為、【ロキ・ファミリア】との関係は何とか元の鞘に収まっている。
騒動の終息後はある程度の名誉は回復し、『ギルド』側からも「遠征」の命令が下る程の評価を得る派閥となっている。また、最後まで異端児達を守る為に戦った姿勢から『ギルド』の主神であるウラノスからは大きく信頼を得る事になり、フェルズからも異端児達の未来を変えてくれる可能性として期待される事になっている。

『女神祭』の時にフレイヤが本気でベルを奪いに動き出し、ヘスティアとの交渉(という名の一方的な要求)が決裂すると、すぐに【フレイヤ・ファミリア】の第一級冒険者達がベル達を襲撃し、なすすべなく一蹴される。
その後、フレイヤがオラリオ中に『魅了』を施すと、ベルとヘスティア以外のみんなの記憶が改竄され、ベルを「【フレイヤ・ファミリア】のベル・クラネル」と認識してしまい本拠に訪れた彼を拒絶して彼を絶望に陥れてしまう。
ヘスティアの権能によって『魅了』が解除されると、一同は強い罪悪感と自己嫌悪に苛まれるが、家族(ベル)を迎えに行くために【フレイヤ・ファミリア】の本拠へ駆けて行った。

メンバー

ファミリアの主神。
ベルと相思相愛になることを夢見ている。

Lv.1→Lv.2→Lv.3→Lv.4
ファミリアの最初の眷族。ファミリアの団長でもある。
物語の開始当初は初心者冒険者であったが、アイズとの出会いで発現したスキルで、飛躍的な成長を遂げている。
自覚は無いが男女問わずの人たらしで、癖が強くて周囲から実力を過小評価されていた隠れた実力者を次々とファミリアに連れ込んでいる。
神々から与えられた異名は【未完の少年(リトル・ルーキー)】であったが、Lv.4になってからは【白兎の脚(ラビット・フット)】の新たな二つ名が与えられている。

Lv.1→Lv.2
元【ソーマ・ファミリア】所属のサポーター。ファミリアの指揮・補給を担当する。
一度はカモにするつもりで近付き裏切り行為を働いた自分を救ってくれたベルに深い心酔と好意を抱いており、紆余曲折を経て【アポロン・ファミリア】との一件で改宗し、正式に団員となった。
ヘスティアの借金を知ってからは、ファミリアの金庫番も担当する事になっている。

Lv.1→Lv.2
元【ヘファイストス・ファミリア】所属の鍛冶師兼冒険者。
「クロッゾの魔剣」の一族で、ベルの装備の数々を製作した張本人。
ベルが自身の制作した軽装の鎧を購入していたのを知ったのを機に専属契約を行ってパーティーを組み、後の【アポロン・ファミリア】との一件を機に改宗して、正式に団員となった。
後に二つ名に【不冷(イグニス)】が与えられる。

Lv.2
元【タケミカヅチ・ファミリア】所属の冒険者。二つ名は【絶†影】
かつて『怪物進呈(パス・パレード)』によってベル達を陥れてしまった過去があり、それを許し自分達に協力して欲しいと頼んできたヘスティアの慈愛に感銘を受け、後の【アポロン・ファミリア】との一件から、義理を返すために一年間限定で所属する事になっている。

Lv.1
元【イシュタル・ファミリア】所属の娼婦(ただし処女)。妖術師。命の親友。
父親に追放され、様々な経緯を経てオラリオの歓楽街に流れ着き、イシュタルの謀略によって殺生石に封印されて生贄にされそうだった所をベルに助けられ冒険者に転身している。
秘めた可能性は持っているものの、冒険者としての戦闘経験がほぼ皆無である為に、「妖術師」としての身の振り方も学ばせる為、ランクアップは保留扱いされている。

正確に言うとメンバーではなく、一時的にかくまわれた異端児。

彼女もメンバーではないが、幾度なく彼と共に冒険をしており、準メンバーと言っても過言ではない。原作者の大森氏も彼女がいずれ仲間になる事をほのめかしている。

差別嫌い

このファミリアは、メンバーの大部分が差別の被害者で構成されており、その為、主神のヘスティアと団長のベルを含め、誰もが差別に繋がる言動等を行わない様に心掛けており、また差別を平然と行う者に対しては、毅然とした意志を貫いている。

  • ベル…オラリオに来たばっかの頃、既存のファミリアへの入団を考えていたが、弱そうな外見だからと速攻かつ問答無用で門前払いを受け続け、【ヘスティア・ファミリア】を立ち上げた後も【アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯』に勝つまでインチキ呼ばわり等されていた。

  • リリ…【ソーマ・ファミリア】にいた頃、サポーターの立場であるが故に、奴隷同然の生活ばかりを強制させられる事になり、相手が感情的になっていたとはいえ、逃げ込み先の花屋の老夫婦から心無い暴言を浴びせられる事になった結果、極度の冒険者嫌いになっていた。

  • ヴェルフ…【ヘファイストス・ファミリア】にいた頃、非常に残念なネーミングセンスと彼自身の意固地、強力な魔剣を作れる事で他の鍛冶師に嫉妬の目を向けられていた事で、ファミリア内でも浮いた存在になってしまっていた。それ以上にクロッゾ家の過去の所業が原因で戦神アレスによる惨劇も起こっていた結果、特にその被害を受けたエルフ達からは、理不尽な憎悪を向けられている

  • 春姫…【イシュタル・ファミリア】にいた頃、イシュタルから道具扱いされ、フリュネからも見下されていた。

問題点

団員達に悪意こそ無いものの、オラリオのファミリアの中でも屈指のトラブルメーカー的な存在となってしまっており、ファミリア同士の大規模な内部抗争や他国からの軍事侵攻にまで直接・間接を問わずに関わってしまっている。というのも、団員達それぞれがかなり特殊な事情を抱えているからでもある。
まずリリは、内部関係が破綻しきっていた【ソーマ・ファミリア】の元団員であり、主神がファミリア運営に無関心なのを良い事にやりたい放題していた団長のザニス・ルストラによって固有の変身魔法に目を付けられ、【アポロン・ファミリア】との結託による内部抗争を招いている。
次にヴェルフも、【ラキア王国】の魔剣鍛冶師であるクロッゾの血を引き、高度な魔剣鍛造能力を持っていた事から、【ラキア王国】の主神であるアレスがオラリオに軍事侵攻してくる要因になってしまっている。
更に命は、春姫を交友関係にあった事から、殺生石に封じられた上で殺されてしまう事になっていた彼女のいる【イシュタル・ファミリア】の管轄する歓楽街に乗り込む事態となり、最終的に【イシュタル・ファミリア】と【フレイヤ・ファミリア】の全面抗争にまで発展させている(【イシュタル・ファミリア】を潰そうとしたヘルメスの暗躍も原因の一つだが)。
加えて春姫自身もレベルブーストという希少な妖術を行使出来る為、【イシュタル・ファミリア】以外の他の勢力からも非常に狙われやすい立場となっている。
そして、団長のベル自身もリヴィラの街で漆黒のゴライアスを撃破して以降は、面白がった他のファミリアの主神達に狙われていく事になっており…

  • アポロンの常軌を逸した執心により、【アポロン・ファミリア】だけでなく【ソーマ・ファミリア】との抗争を招く。
  • フレイヤへの痛がらせも兼ねてイシュタル率いる【イシュタル・ファミリア】からも貞操を狙われる
  • 『異端児』と関わった事で、【イケロス・ファミリア】と激突した上に【ロキ・ファミリア】とも全面的に敵対し、オラリオ全体を巻き込む抗争に発展させた。
  • フレイヤに狙われた結果、オラリオの市民、冒険者、神々の殆どが彼女の権能である「魅了」の支配下に置かれる事態になった上に都市最大派閥である【フレイヤ・ファミリア】と戦争遊戯による全面対決にまで発展した。

等、キリが無いくらいのトラブルを招いてしまっている。

余談

作者の大森氏によるとヘスティア>春姫>命>リリ>ウィーネという順番らしい。
何がとは言わないが…

アニメ版では、何故か風呂場にどこからともなく大量のひよこの人形が現れている。どこから現れるのかヘスティアも気になっていたが、そこまで深く追求しなかった。
メモリア・フレーゼ』では、ひよこの着ぐるみを着てジャガ丸くんを販売していた時にその着ぐるみをミアハに指摘されると、起きたらいつの間にか着ていたと説明したことでミアハに「館に呪詛(カース)の類でも取り憑いているのでは?」と思われた。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリア(ダンまち)
ヘスティア(ダンまち) ベル・クラネル リリルカ・アーデ ヴェルフ・クロッゾ ヤマト・命 サンジョウノ・春姫

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘスティア・ファミリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヘスティア・ファミリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445496

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました