ピクシブ百科事典

エイナ・チュール

えいなちゅーる

エイナ・チュールとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:戸松遥

ダンジョンを運営管理する『ギルド』の受付嬢のハーフエルフ。19歳。
ベル・クラネルの担当アドバイザーであり、彼の相談役として親身に対応している。
現在勤続5年目らしい。

人物像

非常に真面目で面倒見がよく世話好きな性格。
そのため、『ギルド』の職員達と担当の冒険者達(特に男性)からの信頼は篤い。
仕事一筋で浮ついた話が無いが、本人はあまり気にしていない。
仕事に私情は挟まないことを心掛けているが、いざとなれば処罰を覚悟で弱き者を助ける正義感はある。
プライベートでは、眼鏡は外している。

模写塗り練習3



担当のベルを弟の様に思いながら面倒を見ており、何かしら問題を起こすベルを諫めつつも、プロテクターをプレゼントして彼の手助けをしたり、強敵を打倒したベルを立場を忘れて喜んだりしている。
エルフの血を引いてるため容姿がよく、頼りになりそうな男性に言い寄られることが多いが、本人はどちらかというと、少し頼り無いくらいの男性(まさにベルが該当)が好み。
万が一、ギルドを辞めることになった場合、【ヘスティア・ファミリア】に入団しようかと考えたこともある。
彼のステイタス(スキルと魔法を除く)を知る人物の一人で、急激な成長速度がスキルに依るものだと推測しており、<幸運>と言う世界初のレアスキルが発現した際には娯楽に飢えた神々に悟られないように意図的に隠蔽している。
家族構成はエルフの母アイナと人間の父、年の離れた妹の四人家族。
ロキ・ファミリア】のリヴェリアとは、母親アイナが親友であったため、親交がある。奔放だったところのある母と比べるとエイナは真面目で固いとのこと。
同僚のミィシャ・フロットとは仲が良く彼女の仕事を手伝ったりしている。

ギルドの受付嬢は冒険者に入れ込むと辛い思いをするからという理由で深入りしないのが多いが、彼女は担当する冒険者に死んでほしくないという思いからなにかと世話を焼く。
そのため冒険者からよくモテる。が、教えはスパルタであり、今まで請け負って来た冒険者のほとんどが教えに耐え切れず逃げ出している。

家族仲は良好だがエルフの森の外の空気が合わなかった母の医療費を稼ぎたいと思っており給料がいいギルド職員になったらしい。

異端児(ゼノス)騒動でベルがオラリオ中から憎悪を向けられる中、自分に本当のことを言ってくれないことに悲しみ、そして怒って彼の頬を叩いてしまう。叩いてしまった罪悪感に駆られふさぎ込んでしまうが、いつまで経っても顔を見せに来ないベルに却って怒りが爆発し、巡回を名目に強引に『ギルド』を飛び出して彼に会いに行く。
その後、ベルとアステリオスの戦いを見届け、アステリオスに敗北し男泣きするベルを見たことで、ベルに対する好意をはっきり自覚した。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ハーフエルフ
ベル・クラネル ヘスティア(ダンまち) リヴェリア・リヨス・アールヴ
ミィシャ・フロット

アスナ(SAO)・・・中の人繋がりかつベルと声が同じ主人公にぞっこんなヒロイン。ダンまち1期1話のベルとエイナのやりとりを見て、彼女を思い浮かべた人は実際多かった。ちなみに仮想空間での話だが、一時期ティターニアの姿で囚われていたためエルフ繋がりでもある。
なお、かの万能者中の人が同じヒロインとは犬猿の仲。

受付嬢(ゴブリンスレイヤー)・・・同じレーベルの作品におけるギルドの受付嬢かつ年下の冒険者主人公に思いを寄せるヒロイン繋がり。ただし中の人ベルのサポーターである。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エイナ・チュール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1158318

コメント