ピクシブ百科事典

エイナ・チュール

えいなちゅーる

エイナ・チュールとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:戸松遥

ダンジョンを運営管理する『ギルド』の受付嬢のハーフエルフ。19歳。
ベル・クラネルの担当アドバイザーであり、彼の相談役として親身に対応している。

人物像

非常に真面目で面倒見がよく世話好きな性格。
そのため、『ギルド』の職員達と担当の冒険者達(特に男性)からの信頼は篤い。
仕事一筋で浮ついた話が無いが、本人はあまり気にしていない。
仕事に私情は挟まないことを心掛けているが、いざとなれば処罰を覚悟で弱き者を助ける正義感はある。
プライベートでは、眼鏡は外している。

模写塗り練習3



担当のベルを弟の様に思いながら面倒を見ており、何かしら問題を起こすベルを諫めつつも、プロテクターをプレゼントして彼の手助けをしたり、強敵を打倒したベルを立場を忘れて喜んだりしている。
エルフの血を引いてるため容姿がよく、頼りになりそうな男性に言い寄られることが多いが、本人はどちらかというと、少し頼り無いくらいの男性(まさにベルが該当)が好み。最近ベルに対する好意をはっきり自覚した。
万が一、ギルドを辞めることになった場合、【ヘスティア・ファミリア】に入団しようかと考えたこともある。
彼のステイタス(スキルと魔法を除く)を知る人物の一人で、急激な成長速度がスキルに依るものだと推測しており、<幸運>と言う世界初のレアスキルが発現した際には娯楽に飢えた神々に悟られないように意図的に隠蔽している。
ロキ・ファミリア】のリヴェリアとは、母親アイナが親友であったため、親交がある。奔放だったところのある母と比べるとエイナは真面目で固いとのこと。
同僚のミィシャ・フロットとは仲が良く彼女の仕事を手伝ったりしている。

ギルドの受付嬢は冒険者に入れ込むと辛い思いをするからという理由で深入りしないのが多いが、彼女は担当する冒険者に死んでほしくないという思いからなにかと世話を焼く。
そのため冒険者からよくモテる。が、教えはスパルタであり、今まで請け負って来た冒険者のほとんどが教えに耐え切れず逃げ出している。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ハーフエルフ
ベル・クラネル ヘスティア(ダンまち) リヴェリア・リヨス・アールヴ
ミィシャ・フロット

pixivに投稿された作品 pixivで「エイナ・チュール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 657758

コメント