2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロイマン・マルディール

ろいまんまるでぃーる

ロイマン・マルディールとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:杉崎亮

本編に登場する、ギルドの最高権力者であるエルフのギルド長。
長命のエルフである事もあってか、ギルドには1世紀以上勤めている年季の長さである反面、今の地位に就いてからは豪遊・放蕩生活を送っており、更に金を使うのも好きなのか、カジノに遊びに行く事も。
その不摂生な生活ぶりが祟ってか、容姿端麗の美形が多いとされるエルフとは思えない程でっぷりと太った体格をしており、それに因んで『ギルドの豚』という仇名で呼ばれる形でオラリオにいる全てのエルフから忌み嫌われており、多くのギルド職員にも反感や苦手意識を持つものは多い。
同じエルフに対しても傲岸不遜(さすがにハイエルフや王族、神相手までには強気には出れないが)である事や、ハーフエルフを見下し優秀だが厄介ごとを抱える事が多いギルド員であるエイナ・チュールに嫌味な態度をとる等、性格にもかなり問題がある。一方、ギルドがオラリオの運営をしている以上、事実上のオラリオの顔役ともいえる…が、実はウラノスに秘密で汚職もしている(ウラノス側は、ある程度見逃してる節があるが)。
そういう性格の人物である事や最高権力者でもギルド内では中間管理職的な立場(実質的なトップは、あくまでもウラノス)に過ぎない事もあってか、(自業自得とはいえ)様々な場所で割を食うことも多く、苦労人な一面もあり、胃薬を服用している様子を見せる事も多い。

しかし、ウラノスがギルド長に任命しているだけあって非常に有能である。また、オラリオに対する想いは誰よりも強く真摯であり、オラリオの運営に最も大きく貢献している人物であるのも確かで、フェルズからも放蕩三昧には呆れられつつも有能と評価されている。
7年前の闇派閥との最終決戦の際には、闇派閥と交戦している派閥以外にも出動を要請したりする等、打てる限りの手を必死に打とうとしていた。
また、フレイヤの『魅了』も、とっさの判断から痛みで耐え凌ごうとする等、機転が利く一面もある。
本編では明かされていないものの、現在はオラリオに来て冒険者を始めてからたったの四ヶ月半でLv.1からLv.4までのランクアップを果たしているという異常なまでの偉業を果たしたベル・クラネルに注目しており、オラリオの冒険者達の全体的な底上げを狙ってなのか、彼の異常な成長速度に関する秘訣を解明するようエイナに命令している。

フレイヤ・ファミリア】によるオラリオへの実質的なクーデターの達成後、『魅了』が解除されると、フレイヤへの怒り(不満等が勿論無い訳では無いが、私情よりもオラリオの存続を優先している)よりも【ロキ・ファミリア】を始めとする最大派閥との衝突でオラリオが壊滅する事を恐れ、全ファミリアに停戦命令を出して、死に物狂いで抗争を阻止しようとした。

余談

因みにCVの杉崎氏は同作品の中であのヒロイン(?)の声も担当している。

前世は「ナイツ・オブ・フィアナ」に登場した、マルディという名のヒューマンと思われる。コーマック王国の宰相を務めている。良識ある人物で、フィアナ騎士団を敵視するコーマック王に頭を悩ましており、どうにかして和解しようとしている。一方で、色々な仕事を押し付けられて多忙な日々を送っている苦労人でもあり、来世はエルフになりたいと思っている(コーマック王亡き後に、コーマック上王国の新女王に即位したアルキティーネ・ディオンドラが、奪還したシュリーム城塞に滞在するラザル・ディアミッドにお忍びで会いに行く為に、マルディへ政務を押し付けた際に、マルディがそう言っていた)。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ギルド(ダンまち) ウラノス(ダンまち)

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました