ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミィシャ・フロット

みいしゃふろっと

ミイシャ・フロットとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物である。

概要

CV:橋本ちなみ


迷宮都市オラリオの『ギルド』で受付嬢を務める、ヒューマンの女性。

エイナ・チュールとは同僚であり、学生来(『学区』)の友人。彼女が担当を務める冒険者のベル・クラネルを面白がって「弟君」と呼んでる。


エイナほど仕事ができるわけではなく、頻繁にエイナに泣きついて仕事を手伝ってもらってる。

にもかかわらず、何故か都市最大派閥の【ロキ・ファミリア】の担当を半ば任せられており、困惑気味となっている。ただそういう所があることが把握されているためか上層部から重要な案件に参加させられることはない模様。

波長が合うのか、団員のエルフィ・コレットとは親しい仲らしい。

初めて担当した冒険者は年上の獣人であり、いくらか好意を抱いていたが、その人物はダンジョンで命を落としている。


後に、ベルが異端児(ゼノス)達を庇って【ロキ・ファミリア】や異端児達を狩ろうとした冒険者達と敵対する行動に出た際は、それを問題視しながらも過剰なまでにベルを敵視して嘲笑う冒険者達の態度にも憤りを見せている。

それに対し、上司からは「ここ短期間で、急激に彼(ベル)が冒険者として名を挙げた事が、多くの冒険者達の嫉妬を買ってしまった」と言われている。


異端児騒動後、エイナがベルへの好意を自覚してしまった際、遠征に行ったベルを過剰に心配するエイナに呆れていた。


実は『学区』にいた頃、ギルド採用の模擬試験では最低の『Z判定』という受かる可能性が全く無いにもかかわらず合格したという奇跡を成し遂げたことで、後輩達から『フロットの奇跡』として伝説視されている。


なお、『特別(ダンジョン)実習』の手続きに来た『学区』の後輩を微笑ましく見ていたが、それが変装した【白兎の脚(ラビット・フット)】だと全く気付いていなかった。


関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 受付嬢 ギルド(ダンまち)

エイナ・チュール

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14823

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました