ピクシブ百科事典

フィン・ディムナ

ふぃんでぃむな

フィン・ディムナとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:田村睦心

ロキ・ファミリア】所属の小人族(パルゥム)。見た目こそ幼げな少年の容姿をしているが、実はアラフォー(42歳)※。
ファミリア最古参で団長を務めており、オラリオでも最高峰の実力者であるLv.6の第一級冒険者。
小人族は種族的に貧弱でレベルアップも大変と言われているが、フィンはオラリオ全体から見ても上から数えた方が早い実力者(つまりは世界最高峰)である。

※作中では、レベルアップすると全盛期の肉体を維持するために老化を遅らせる効果があり、種族の特性や彼の体質というわけではない。

人物像

長槍を装備し、小柄な体格を活かした槍術を駆使する。戦闘能力だけでも十分高いが、一方で頭も非常に切れ勘も鋭く、指揮官として非常に優秀な人物。また危険などが迫ると親指が疼き出す体質を持ち(スキルなどのステイタスの力かどうかは不明)、その疼きを信じた直感に基づく判断も行い、自身が先頭に立って味方を鼓舞することで仲間の士気を高める天才とされている。
その見た目と実力からオラリオの女性冒険者達に非常に人気が高く、1、2を争うほど。
彼に憧れを抱いてる小人族は多いが、【フレイヤ・ファミリア】のガリバー兄弟は小人族代表の様なフィンをあんまり快く思ってない。

小人族で信仰されている架空の女神『フィアナ』(かつて神々に存在を否定されてしまった)を崇拝し、自身が新たな小人族の象徴となることでなにかと他の種族に見下されやすい小人族の再興を目標に掲げている。
目的のために手段を選ばないところがあり、勇者(ブレイバー)という二つ名も一族復興のためにロキに頼んでつけてもらったもの。
小人族復興の野望を第一と考えており、上記の二つ名に恥じないような振る舞いを心がけているが、それが災いしかつての様な『冒険』が出来ずにいる。画策で名声を手にしてきた自身を『人工の英雄』と心の中で嘲笑することもあり、その為愚行を冒しながらも「人々から求められる英雄」となるベルの事を『異端の英雄』として尊く思っている(「尊い」「眩しい」等と彼の事を評しており、【ロキ・ファミリア】の中では最もベルを高評価してる)。
そしてベルと異端児であるグロスの行動、ベルとアステリオスの対決を目の当たりにした事で自分も殻を破り、『フィアナ』を超えること、「最善」ではなく「最高」を追い求める『本物の英雄』になることを決意するようになる。


ロキとは利害関係でファミリアを結成した関係であるが、お互い確かな信頼関係を持ち、ロキも自身をフィンの一番の応援者と自称し、陰ながら応援している。

同じく最古参で首脳陣メンバーのリヴェリアガレスとは、かつては種族の問題もあり険悪な関係で、二人からも「生意気な小人族」と言われていたが、現在は大切な仲間となっている。

名声以外にも自身の後継者作りとして小人族の妻を探しており、親子ほど年の離れているリリルカ・アーデに求婚したことも。結局彼女には断られてしまうが(フィンも薄々解かっていた様子)、一人の同族として彼女の事は気にかけており、リリがLv.2になった時は密かに彼女の新しい武器の素材を提供していた。仲間のティオネから特に好意を抱かれて積極的なアプローチを受けているが、彼女の種族がアマゾネスのため嫁候補にしていない。ちなみに、リリに求婚した現場を見られた時は暴走した彼女に追い掛け回される羽目に…。

ステイタス

Lv.6

耐久器用俊敏魔力
E479F388S999B784B713
狩人耐異常魔防先制連攻
EEHHH

スキル

  • 小人真諦(パルゥム・スピリット)

逆境時に魔法およびスキルの効力が高増幅されるスキル。

  • 勇猛勇心(ノーブル・ブレイブ)
精神汚染の異常に対する高抵抗がつくスキル。
  • 騎心一槍(ディア・フィアナ)
槍を装備している時に発展アビリティ「槍士」が一時的に発現するスキル。補正効果はLv.に依存する。
  • 指揮戦声(コマンド・ハウル)
一定以上の叫喚時に、自身の伝播機能が拡張されるスキル。乱戦の時のみ拡張補正は規模に比例する効果も持つ。
  • 軍長勲章(アル・マクミーナ)
眠りの異常に対する高い耐性が付くスキル。不眠時間の継続力も強化され、また炎属性の攻撃に対する耐久力も強化される。

魔法

  • ヘル・フィネガス

高揚魔法。碧眼が紅眼に変化し、詠唱すると指先に紅い魔力が集まって槍の穂先の形となり、それで自身の額を撃つ事で戦闘意欲が引き出され、全能力が超高強化される。代償として、発動中はまともな判断能力を失ってしまう。
その向上効果は同じLv.6であるアルガナ・カリフを(ティオネとの闘いで消耗していたといえ)一撃で倒してしまうほどに高い。
ただしこの魔法の発動は「フィンが指揮を放棄した」と同義であり、奥の手として滅多には使われることはない。

  • ティル・ナ・ノーグ
Lv.および潜在値を含む全アビリティ数値を魔法能力に加算させ投槍による攻撃を放つ投槍魔法。一度発動すると、再度使用するのに24時間のインターバルが必要。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ロキ・ファミリア
アイズ・ヴァレンシュタイン リヴェリア・リヨス・アールヴ ガレス・ランドロック
ティオネ・ヒリュテ ロキ(ダンまち) リリルカ・アーデ

フィン・マックール:キャラの元ネタと思われる(フィン・マックールには本名であるディムナからその美しい金髪ゆえに金髪の意のフィンに改名した経緯があるので、ディルムッド・オディナはおそらく関係ないだろう)

関連記事

親記事

ロキ・ファミリア ろきふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィン・ディムナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83243

コメント