ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ケルト神話のフィニアンサイクル(フィンの物語群)の主人公。
エリン(アイルランドの古称)の王コーマックを守る、フィアナ騎士団の団長。
本名は「ディムナ」であるが、金髪で色白なことから「フィン(金髪)」というあだ名で呼ばれる。

同じケルト神話のクー・フーリンと並び称される大英雄であるが、クー・フーリンが勇に傾く、ありていに言えば脳筋タイプであるのに対し、フィンは知勇を兼ね備えたタイプの英雄とされる。
親指に魔法の力が宿っており、困ったときに親指をなめると良い知恵が浮かぶという能力と掬った水に癒しの効果を与える能力を持っている。
 前者の能力に纏わるエピソードとして、以下の物がある。フィネガスというドルイド僧の元で修行した時分に、フィネガスに「食べた者に大いなる知恵を与えるを料理せよ、しかしてこれは私が食べるものだから、決して食べてはならぬぞ」と言いつけられたが、フィンは親指に鮭の脂が跳ねたので咄嗟に舐めてしまった。当初こそフィネガスはフィンを咎めこそしたが、フィンという名前の人物が予言の力を手に入れるという予言があった事を思い出し、予言の人物こそフィンに他ならないと確信。彼に知恵の鮭を全て食べる事を許可したという。これが今日のフィンの知性の源泉となったのである。
武器は名剣『マック・ア・ルイン』、スズメバチの羽音に似た音を立てる魔槍『ビルガ』などがあり、様々なものを収納しておける袋や炎を防ぐマントなどの便利な道具をいくつも所持していた他、ブランとスコローンという二匹の猟犬を相棒として飼っている。

来歴

戦の神ヌァザの孫娘マーナと、フィアナ騎士団団長クール・マックトレンモーの間に生まれる。
父親はフィンが生まれる前に部下の裏切りで殺されており、母親は息子の命を守るために隠れ家で出産し、乳母に後を託して、息子と離れることになる。
長じてたくましい若者になったフィンは、数々の冒険を経て、かつて父のものであったフィアナ騎士団を取り戻すことに成功する。

フィアナ騎士団団長として多くの武功を挙げたフィンであったが、婚約者グラニアと部下のディルムッド・オディナとの三角関係が原因で、騎士団の結束に亀裂が生じてしまう。
やがて代替わりしたエリンの王は、自分をしのぐ名声を持つフィンを疎ましく思っており、同盟を破棄してフィアナ騎士団に宣戦布告。
騎士団はフィンに従う者と、王の側につく者とで分裂してしまい、フィンもその戦の中で戦死することになる。

フィン・マックールをモチーフにしたキャラクター

ランサーサーヴァントとして登場。
フィン・マックール(Fate)

名前がフィン・マックールを元にしたと思われるキャラクターが登場する。
フィン・ディムナ

関連タグ

ケルト神話 フィオナ騎士団 団長

関連記事

親記事

フィオナ騎士団 ふぃおなきしだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィン・マックール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600401

コメント