ピクシブ百科事典

グラニア

ぐらにあ

グラニアとはケルト神話に登場する姫君またはそれをモデルとした『Fate/Zero』のキャラクター、もしくは『マグマ大使』に登場する怪獣。
目次[非表示]

Fate/Zero

グラニア


CV:中川里江

ケルト神話に登場するコーマック・マック・アートの娘で、アイルランドの王女。ディルムッド・オディナ(ランサー)の妻となる女性。
フィオナ騎士団の長フィン・マックールと結婚させられるはずだったが、宴の夜にフィンの部下だったディルムッドと出会う。チャームによってディルムッドに恋焦がれ彼にゲッシュを課し、ディルムッドを背徳の騎士へと駆り立ててしまった。

いつしかディルムッドも、チャームによる呪いとはいえ、全てを捨ててでも自分と共にいようとする彼女を愛する様になったという独白がある。

ちなみに原典のケルト神話ではディルムッドの恩人である巨人を殺させる原因を作るなど鬼畜エピソードも多い。最後はディルムッドへの悲しみも薄れて、フィンと婚姻したが、最優の戦士であったディルムッドを失った騎士団からは不評を持って迎えられた。(Fateではここら辺の心理描写は不明。)
尚、物語での容姿は美しいものの、名前の意味は「不細工」だったりする。

よく勘違いされるが、ディルムッドの黒子は女性の心を狂わせる程強力なものではない。そもそも逃避行を持ちかけた相手はフィンの息子アーシンとディルムッドの二択である。
初め、グラニアはアーシンに自分を連れて逃げるように頼むが「父の女を奪わない」というゲッシュがあると断られる。その後にディルムッドに同じことを懇願するが「騎士団長の女は奪えない」ディルムッドも拒む、苛立ったグラニアはディルムッドに「女性の頼みを断ってはならない」というゲッシュがあることを思いだしそれを利用し脅す。断れなくなったディルムッドはアーシンに同情されながらグラニアと逃避行することになる。言ってしまえば黒子の魅了はあくまでグラニアに目をつけられるきっかけであり、決定打はゲッシュの方である。

関連タグ

Fate/Zero ランサー 槍姫 ケルト神話 ギネヴィア:グラニアが原型ではないかという説がある。 氷室鐘:中の人が同じ。というか前世らしい。

マグマ大使

グラニア


水爆怪獣 グラニア

身:60m 重:730t 出:宇宙
第39話、第40話に登場したゴア配下の怪獣
背中に水爆ミサイルを装備させられ、口から放射能を吐く。

関連タグ

マグマ大使 怪獣

関連記事

親記事

ランサー(Fate/Zero) でぃるむっどおでぃな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 673110

コメント