ピクシブ百科事典

クロム・クルアハ

くろむくるあは

クロム・クルアハ(Crom Cruach)とは、ケルト神話の神。
目次[非表示]

概要

『アイルランド来寇の書』『レンスターの書』等によると、キリスト教化以前のミレー族(アイルランド人の祖先)によって崇拝されていた。
その儀式には人身御供が含まれていたという。

『レンスターの書』によると、牛乳穀物を得るために、家畜の初子が捧げられたという。
この書と『三部作パトリック伝』によると、マグ・シュレーフトという場所にこの神の像があった。
両書によると、クロム・クルアハ像はで覆われ、周囲を赤銅の12の偶像が取り囲んでいた。
『三部作パトリック伝』によるとアイルランドにキリスト教を伝えた聖人パトリキウスパトリック)によってこの像は破壊された。
この聖人伝ではクロム・クルアハは悪霊(デーモン)としても登場し、パトリックによって地獄に叩き込まれる。さらに後世、グラスゴーのジョスリンによって書かれた聖パトリック伝では「Cenncroithi」の表記で登場し、「全ての神々のかしら」と呼ばれている。

ケルト神話の神であるが、ケルヌンノス同様、名前と「こういう信仰があった」という記録や痕跡のみが残り、神話中でどのようなエピソードを持っていたかは不明である。

姿

日本では「クロウ・クルワッハ」という表記でも知られ、しばしば角、羊頭のもしくはとして描写される。
これは現在たどれる古い記録には見られないが、1905年の書籍でクロム・クルアハを「ワーム」と記述した例は確認できる。

ケルト系の美術において「羊頭の蛇」のモチーフはよく出てくるが、これをクロム・クルアハと同定できる根拠は現状発見されていない。

神徳

残された記録、痕跡からこの神の性質、属性についての考察がされている。

金銀のクロム・クルアハ像の周囲の12の像は、黄道十二宮を指しており、その中心たる彼は太陽神とも考えられている。
この神に求められた恩寵と生贄は、彼が豊穣に関係する神であることを暗示しているとも。

pixivに投稿された作品 pixivで「クロム・クルアハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3825

コメント