ピクシブ百科事典

人身御供

ひとみごくう

人身御供(人身供儀)とは、人間を生贄に捧げることである。

概要

やその他の強大な力を持つ超自然的存在に対し、人間を生贄として捧げ、なだめたり利益や加護を得ようとする事は、古代においては珍しい事ではなかった。
日本においても人柱という形で行われていた。

古代における人身御供とは、庶民が行う黒魔術といったものに限らず、国家やその統治者が堂々と、または大々的に行うものであった。
恒常的に人身御供が行われていた地域としては、アステカマヤインカ北欧がある。

人身御供と特に関係の深い神

オーディンヴァイキングたちは、戦闘で得た捕虜の両の肺を肋骨の間から引き摺り出し、それを翼のように広げる「血の鷲」の儀式を行いオーディンに捧げた。
フレイ:キリスト教徒の歴史家サクソ・グラマティクスの『デンマーク人の事績』によると、人身御供の創始者とされる。
モロク旧約聖書で紹介される神。空洞になった彼の像には、子供の生贄が投じられ、火をつけられたという。

pixivに投稿された作品 pixivで「人身御供」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119367

コメント