ピクシブ百科事典

神道用語

しんとうようご

神道用語とは、日本の固有信仰である神道で使用される用語、またはそれを元にしてできた言葉のこと。
目次[非表示]

概要

日本固有信仰である神道で使用される専門用語や、それが元になってできた言葉のことを言う。
日本人が普段何気なく使用している日常語やことわざ四字熟語などの日本語は、古来における日本民族の誕生以来、信仰されてきた神道文化による影響の下で発達し、現代までそれは日本人に受け継がれてきている。
中には神仏習合思想から、神道の影響を受けた仏教用語もある。

実はこれも神道用語


他にもあれば追記ください。

関連タグ

神道 用語
日本文化

日本神話 古事記 日本書紀
天津神 国津神 氏神 産土神 鎮守神 精霊 人神 現人神
高天原 天照大神

神社 神宮 鳥居 神棚 
神職 神主/神官 宮司/権宮司 禰宜/権禰宜
巫覡// 神子/巫子/巫女 巫女さん  祝部 祝人

産霊(むすび) 穢れ(けがれ) 禊祓(みそぎはらえ) 祭り/祭祀 祝詞 神楽/神楽舞/神楽歌 巫女舞 御神木

皇室神道宮中祭祀) 神社神道 民俗神道/民間神道 教派神道/神道十三派 古神道/復古神道/原始神道 国家神道 神仏習合 神仏分離

伊勢神宮 出雲大社 稲荷神社

外部リンク

コメント