ピクシブ百科事典

人神

ひとがみ

人間の死後、その人物が神として祀られる信仰。
目次[非表示]

概要

人間が没した後に、その人物をとして祀る信仰形態の一つである。

大きく分けると2つ例があり、
生前にこの世に恨みを残して没した人物が、祟りを引き起こすことを恐れ、これを鎮めるために祀るもの
生前に優れた業績を残した人物を、死後に神として祀ることでその業績を後世に伝えようとするもの
とがある。

代表的な例として、
前者は
崇徳天皇
天満大自在天神(菅原道真)

後者は
豊国大明神(豊臣秀吉)
東照大権現(徳川家康)
が挙げられる。

近代においては、明治維新以降の戦没者を祀る靖国神社護国神社もこうした信仰形態の延長上に設置された神社である。

また、生きている人間を神とする場合は、日本では生神現人神と呼ぶ。

関連タグ

信仰  神霊 
日本 神道 神社 天皇
現人神 / 荒人神 神人
怨霊 英雄

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「人神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2237

コメント