ピクシブ百科事典

関聖帝君

かんせいていくん

関聖帝君とは、三国時代の蜀の武将・関羽の、道教の神としての姿である。

縮めて「関帝」と呼ばれることもあり、彼を祀ったは「関帝廟」と呼ばれる。
三国志の英雄が神として祀られる事は珍しくないが、関羽は最もポピュラーで彼を祭る廟に「武廟」と呼ばれるものがある程。
ちなみに孔子を祭る廟は「文廟」ともいい、二人を祀る「文武廟」という施設が複数存在する。
文人における孔子のポジションを、武人において関羽は占めている。
道教を信じる中国人にとって関帝は人物神の代表格であり、海外の華僑コミュニティにもよく廟が建てられる。

生前、忠義に篤く武勇に優れる人物であった事から軍神として、また算盤や新しい帳簿を発明したという伝説から商業神とされる。
中国においては仏教寺院においても、お寺を守る「伽藍神」として祀られている。
日本でも、大陸から渡来したままの宗風を伝える黄檗宗で関羽が祀られている。

関連タグ
中華街 横浜中華街 チャイナタウン 道教 中華 華僑 風水 英雄 武将 軍神 武神 

pixivに投稿された作品 pixivで「関聖帝君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2397

コメント