ピクシブ百科事典

桓侯大帝

かんこうたいてい

桓侯大帝とは、三国時代の蜀の武将・張飛の、道教の神としての姿である。
目次[非表示]

概要

「張桓侯大帝」とも。関羽関聖帝君)と同様に、張飛もまた死後に神格化された。劉備もまた神格化されており、桃園の誓いをしたこの義兄弟三人をまつった道教寺院(三義廟)も存在する。
関聖帝君ほどではないが、張飛やその家族を祀った廟は存在している。

道教においては「雷部」に属する神とされている。『貫斗忠孝五雷武侯秘法』においては諸葛亮も雷神とされ、その主将とされているが、張飛をはじめとする五虎大将軍は陰雷副将として補佐役とされている。張飛はそのうちの「右将軍」だという。
このほか神としての張飛について記載した文献として『洞冥宝記』(巻五・第二十一、第二十二回所収「張桓侯大帝降壇詞」)などがある。

家を守る魔除けの神「門神」の一人であり、春節に貼り出される赤い門神の札では関帝と対をなすように彼の絵が描かれることも多い。
破魔の神としての関羽は「三界伏魔大帝」と呼ばれるが、張飛はその補佐役として「伏魔副将」と称される。

張飛は神としての関羽が赤い肌や顔で描写されるのに対し、張飛はしばしば黒い肌や顔で描写される。
このほか、茶褐色、浅黒い肌で描写される例も多い。

主な張飛廟

  • 張桓廟


重慶市(「市」という名だが、「省」並みの規模を持つ行政区分)の雲陽県にそびえる飛鳳山の麓に建てられた墓廟。伝承によると、部下に殺害された張飛の首が葬られた場所である。范彊と張達は張飛を殺害し、その首をもって対立していた呉に渡ろうとしたが、その最中に蜀と呉の間に和睦が成立したのを知り、長江に捨てたという。首が川岸に流れ着いたところを現地の老人に拾われ、葬られたという。2002年、同地に三峡ダムが建設される折に、32km離れた盤石鎮の龍安村に移転されている。

  • 漢桓候祠

四川省南充市にある墓所で「閬(ロウ)中古城」の敷地内にある。ここには胴体が葬られている。唐の時代には「張侯祠」、明の時代には「雄威廟」、清の時代には「桓侯祠」とも呼ばれた。閬中古城は蜀の武将としての張飛が拠点とした場所であり、ここで殺された。閬中古城には、墓亭、墓地のほか、山門、敵万楼、納屋、大殿、後殿などを備える。現在見られる偉容は明と清の時代における再建事業によるもの。

関連タグ

武神 雷神

関連記事

親記事

張飛 ちょうひ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桓侯大帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1157

コメント