ピクシブ百科事典

岳飛

がくひ

岳飛(Yue Fei)は中国の南宋時代に活躍した武将。字は鵬挙(ほうきょ)。中国国内では関羽と並び称されるほどの絶大な人気を誇る人物。
目次[非表示]

生涯

1103年に生まれた。豪農出身だが、幼い頃に父親を亡くし、母親に育てられた。
21歳の時に、義勇軍に参加した。彼は武勇に誉れ高く、金との戦いなどに大いに活躍し、次第に頭角を現していった。
しかも、農民の出身ということもあり、民衆からの人気も高かった。

その事が時の宰相である秦檜(しんかい)率いる派閥にとってだんだんと目障りなものとなっていった。

そして、金との戦争が続いていく中、秦檜は金との和議を進めようとしていた。この時、主戦派筆頭である岳飛の存在が非常に邪魔なものであった。
そして、あろうことか秦檜は金の梁王・完顔宗弼と密約を結んで、冤罪によって岳飛とその子で同じく武将であった岳雲(がくうん)共々を投獄してしまったのである。

親子二人には嘘の証言をさせようと度重なる拷問が行われたが、それでも口を割る事はなかった。
そして、1141年に極刑され、晒し首にされたと云われている。享年・39歳であった。

人物評

農民出身ではあるが上り龍の如く早々と出世し、その上で金軍相手に連戦連勝するほど武勇に優れていた。おまけに書の達人であったとされる。
また、当時略奪が当たり前であったが、自分の軍では部下や兵士に略奪を許さなかったとして、軍規に厳しい真面目な人物であった。

その完璧超人またはリアルチートぷりから中国国内では"英雄の中の英雄"として尊敬され、絶大な人気を得ている。
…のだが、如何せん日本では未だにマイナー止まりと云わざるを得ない人物である。

色々な理由があるが、日本人がそもそもその時代背景に疎いということもあったり、岳飛以外にも魅力的な人物がいることはいるが、そんなに数多くないなどの理由が推測される。

しかし、最近では北方謙三の小説『岳飛伝』や、某有名ゲームメーカーから発売されている戦略シミュレーションゲームの影響から、知名度は上がりつつある。

その人気がどれほどのモノかと言うと、杭州は西湖のほとりにその名も「岳王廟」が建立され、「御本尊」とも言うべき岳飛・岳雲父子の墓の前に後手に縛られて跪いた姿勢で建造された政敵達の石像に唾を吐きかける風習があったほどである。
(ちなみに、『政敵達の石像に唾を吐きかける行為』は現在では禁止されているのでくれぐれもやらないように。

関連タグ

 中国 武将
関羽…中国におけるもう一人の英雄
三國志シリーズ…ほぼ近年において毎回、隠し武将扱いで登場。全然時代が違うのに。おまけに強キャラ扱いという優遇ぶり。

外部リンク

岳飛 - Wikipedia
岳飛とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「岳飛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1576

コメント