ピクシブ百科事典

目次[非表示]

名前の中国語読みは『Mā zŭ(マーズー)』、日本語読みは『まそ』。

概要

の時代、現在の福建省にあたる地域の小島に住んでいた官吏・林愿の七人目の娘林黙娘となった姿。
彼女は神になる前も、齢16にして神通力を獲得し、村人のを癒す等の奇跡を起こした。
その地上における最後には二説あり、一つは28歳の時に父が海難事故で行方不明になった際、自身もを出すが遭難して溺死したという説。
もう一つは、父を失った悲しみの中、霊山として知られる峨眉山に向かい、その頂で仙人に導かれ、女神と成ったという説がある。
神となった後も人助けを行い、海上にて人々を救ってきたという。

順風耳と千里眼

媽祖設計
【原創】信仰啟程


彼女は悪しき妖怪だった水精『順風耳』と金精『千里眼』を改心させ、自身の活動を補佐させている。
ちなみにこの二体は『将軍』とも呼ばれる存在であり、彼らを調伏させた媽祖の霊力の強さが伺われる。
このためか、後世には時の皇帝たちが『天后』『天妃』『天上聖母』という名を贈った。

信仰

と縁の深い神であり、漁業航海の守護神として中国台湾の人々から今も篤く信仰されている。
沿岸部のような陸地に廟が建てられるだけでなく、船の中でも彼女が祀られた。
関聖帝君と並び、中国海外の華人華僑コミュニティの居住地によく祀られる。彼女を祭る廟は「媽祖廟」「天妃宮」「天后宮」といい、日本にもある。
日本人によっても信仰されており、徳川光圀が媽祖を水戸弟橘媛神社の祭神に加えたり、青森県の大間稲荷神社の祭神に『天妃媽祖大権現』が名を連ねている例がある。

創作での媽祖

台湾の漫画冥戦録』では主人公の美少女ヒロインとして登場。かわいい
台湾の大人気作品の一つで台北市の西門町では彼女の姿がデコレートされている。インタビューによると作者韋宗成は単行本が出るたびに寺にお参りしている。ちなみに媽祖をR-18な作品に出すと天罰に遭うらしく韋氏もそうした例をよく聞くらしい……

ペルソナシリーズ第一作『女神異聞録ペルソナ』では園村麻希の初期ペルソナとして『PRIESTESS マソ』が登場する。⇒ステータス画面

関連タグ

海神 中国神話

外部リンク

横浜媽祖廟 公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「媽祖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17659

コメント