ピクシブ百科事典

弟橘媛

おとたちばなひめ

日本武尊の妃。古代日本で最も有名なヒロインの一人。

古代史の英雄日本武尊の妃。

日本武尊が、相模から走水の海(現在の浦賀水道)をお渡りになろうとした際、尊に侮られた海神が暴風を起こした。その怒りを鎮めて日本武尊をお助けするため、弟橘媛は自らが犠牲となり、猛烈な雷雨の中、荒れ狂う海に身を投じられた。
のちに東国を吾妻(あずま)と呼ぶ由来となった出来事であり、媛の悲しくも勇敢な精神は、古代史第一のヒロインとして歴史上名高いものである。

関連タグ

日本武尊 古代史
皇族
悲劇のヒロイン

関連キャラクター

オト・タチバナ…弟橘媛をネーミングの由来とする「TVアニメ版ヤマトタケル」のキャラクターだが、出自・性格・結末に至るまで好対照をなしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「弟橘媛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80258

コメント