ピクシブ百科事典

徳川光圀

とくがわみつくに

寛永5年(1628年)~元禄13年(1701年)。江戸前期の水戸藩第二代藩主。
目次[非表示]

概要

後世、「水戸黄門」と呼ばれて親しまれている水戸藩第二代藩主。
字は子龍。梅里と号した。

水戸藩初代藩主・徳川頼房の三男であり、江戸幕府初代将軍・徳川家康にあたる。「黄門」とは中納言に叙された人物が辞任後に呼ばれる「尊称」である。

藩主としては勧農政策を推進し、士風の刷新をはかった。
また、儒学を奨励して明暦3年(西暦1657年)に彰考館を置き、『大日本史』の編纂事業に着手、さらに儒学者として名高いの遺臣朱舜水を招くなど、水戸学精神の基礎を定めた。
「名君」として評され当時の庶民の間でもその知名度は高く、亡くなった際には
「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」という狂歌が流行した。

諡は義公(ぎこう)

人物

少年時代は町中で刀を振り回す、辻斬を働く吉原遊廓(色街)に入り浸るなど、不良の振る舞いをおこなっていた。(これには、兄・松平頼重(讃岐高松藩主)らを差し置いて自身が後継者に選ばれたことに対する複雑な感情があったためとされる)→ 光圀は後に兄・頼重の次男・綱條を世子に迎え、長男・頼常を頼重の世子としてそれぞれの藩を継がせている。

しかし18歳の時、『史記』伯夷伝を読んで感銘を受け、以降はそれまでの素行を改めて学問に精を出すようになる。また、これをきっかけに日本の史書を編纂したいと考えるようになった。

非常に好奇心が強く珍しい品物を好んだ。
とくに海外の文化に対する興味が強く、オランダ製の靴下を愛着し、インコを飼育していた。亡命してきた明の儒学者・朱舜水から中華麺(ラーメン)のレシピを学び、これを特技としてしきりにうどん(後楽うどん)を作っては客人や家臣に振る舞った。

食べ物に関しては前述のラーメンをはじめ、餃子チーズ牛乳酒などを日本ではじめて食した人物であるとも言われている。また、ワインを愛飲していたらしい。5代将軍・徳川綱吉の制定した「生類憐みの令」を無視し、牛肉豚肉羊肉などを食べていた。俗説では、野犬20匹分の毛皮を綱吉に献上したともいわれる。

武家政権の全盛期とされる時代において朝廷への敬意を尊重し、西山荘へ隠居した後も、京の方角への拝礼を欠かさなかったという。そもそも『大日本史』の編纂も、朝廷の歴史を明確にするという目的があったとされる。逆に時の将軍である綱吉に対しては不信を募らせていた節がある。

こうした尊王の精神は、後世の常陸水戸藩の第9代藩主・徳川斉昭にも「水戸学」を経て色濃く影響を与えるが、結果的にこの水戸学が「尊王攘夷」の旗頭となり一部藩士の暴走する焚付役となってしまい、奇しくも斉昭の養子で水戸徳川家初の将軍でもある徳川慶喜の代を最後に江戸幕府が終わりを告げることになる。

文化事業への貢献から名君という評判が高いが、明暦3年(1657年)に始まった『大日本史』の編纂作業が終わるのは明治39年(1906年)であり、実に249年もの月日と多額の費用を費やしていた。その原資は幕府からの借金であり、慢性的に逼迫する財政から農民に過酷な搾取を強いた側面も指摘されている。そのため歴史研究者からの評価は必ずしも高くない。

ただし、上記の出来事はいずれも光圀自身が逝去してからはるか後に生まれた結果であり、当時の光圀にその責任を追求するのは些か酷な話でもある。

 三家の中に勤王の
 その名知られし水戸の藩
 わするな義公が撰びたる
 大日本史のその功
 ―― 鉄道唱歌(奥州・磐城篇)五五番より

創作作品における光圀

隠居した後の彼を題材にした作品で、光圀がお供を連れて日本各地を漫遊した講談『水戸黄門漫遊記』が有名だが、実際は世子時代の鎌倉遊歴や藩主時代の江戸と国元の往復や領内巡検をしている程度で、身分を隠して諸国を漫遊したという史実はなく、そもそも江戸幕府には時代劇にあるような「副将軍」という役職は実在しない。
また漫遊に同行したとされる「渥見格之進(格さん)」、「佐々木助三郎(助さん)」はもちろん架空の人物であるが、『大日本史』の編纂作業に加わった人物の中には「安積覚」、「佐々介三郎」という学者の名が残されている。

しかしながら、本作を題材にした時代劇『水戸黄門』が制作されると、弱きを助け強気を挫くという様式美とも呼べるストーリー展開が人気を博し、時代劇の定番として定着した。
それ以前の水戸光圀は我儘なタイプが多かった。

pixivでも光圀本人よりもこの『水戸黄門』における好々爺としてのイメージが強く、白い口髭をたくわえた老齢の男性として描かれるのがほとんどであるが、史実における若き日の光圀は長身の偉丈夫であったと伝えられている。
また、水戸市のマスコットキャラクターとして彼をモデルにしたハッスル黄門がいる。

昨今は、沖方丁による歴史小説『光圀伝』において、これまでとは異なる若々しい姿の光圀が描かれており、光圀像の新たな火付け役として期待されている。
(おもに地元から)

ラヴヘブン

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはRでの登場。
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。笑い声が特徴的。
「この焼き芋が目に入らぬか」というスキルが存在する。

関連タグ

徳川家
水戸黄門 徳川綱条 水戸学

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川光圀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8683

コメント