ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

徳川斉昭

とくがわなりあき

江戸時代後期の第9代水戸藩主。江戸幕府第15代征夷大将軍(最後の将軍)徳川慶喜の実父。
目次 [非表示]

概要

第9代藩主水戸藩主。

諡号は「烈公」(れっこう)。


徳川治紀の3男で文政12年(1829年)水戸藩主となる。

藩の財政再建のために、藤田東湖を登用。人材育成のための藩校「弘道館」や、領内の民ととも(偕)に楽しむという意味から名付けられた「偕楽園」を創設した。

藩主を譲った後も、近海に現れた外国船に備え軍備の充実を図るため、大砲製造を目的とした反射炉を建設した。


過激な尊王攘夷思想の持ち主で、将軍の跡継ぎ問題や日米通商条約の調印をめぐって大老井伊直弼と対立。しかも、2022年12月にペリーを暗殺する計画の書簡が見つかったことで、彼の尊王攘夷の思想が如何に確固たるものであるかが窺い知れる。その後水戸に永蟄居を命ぜられ、水戸城中において61歳で没した。


七男である七郎麻呂は、のちの江戸幕府第15代征夷大将軍徳川慶喜になる。



人物

  • 厳格な性格で七郎麻呂(慶喜)の寝相を直すべく彼が寝る枕の両脇に剃刀(日本刀とも)を立てて寝かせた。のちにこれは慶喜の習慣となり、生涯続けたとされる。
  • 好色で大奥の高い身分の女性に手を付けたり大奥に節約を強いたため、大奥では不評で慶喜の第14代将軍就任の足枷となった。
  • 牛肉が好きで彦根から牛肉を貰って食べていたが井伊直弼が殺生になるからと牛肉の提供を中止した。
  • 農民と五穀への感謝から、農民をかたどった銅の人形(農人形)をつくらせ、食事を始める前に人形の笠の中に一飯を供えることを習慣とした。

創作作品における斉昭

NHK大河ドラマ


風雲児たち・幕末編

⋯偏屈家大老として描かれる。風習に逆らい髭を生やしたため周りから嫌われた。また間宮林蔵を蝦夷に派遣したことにも触れられており、間宮は斉彬謹慎の直前に死没している。


関連タグ

徳川慶喜 水戸藩 水戸学

関連記事

親記事

水戸徳川家 みととくがわけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1581

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました