ピクシブ百科事典

徳川斉昭

とくがわなりあき

徳川斉昭とは江戸時代後期の水戸藩主。徳川慶喜の実父
目次[非表示]

概要

徳川斉昭とは江戸時代後期の水戸藩主である。過激な攘夷派で井伊直弼と対立した。諱は烈公
徳川治紀の3男で文政12(1829)年水戸藩主となる
藤田東湖を登用、藩校弘道館設置



人物

・厳格な性格で幼いころの徳川慶喜の寝相を直すべく彼が寝る枕の両脇に剃刀を立てて寝かせた。
・好色で大奥の高い身分の女性に手を付けたたり大奥に節約を強いたため大奥では不評で慶喜の将軍就任の足枷となった。
・牛肉が好きで彦根から牛肉を貰って食べていたが井伊直弼が殺生になるからと牛肉の提供を中止した。



関連タグ

徳川慶喜 水戸藩

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川斉昭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント