2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

江戸幕府

征夷大将軍に次ぐ地位とされ、老中の中の老中といった扱いである。
朝廷の太政大臣同様、非常置の職で有事などに就任することとなっていた。
なお就任できるのは徳川四天王井伊直政の子孫である井伊掃部頭家、酒井重忠(徳川四天王・酒井忠次の同族)の子孫である酒井雅楽頭家の2家のみで、例外として家康秀忠家光の3代にわたって仕えた土井利勝家光の乳母・春日局の養子である堀田正俊のみとなっている。
幕府では就任したのは歴代で12人で征夷大将軍より少ない。

一覧

  • 井伊直孝:井伊直政の次男。近江彦根藩主。
  • 酒井忠世:酒井重忠の長男。上野厩橋藩主。
  • 土井利勝:下総古河藩主。
  • 酒井忠勝:重忠の弟・忠利の子。若狭小浜藩主。
  • 酒井忠清:忠世の嫡男・忠行の長男。上野厩橋藩主。
  • 井伊直澄:直孝の五男。近江彦根藩主。
  • 堀田正俊:堀田正盛の三男。上野安中藩→下総古河藩主。
  • 井伊直興:直孝の四男・直縄の長男。近江彦根藩主。
  • 井伊直幸:直興の十三男・直惟の次男。近江彦根藩主。
  • 井伊直亮:直幸の六男・直中の三男。近江彦根藩主。
  • 井伊直弼:直中の十四男。近江彦根藩主。
  • 酒井忠績:重忠の子・忠正の子孫(九代後)。播磨姫路藩主。


諸藩

藩主が幼少など、特に補佐を必要するときに一部の藩で設置された。

関連項目

江戸幕府
老中
家老
太政大臣
井伊直弼:幕末に大老に就任した
五大老:豊臣政権下で秀吉を補佐した大物大名5人のこと。ただし当時は大老と呼ばれてはいなかった。

関連記事

親記事

江戸幕府 えどばくふ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました