ピクシブ百科事典

目次[非表示]

生没年 慶長9年(1604年)~慶安4年(1651年)
江戸幕府第三代征夷大将軍。二代将軍徳川秀忠の次男(嫡男)。
江戸幕府と幕藩体制を完成させた人物。

生涯

誕生前後

慶長9年(1604年)に江戸城西の丸で秀忠と正室・の子として誕生。祖父の徳川家康の幼名と同じ「竹千代」が名付けられ、徳川家の家督を継ぐことを期待された。ちなみに竹千代には腹違いの兄・長丸がいたが、2歳で夭折してしまったために竹千代が嫡男として繰り上がった。
時は折しも戦国乱世から天下泰平へと変わる重要な過渡期だった。天下人・豊臣秀吉亡き後の慶長5年(1600年)に家康は関ヶ原の戦い石田三成を倒し、慶長8年(1603年)に将軍に任じられ江戸幕府を開いた。慶長10年(1605年)に家康は将軍職を秀忠に譲って大御所となり、将軍職は徳川"将軍"家が世襲することを示した。残存する豊臣家との緊張は高まり、ついに慶長5年(1600年)と翌元和元年(1615年)の大坂の陣で豊臣家を滅ぼし、戦国の終了と天下の平定を意味する元和偃武が宣言された。
竹千代はそんな時代を背景に徳川将軍家とその天下の未来を担う人物とされた。しかし、その前途は幼少の頃から多難だった。

孤独と奔放

乳母・春日局に育てられた少年時代の竹千代は病弱で吃音であったために引っ込み思案な性格で容姿も美麗とは言えなかったとされ、両親は利発な性格の弟・国松(後の徳川忠長)ばかり寵愛し、実の親からの愛情に恵まれていなかった。
春日局は竹千代の不遇を憂い、さらにこのまま廃嫡になることを心配し、駿府の家康に窮状を直談判。これを重く見た家康は秀忠一家や重臣たちに竹千代こそが徳川家の世継であることを明確化。徳川家と幕府が後継者争いで二分する事態は回避された。自分の味方になってくれた祖父を竹千代は大きく恩に感じた。
成長した竹千代は元和2年(1616年)に酒井忠利・内藤清次・青山忠俊が年寄衆として付けられ、60数名の少年たちが小姓となり彼の家臣団となった。しかし、奔放な性格が目立ち、男色家となって小姓たちを侍らせ、頻繁に市中徘徊し、女装すら好み、そんな彼をとくに青山忠俊は諫めた。
公式の場に出ることも多くなり、家康の死去で延期されていた元服は元和6年(1620年)になされ、「家光」となった。元和9年(1623年)には摂関家鷹司家から鷹司孝子を正室に迎えたが、その夫婦仲は当初から険悪ですぐに離縁された。

将軍と治世

元和9年(1623年)、父・秀忠より将軍職を引き継ぐ。この時に家光は「祖父・家康も、父・秀忠も他大名の力を借りて将軍になったが、私は生まれながらの将軍である」と発言している。とは言え、秀忠が江戸城西の丸で大御所として天下の実権を握る二元政治が続いた。
寛永9年(1632年)に秀忠が死去し、家光は公方として親政を開始。駿河に54万石の所領を持つ弟・忠長を粗暴であるとして改易され、忠長は翌寛永10年(1633年)、自刃に追い込まれた。
戦国時代の不穏な空気がいまだ残るなか、家康を模範に施政に取り組み、幕府の統治体制を固めはじめる。老中若年寄奉行大目付の制を定めて現職将軍が最高権力者とする幕府機構を、寛永12年(1635年)の武家諸法度の改訂で参勤交代を制度化して幕藩体制を確立。各地ではの転封や改易が頻繁にされ、強権的な統治は「武断政治」と呼ばれた。
寛永11年(1634年)に人生3度目の上洛を果たし、後水尾上皇に拝謁して、「紫衣事件」以来悪化していた朝廷との関係回復に努めた。

対外政策ではキリスト教禁制とともに貿易の統制と管理を強め、東南アジアとの朱印船貿易もやめた。
寛永14年(1637年)、家光の治世で最大の危機が起こる。天草と島原で領主の圧政に耐えかねた百姓が一揆を起し、天草四郎をはじめとするキリシタンや行き場を失った浪人たちも合流して、大規模な一揆島原の乱に発展。幕府は鎮圧軍を派遣するも総大将の板倉重昌が戦死し、次に老中の松平信綱が解決を担い、鎮圧に成功。これを機にポルトガルと断行し、オランダ商館を出島に移転。いわゆる「鎖国」体制が完成された。

幕府基盤も安定化したと思われたが、寛永19年(1642年)に治世最後の危機となる「寛永の大飢饉」が起こり、様々な飢饉対策を各藩に直接指示し、翌年には田畑永代売買禁止令を出して農民統制を図った。

慶安4年(1651年)4月、死去。享年48歳。異母弟の保科正之に長男・徳川家綱を託した。
その死後間もなく、由井正雪による幕府打倒計画「慶安の変」が発覚。島原の乱においても幕府による多くの改易から大量の浪人を生んだことから招いたもので、幕府はむやみに改易しないよう方針転換を迫られ、「文治政治」と変わっていく。

人物と逸話

二世権現

家光は自分の味方となってくれた祖父の家康を尊敬し、一方で実父である秀忠に対して扱いは軽かった。そのきっかけとなったのが駿府城での出来事だった。春日局から家光の不遇を知った家康は一計を案じ、秀忠一家や家臣たちが訪れた際に、広間で上座に座っていた家康は家光を招いて膝に乗せたが、続いて近寄る忠長を厳しく制止し、「ここに座るのは将軍になる資格ある者のみである」と述べ、一同に家光こそ徳川家の世継であると宣言した。これは史実か不明な巷説だが、少なくとも元和年間に家光が世継として決定したとされる。
その後、家光は自らを「二世権現」であると称し、お守袋にもその号を書いた紙を入れていた。また家康の霊夢を度々見たとされ、その姿を絵に残させている。家康信奉の一つとして日光東照宮の造営を進めたが、上洛の時ととに家康以来の蓄財を浪費する結果になった。

男色と大奥

幼い頃から男色に盛んだったが、行き過ぎで女性に興味を示さなかった。春日局をはじめ家臣たちは女性に興味を持たせようと苦労し、その甲斐あって後に将軍となる家綱や綱吉が生まれ、また多くの女性たちが集う「大奥」も完成された。

親は春日局?

歴代将軍の正室(御台所)が産んだ中で唯一将軍になれた人物なのだが、実母に嫌われ、乳母に大事にされ、家康が味方したことから、本当の実父は家康で、実母は春日局とする異説もある。根拠の乏しい与太話だが、当時から家光の境遇故にすでにそのような噂話が広まっていた。

市中徘徊と活人剣

奔放だった青年期は暴れん坊将軍さながらに、お忍びで町に出たりすることが多かったため、家臣が雇った屈強な男たちと喧嘩することも屡々だったとか。ついには平気で刃傷沙汰や辻斬りを度々起こしたほどだった。そこで家康に仕えていた柳生宗矩が兵法と剣術の指南役となり家光を指導。柳生新陰流を開いた宗矩は自ら提唱した活人剣を教え、むやみに人を殺さず人を活かすよう覚えさせた。

その他

  • 自ら絵を嗜み、ウサギ鳳凰の絵を描いたが、かなりの独特な画風となっている。
  • 年の近い叔父(あるいは兄)である徳川頼房とは仲が良く、よく二人で悪さをしていた。
  • の放し飼いを許可した人物でもあるが猫将軍とは呼ばれていない。
  • 鎖国と兄弟相克のマイナスイメージからあまり良い印象を持たれておらず、創作では悪役的な役回りを演じさせられるケースが多々ある。


関連タグ

日本 歴史 日本史
江戸時代 江戸幕府 徳川家 征夷大将軍
徳川家康 徳川秀忠  徳川忠長
徳川家綱(長男) 徳川綱吉(四男)
春日局 松平信綱 柳生宗矩 男色 大奥
将軍家光忍び旅 剣が君 茜さすセカイでキミと詠う GATE7

関連記事

親記事

徳川家 とくがわけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川家光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196464

コメント