ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

府中城、静岡城とも呼ばれる
1586年に徳川家康によって今川館の跡地に築城された。
1590年、家康が関東へ移封されると豊臣家臣の中村一氏が入城した。
1607年、将軍職を退き大御所となった家康は城を拡張・大改修し三重の堀と六重七階の天守を持つ大城郭へと整備した。このとき天守が建てられたが、城内からの失火により完成間近に焼失した。直後に再建されたが1635年に城下の火災が城に延燃し再度焼失。以降再建されることはなかった。残された天守台は、石垣上端で55m×48mという城郭史上最大級の規模であったが明治時代に取り壊された。天守台に余裕を持たせて天守をほぼ中央に建て、4隅に二重櫓を建てて多聞櫓を建て廻した構造だったといわれている。
1633年以降は明治維新まで幕府の直轄地となり駿府城代が置かれた。

現在、城跡は駿府城公園として整備されており櫓や城門が復元されている。


余談

江戸時代の随筆「一宵話」によると1609年、駿府城の中庭に肉塊のような者が現れたという。小児くらいの大きさで手はあるが指はなく肉人とでもいうべき者だった。捕まえようとしたがすばやく動いて捕まえられず家康が、その者を外へ追い払うよう命じたため、捕獲をあきらめ城から山のほうへと追い出したという。

関連項目

今川館
徳川家康

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「駿府城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1634

コメント