ピクシブ百科事典

今川館

いまがわやかた

今川氏が作りだした城郭の名前。後にその場には駿府城が築かれる。ここでは御城プロジェクトに登場する城娘に付いて説明する
目次[非表示]

CV.松田颯水 
レア度は旧ではコモン、REでは☆1のコモン。どちらでも築城でのみ。

わらわの概要は遊びではないぞ!

 紫の烏帽子が特徴的な平和ダイスキ蹴鞠ガール。徳川家康の面影が強い駿府と違い、今川館はその名にもある通り、当時の城主である今川家(特に義元)の面影が強い。アニメ、ゲーム作品での三枚目雑魚の扱いが印象深い義元だが、海道(当時の東海地方)一の射手で2万の軍勢を束ねるだけあって実はかなりの強さ。そんな義元と同じく彼女も弓を扱い、連歌や蹴鞠を嗜む文武両道の文化人っぷりを見せる。1人で厠には行けない。

 戦闘では普通に弓をとって戦っているが、特技発動時は鞠を蹴って攻撃しているようなカットインがはいる。時代が時代なら海道一のフォワードになっていたかもしれない。

 何気にREでリデザインされている。天女の衣のような衣装が増え、頭身もわずかに高く幼くも大人びた雰囲気を出している。一方で駿府には何も手が加えられていないのは馬場城と同じ。見た目も性格もクセの塊であった馬場城や、全滅したスク水組と違い、何故手を加えられたのかが不明な子。

 RE移行時、実装されなくなった一部城娘の変わり身としてプレゼントに贈られた事があり、旧からREを始めた殿は何故か大量にいる身に覚えのない今川館に驚いたこともあるだろう。

今川館といえば

今川館のぼうし


 流石にこれは誇張され過ぎているが、旧城プロでは本来誰が築城できたかの全容はみれないはずの築城光景なのに、フェンスから烏帽子が露骨にハミ出るため「あ、今川が出来た」と一瞬で判明できるというなんともシュールな光景がみられた。勿論当時の彼女は築城できればもろ手を挙げて喜べる存在であったのは間違いなく、この光景がみられた殿は大爆笑しながらも大歓喜し、速攻で育て上げて駿府城に近代化改築していったのであった…
 現在ではレベルを上げても駿府城にはならない。残念

真の性能を見せてやろう!

 特筆すべきところは全くない。駿府にしないとどうしようもないコモンのため、育成以外で起用する意味はほとんどなかった。ただ、必殺技が「怒雷武狩兎(どらいぶしゅうと)」という宇都宮のおばばが卒倒しそうな横文字であり、ふわふわとしたボイスで「どらいぶしゅうと!!」と叫ぶさまは非常に可愛いものであった。その可愛さにアテられ、駿府にせずに起用し続けた殿もいただろう。肝心の技の能力は範囲内の城娘の攻撃範囲アップ。駿府と比べると増える範囲は短く、また、かなり近くの城娘でないと恩恵にあやかれないため、なんとも…

 戦闘面以外だと、運が79とそれなりなため、むしろそちらでドロップや資材集めのついでに育成していた殿もいただろう。

RE

 攻撃速度上昇という手数で押し切れる特技を持つようになった。攻撃力の高い梓弓などを持たせれば兜をその手数と火力で沈める事もできるだろう。低レアで速く真価を発揮できるというのも特徴。海道一の弓取りを自称するだけあり、武装によってはレアに見合わない活躍をするかも・・・?
 旧で印象深かった「怒雷武狩兎」はしなくなり、普通に一発バシっと決めるようになった。おばばも胸をなでおろす事だろう。

関連イラストはいいものなのじゃ!

風の花園4にて
バランスボールに決まっておるじゃろ。


早く帰って関連タグで遊びたいのじゃ♪

御城プロジェクト 城娘 今川義元 蹴鞠 

駿府城(御城プロジェクト) 成長した姿。「大きいことはいいことじゃ!!」

pixivに投稿された作品 pixivで「今川館」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1114

コメント