ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

戦国時代の大名・織田信長が現在の滋賀県蒲生郡安土町安土山に築城した平山城。
信長の居城であり、日本最初の大型の天主(安土城のみ「天主」と表記)が建てられたとしても伝えられる。

天正4年(1576年)に築城を開始し、天正7年(1579年)に完成した。

城内は居住や政治の場として充実し、摠見寺という寺院天皇を迎えるための御殿も設けられたとされる。
その一方で、幅6mと広く約180mも直線が続く大手道など軍事面での防御が乏しく、敵の侵入防止のための当時の設計がほとんどされていないなど、良くも悪くも前例のない構造の城であった。

天正10年(1582年)本能寺の変の後、何らかの原因によって城郭中枢部を焼失した。それ以降も城として機能はしていた様だが八幡山城築城のため天正13年(1585年)廃城となった。現在は石垣などの一部の遺構を残すのみとなっている。

安土城の天主

安土城の天主の外観は五重造り、内部は地上六階、地下一階の七階造りからなり、鹿苑寺金閣を模した金色の最上部とその下階の朱色の法隆寺夢殿を模した八角堂が特徴で、内部は絢爛豪華な障壁画や装飾で飾られていたとされている。しかし完成後わずかで燃失したため資料が乏しく、その具体的な姿については多数の研究者により江戸時代中期から研究が続けられてきたが、記録の解釈などをめぐって意見が分かれ未だ詳細は不明のままである。
復元案の中には内部には階層を貫く吹き抜けが造られ、能舞台や仏塔があったとする説や天主西側に懸け造りの舞台があったとする説もある。
天主の高さは推定約32メートルと考えられている。

現在、城址は史跡に指定され現地での再建は認められないが天主の5・6階部分が滋賀県近江八幡市の「安土城信長の館」と東京都町田市の「泰巖歴史美術館」に原寸大で再現されており三重県伊勢市の「伊勢・安土桃山文化村」にはほぼ忠実に再現した模擬天守がある。

焼失とその謎

築城からわずか3年後の天正10年(1582年)に本能寺の変後の山崎の戦いの直後、天主とその周辺建物を焼失した。出火原因は明確にされておらず、様々な仮説が存在する。

容疑者① 明智秀満

信長没後に安土城を守備していた光秀の甥・明智秀満が、山崎の戦いに出陣する際に火を放ったとされている。
しかし出火当時、秀満はすでに光秀の居城・坂本城に入城しており、また秀満自身も自刃直前に光秀の遺品を目録付きで敵方に引き渡すなど美術品に精通・重宝した人物であったことから、濡れ衣ではないかと言われている。

容疑者② 織田信雄

父・信長と兄・信忠が本能寺で果て、新たに織田家当主となった人物。
山崎での勝利後、明智軍の残党を炙り出すために城下を放火した際、天守まで火が周ってしまったとされる。ルイス・フロイスをはじめとする宣教師たちが「信雄が暗愚だから火を付けた」と伝えている。
しかし、焼失したのは天主、本丸付近のみと発掘調査で判明しているため城下からの類焼は考えにくい。

容疑者③ 野盗・土民など

前述のとおり芸術的で豪奢な造りでなおかつ城主がいなくなり、野盗や土民の格好の餌食となったため、彼らの乱入により出火したとされる説。

容疑者④ 落雷

落雷により自然焼失したという説。現に、安土城は完成から一年も経たぬ頃に落雷で本丸が燃焼したとルイス・フロイスが著書『日本史』に記している。

関連タグ

 織田信長

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「安土城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191593

コメント