ピクシブ百科事典

保科正之

ほしなまさゆき

保科正之とは江戸時代の会津藩の藩祖である大名である。徳川秀忠の”正真正銘のご落胤”であり異母兄の徳川家光からも重宝されていた。
目次[非表示]

概要

保科正之は会津若松藩松平家の始祖である。江戸幕府三代将軍・徳川家光異母兄
”徳川秀忠のご落胤と将軍家が認められたうえで国政で活躍した名君”という些か珍しい経歴の持ち主である。

経歴

徳川秀忠鷹狩りでしばしば出向しており、その時に静(のちの浄光院)という娘と出会い手を付けたことで生まれる。※この点の描写は資料によって差異がある。

武田の忘れ形見である見性院のもとに母親と一緒に養育され、のちに旧武田家臣の保科正光養子に出された。
その後正光のもとでつつましやかに暮らしていたが、異母兄徳川家光が身分を隠して鷹狩りに出かけたときに成就院に立ち寄って、自分に忠長とは別の弟がいたことを知る。

そして正之は江戸城で家光や忠長と対面し、その人柄を認められて21歳で高遠藩藩主となった。

以降は家光及び四代目将軍の徳川家綱を的確に補佐してその辣腕ぶりを認められながら石高を増やしてゆき最終的に会津松平藩の藩祖となる。

業績

由井正雪の乱で”過度の改易が浪人の増加を招き治安に悪影響をもたらした”という背景を察知し末期養子の緩和や殉死の禁止を盛り込んでいる。
また明暦の大火では、焼け落ちた江戸城の天守閣の再建を「今の時代での実用性は乏しく無駄に出費するだけ」という理由で断念し、浮いたお金を防災対策や江戸の町の復興に回している。

人物

謹直で有能な人物で、家光からは気軽に話せる身内の相談役として重宝された。
また、藩主としても名君であり、国替えが行われた時「今の高遠では不安だ、正之様の(新しい任地である)最上へ行きたい」と言われるだけでなく、一部の住民が本当に正之を慕って逃散して山縣に移住してしまったという逸話もある。

関連タグ

会津松平家 譜代大名

関連記事

親記事

会津松平家 あいづまつだいらけ

pixivに投稿された作品 pixivで「保科正之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント