ピクシブ百科事典

隠し子

かくしご

ある人物の、何かしらの事情で世間に公表されていない子供のこと。
目次[非表示]

隠し子とは、世間には公にできない事情から、親から存在を隠蔽されている子供のことである。

概説

親が世間に対し、何かしら後ろめたい事情や、それらに起因する感情から、存在を隠している子供のこと。

原因は様々、十人十色。
多くは不倫や婚前交渉、また一夜の過ちから生まれてしまった場合に、生まれてきた子が隠し子にされることが多い。
また何かしら出生を隠さなければならない理由(出身・近親者に絡む事情)が存在する場合、敢えて隠し子として世間から存在を伏せておくことがある。

戸籍の状況も様々で、戸籍には登録しているが世間に公にしていないケースから、戸籍を登録させず座敷牢などに幽閉して完全に存在を消しておく深刻な状態まで、その事情に絡んで大きく変化していく。

よくあるエピソード

「自分は隠し子だった。父親には本妻とその家庭が別にあるので、母親とアパートで暮らしていた。」などと自称する人がたまにいる。
また、とある政財界の大物にはその手の話がつきものであり、「葬儀には愛人と隠し子が列をなしていた」などというエピソードまで存在する。(堤康次郎、笹川良一など)

創作における隠し子

日本では割と昔から「御落胤(ごらくいん)」といったような、“実は○○○の子孫”というネタを使う言い訳として、そこそこの頻度で使用されている。

昭和から平成初期の漫画では、プレイボーイ二枚目キャラに関連するネタとしてよく登場している。

小さな子をプレイボーイキャラが連れてくる → 周囲がそのキャラの隠し子と疑う
…は、ある意味鉄板ネタであった。

愛人の子であることが確定しているキャラである場合、親からありあまるお小遣いを貰って豪遊していたりと、単なるお坊ちゃまキャラ以上のボンボン感を出すことが多いが、その上でどことなく影があり、闇を抱えるようなキャラ設定が成されている場合も多い。
金で何事も解決出来る人でなしのような描写をされたと思いきや、実はそれは親からあまり愛情を注いでもらえなかったからだ、という結論に至るエピソードなどがこの手のキャラの王道と言えよう。

詐欺

「ご落胤」ネタは詐称詐欺の手口としてよく使用され、著名人の隠し子である旨を騙って金品をだまし取る等の事例がしばしば発生する。

直近の有名な事件としては2003年に発生した有栖川宮詐欺事件がある。
この話、「高松宮のご落胤だと本人に告げられた。ご落胤では高松宮を継げないから、特別に大元である有栖川宮の名を使用した」という設定で詐欺を行った。
単純に廃絶した宮家を騙ったというだけではなく、一見ありそうな設定に、皇室事情をよく知るような右翼幹部や、石田純一デヴィ夫人のような大物タレントもコロッと騙されてしまった、という顛末である。

扇動

「隠し子」ネタとしては国政選挙や大企業の株主総会などの際に政治的な扇動要因として使用される傾向がある。
(例として:○○候補(社長)には実は隠し子がいる。代表者として相応しくない。等)→隠し子疑惑


関連タグ

人間関係 親子 妾の子 隠し子疑惑 隠し子組

pixivに投稿された作品 pixivで「隠し子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10106

コメント