ピクシブ百科事典

長七郎江戸日記

ちょうしちろうえどにっき

日本テレビ系列で放映された時代劇シリーズ。1983年から1991年までに計3シリーズが制作され、後番組の『八百八町夢日記』と交互にBS日テレで再放送されている。
目次[非表示]

概要

駿河大納言忠長卿(するがだいなごんただながきょう)の忘れ形見で三代将軍徳川家光に当たる主人公、松平長七郎長頼(まつだいらちょうしちろうながより)が、江戸にはびこる悪を倒していく物語。
原作は直木賞作家・村上元三の『松平長七郎旅日記』。


主な登場人物

  • 松平長七郎長頼(演:里見浩太朗
    • 駿河大納言忠長卿(徳川忠長)の遺児。普段は読み売り屋「夢楽堂」に居候し「速水長三郎」(はやみ ちょうざぶろう)と名乗っている。通称「長さん」。
  • おれん(演:野川由美子
    • 読み売り屋「夢楽堂」の女主人。
  • 辰三郎(演:火野正平
    • 通称「辰」。コメディリリーフ的な役割が多い。
  • 三宅宅兵衛(演:下川辰平
    • 駿河徳川家の元家臣で長七郎の忠臣。通称「宅さん」。腰痛持ち。
  • 沢木兵庫(演:三田明)
    • 長七郎に仕える忍び。
  • 柳生宗冬(演:丹波哲郎)
    • 公儀御庭番の元締め。長七郎の剣の師匠であり、最大の宿敵。

名台詞

宅兵衛:「ええい控えい!これにおわすは恐れ多くも上様の甥御様(上様没後のシリーズでは将軍家お血筋にあたられる」に変わる)、松平長七郎長頼君なるぞ!」
悪役(パターン1):「ええい!長七郎君とて構わん!斬れ、斬り捨てい!」
悪役(パターン2):「そいつは長七郎君を騙る偽者だ!斬れ、斬り捨てい!」
悪役(パターン3):「このような所に長七郎君がお出でになるはずがない!かまわん、斬れ、斬り捨てい!」
長七郎:「止むを得ん、俺の名前は引導代わりだ。迷わず地獄に堕ちるがよい!」

関連タグ

時代劇 日本テレビBS日テレ) 徳川家 二刀流
八百八町夢日記 - 後番組
長七郎天下ご免! - テレビ朝日系列で放映された本作の前身にあたる作品。里見浩太朗演じる松平長七郎が主人公という点は共通だが、世界観のつながりは無い。

pixivに投稿された作品 pixivで「長七郎江戸日記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1505

コメント