ピクシブ百科事典

木枯らしの紋次郎、上州新田郡三日月村の貧しい農家に生まれたという。十才の時に国を捨て、その後一家は離散したと伝えられる。天涯孤独な紋次郎がなぜ無宿渡世の世界に入ったかは、定かでない・・・

概要

笹沢左保の小説でその主人公の異名。小説は1971年から発表され、1972年からフジテレビ系列で放映された市川崑監督、中村敦夫主演のテレビドラマは、視聴率が30%を超える人気となり、主人公紋次郎の決め台詞「あっしにはかかわりのないことでござんす」は流行語となり、様々な紋次郎グッズが売り出されるほどの一大ブームとなった。

ドラマと同年に菅原文太主演で映画化もされ、1977年には「新 木枯し紋次郎」が放映された。
その後は単発ドラマが放送された。


木枯し紋次郎
渡世人
甲州路で紋次郎!!

関連記事

親記事

時代劇 じだいげき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「木枯し紋次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました