ピクシブ百科事典

暴れん坊将軍

あばれんぼうしょうぐん

『暴れん坊将軍』とは、1978年からテレビ朝日で放送された時代劇。および、劇中に登場する徳川吉宗の通称。
目次[非表示]

概要

1978年から2002年にかけてテレビ朝日にて放送された時代劇シリーズ。
江戸幕府第8代将軍・徳川吉宗を題材にした作品。
1978年に放送された第1作『吉宗評判記 暴れん坊将軍』から2002年まで続いたシリーズ12作、2008年までに放送された3本の特別編を合わせて30年近くも松平健が吉宗役を演じ続けており、彼の代表作と呼べる作品となった。
2019年には若き日の暴れん坊将軍をイメージした作品として『紀州藩主 徳川吉宗』が放送され、山本耕史が吉宗を演じた。

作風

江戸の平和のために徳川吉宗(上様)が世にはびこる悪を「成敗」するストーリー。
白馬にまたがり颯爽と駆けるオープニングや悪党たちを懲らしめる爽快な殺陣シーン、またそれらに使用されるテーマソングが有名。

普段吉宗は江戸の町へお忍びで出向くときには「徳田新之助」という偽名(新之助は実在の吉宗の旧名)を名乗り、肩書きも「貧乏旗本の三男坊」と称し一般人を装っており、ごく一部を除いて彼が将軍であることは知られていない。
顔を見ればどう考えても上様と分かるのだが、写真もTVもネットも存在しない時代、大名やその子弟であってもお目通りが叶う者が限られるような状態であり、江戸の庶民が将軍の顔を知らないのは当然である。
また、初回にて御簾を常に上げ続けて謁見者に必ず素顔を晒し、表舞台に立ち続ける破天荒な将軍であることが描写されており、これが「余の顔を見忘れたか」という恫喝に繋がっていく。

悪人は基本的に峰打ちで倒しており、敵組織のボス(家老など)は追い詰めて、側近である隠密に成敗させている。
もっとも隠密は対峙する敵は手加減なしで斬っており、敵組織のボスが吉宗を相手にするので手を出すなと命じたために部下達は皆が隠密に向かっていって全員斬られた事もあった。(ボスは吉宗に峰打ちで倒され、後に切腹を命じられた)
また吉宗も敵の余りある悪行に怒ったり、痺れ薬や睡眠香などを盛られ命の危険に晒された場合は自らの手で斬る事もある。

2011年の劇場版『仮面ライダーOOO』に上様がゲスト出演することが発表され、松平氏本人もこれにはビックリしたらしい。
PS3ゲーム「仮面ライダー バトライド・ウォーII」にもそのまま登場する事が確定。もしかしたら使用可能キャラになるかも……と思ったらマジで使用キャラになるようである(ただし、ミッション「将軍の日常」と「将軍VS破壊者」の2つのみ)。



余談

本作テレビ朝日の飛躍・発展に貢献したが、平成のANNネットワーク拡大運動期間中の1994年以降は、予算制限が掛かり特番休止の多発を余儀なくされる。
ネットワーク拡大運動終了後、シリーズ末期は何と木曜夜7時!へ時間帯移動を余儀なくされた。

関連動画



関連イラスト

江戸のセイバー


このゲームに登場したら、やたら適合クラスが多そうである。

関連タグ

ドラマ 時代劇
江戸幕府幕府) 征夷大将軍
徳川吉宗 上様 松平健
チート デーンデーンデーン
足利義教/徳川家光リアル暴れん坊将軍
大岡越前……こっちでも上様が出てくるが、自由奔放すぎてトラブルメーカーになりやすい困った上様である。
水戸光圀……作中で「水戸光圀公の諸国漫遊の絵草子」をネタにした回がある他、光圀の甥にして養子の徳川綱條が『水戸黄門漫遊記』を読んだ影響で世直しごっこに興じる回がある。また、反対にTBSドラマ『水戸黄門』では、若き日の吉宗が文字通り暴れん坊の放蕩若侍として登場して、光圀から人の上に立つ者としての在り方を説かれる回がある。

響け!ユーフォニアム...暴れん坊将軍の楽曲が使用されたアニメ作品。吹奏楽バージョンが本編中で流れた。
大阪近鉄バファローズ/オリックス・バファローズ...原初のチャンステーマである応援歌・「扇子」の原曲。
中村紀洋...横浜DeNAベイスターズ時代の登場曲。

関連記事

親記事

時代劇 じだいげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「暴れん坊将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442699

コメント