ピクシブ百科事典

李登輝

りとうき

台湾の政治家・農業経済学者。第8代・第9代総統(1988年~2000年)。日本名は「岩里政男」。台湾初の民選総統であり、台湾初の台湾出身の総統である。それまでの国民党政権による独裁体制を打壊し、台湾の民主化を行った。『台湾民主化の父』と呼ばれる。
目次[非表示]

経歴

出自と日本統治時代

1923年1月15日、台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝区)埔坪村の「源興居」で李金龍と江錦の次男として生まれる。兄は2歳年上の李登欽(日本名:岩里武則)であり、日本統治時代にフィリピンにて大日本帝国海軍の二等機関兵(戦死後、「上等機関兵」)として日本軍人として参加し戦死している。このほか弟の李炳男がおり、こちらは貿易業に従事していた。

父・金龍は警察官であり、経済的に安定した家庭環境により幼少の頃から教育環境に恵まれていた。
父の転勤にしたがって登輝は6歳から12歳までの間に汐止公学校、南港公学校、三芝公学校、淡水公学校と4度の転校を繰り返した。淡水公学校卒業後は私立台北国民中学(現在の大同高級中学)に入学したが、1年後の1938年には淡江中学校に転校している。淡江中学校では学業に専念し首席の成績で卒業、卒業後は台北高等学校に合格している。

台北高等学校に入学した登輝は、1年次に台湾総督府が推進した皇民化運動の中で展開された改姓名運動の中、岩里政男と改名。流暢な日本語を話す。
本人も「21歳(1945年)まで自分は日本人であった」と表明している(現在も訪日時は日本語を使用している)。

1943年9月、台北高等学校を卒業。同年10月、京都帝国大学農学部農業経済学科に進学した。
農業経済学を選択した理由として、本人によれば幼少時に小作人が苦しんでいる不公平な社会を目の当たりにした事と、高校時代の歴史教師である塩見薫の影響によりマルクス主義の唯物史観の影響を受けたこと、農業問題は台湾の将来と密接な関係があると思ったことを理由として挙げている。

大学時代は日々深刻になる食料不足問題に悩みながらも、自ら『農業簿記』を学び、同時にマルクスや河上肇などの社会主義関連の書籍に親しんでいた。戦争が激化すると、ほかの文科系学生と同じように学徒出陣により出征する(農業経済学を専攻している学生は、農学部所属ではあったが、文系として扱われた)。

大阪師団に徴兵検査第一乙種合格で日本陸軍に入隊し、1944年に台湾に一時帰って基礎訓練を終えた後、日本に戻り習志野陸軍予備士官学校(日本陸軍予備士官第11期生)の見習士官に任命され、その後名古屋の高射砲部隊に陸軍少尉として配属になり、終戦を名古屋で迎えた。

ちなみに、召集された際、日本人の上官から「お前どこへ行く?何兵になるか?」と聞かれ、迷わず「歩兵にしてください」と言い、加えて「二等兵にしてください」とまで要求したところ、その上官から「どうしてそんなきついところへ行きたいのか」と笑われたという。
また、1945年3月10日の東京大空襲の際には、超低空で帝都へ侵入するB-29を迎撃、激しく砲撃を繰り返し、かなりの損害を与えたことを述懐している。

中国国民党独裁時代

1945年に日本の終戦を迎え、日本軍撤退後の1946年の春、中華民国に復帰した台湾に帰り、台湾大学農学部農業経済学科に編入学した。
帰国して間もない1947年、中国国民党による独裁政権が敷かれていた台湾では、外省人(在台中国人)による本省人(台湾人)に対する酷い差別迫害が行われ、国民党軍兵士による略奪強姦殺人が横行し、怒った台湾民衆が決起したことで二・二八事件が発生する。

それまでの経歴から判るとおり二等国民扱いだった台湾人としてはもちろん、日本人としても非常に高度な知的訓練を受けており、この事件の際は真っ先に粛清される危険性を持っていたため、知人の蔵にかくまわれた。

呉克泰の証言では、台湾に帰国後間もなく、彼の要請を受け、(中華人民共和国の建国、中華民国の台湾実効支配が行われる1949年の前)1946年9月に中国共産党に入党し、国民党による二・二八事件に反発する暴動などに参加したが、2年間で離党したという。また、中国共産党に入党した登輝がのちに中華民国副総統に昇進したとき、国民党は「共産党員」という登輝の記録を故意に破棄したという。

このことに関して、共産党員になるには党組織による観察が一年以上必要なので、台湾に引き揚げてから二・二八事件が発生するまでに共産党員になるのは不可能だとする意見がある。

2002年のインタビューで、登輝は自身が共産主義者であったことを認めた。登輝は同インタビューの中で、共産主義理論をよく理解しており、共産主義は失敗する運命にあることを知っているので、共産主義には長い間反対していた、と述べた。登輝は、自身の国民党への強い憎悪のために共産党へ入党した、とも述べている。

1948年に農学士の称号を得る。1949年、台湾大学を卒業し、同大学農学部の助手として採用された。同年、淡水の地主の娘であり、台北第二女子中学(日本統治時代は台北第三高女と称し現在は台北市立中山女子高級中学)の曽文恵と見合いにより結婚している。

政界進出と総統時代

1969年6月に、登輝は警備総部の取調べを受ける。最初の取調べは17時間にも及びその後1週間拘束された。この経験から李登輝は台湾人白色テロの恐怖から救うことを決心したと後年述べている。このとき、彼の経歴を洗いざらい調べた警官に「お前みたいな奴なんか蒋経国しか使わない」と罵られたという。

1970年、国際連合開発計画の招待によりバンコクで農業問題の講演を依頼されたが、同年4月に蒋介石の息子で当時行政院副院長の役職にあった蒋経国の暗殺未遂事件が発生し、犯人の黄文雄(政治家。文明史家の黄文雄氏とは別人)とアメリカ留学時代に交流があったため政府は「観察中」との理由で出国を認めなかった。

この時期農復会の上司であった沈宗瀚は、農業専門家として1971年8月に蒋経国の知遇を得ることになった。
そして蒋経国により国民党への入党を勧誘され、同年10月、経済学者の王作栄の紹介により国民党に入党している。入党後は、蒋経国が行政院長に就任すると無任所大臣に当たる政務委員として入閣した。この時49歳であり、当時最年少での入閣であった。以降6年間、農業専門の行政院政務委員として活動した。

その後1978年、蒋経国により台北市長に任命される。市長としては『台北芸術祭』に力を入れた。また、水不足問題の解決等に尽力し、台北の水瓶である翡翠ダムの建設を行った。さらに1981年には台湾省主席に任命される。省主席としては『八万農業大軍』を提唱し、農業の発展と稲作転作などの政策を推進した。私生活では、1982年に長男の憲文が上咽頭癌により死去している。

1984年、蒋経国により副総統候補に指名され、第1回国民大会第7回会議選挙の結果、第7期中華民国副総統に就任した。蒋経国が登輝を副総統に抜擢したことについて登輝自身は「私は蒋経国の副総統であるが、彼が計画的に私を後継者として選んだのかどうかは、本当に知らない。しかし、私は結局彼の後を引き継いだのであり、これこそは歴史の偶然なのである」と語っている

1988年1月13日、蒋経国が死去。憲法上任期中に総統が死去すると副総統が継承するため登輝が総統に就任する。
国民党主席代行に就任することに対しては蒋介石の妻・宋美齢が躊躇し主席代行選出の延期を要請したが、当時若手党員だった宋楚瑜が早期選出を促す発言をしたこともあり主席代行に就任する。

7月には国民党代表大会で正式に党主席に就任した。
しかし登輝の政権基盤は確固としたものではなく、李煥・郝柏村・兪国華ら党内保守派がそれぞれ党・軍・政府(行政院)の実権を掌握していた。この後、登輝はこれらの実力者を牽制しつつ自らの政権基盤を固め、台湾の民主化を進めていった。

1989年に国民党内の支持が低いことを理由に兪国華が行政院長を辞任すると、国民党秘書長の李煥が行政院長に就任した。この時、後任の秘書長に登輝の国民党主席就任を支持した宋楚瑜を据え、登輝は党の主導権を握った。

国民党による『万年国会』の解消

1990年5月に登輝の代理総統の任期が切れるため、同年3月21日に総統選挙が行われることになった。国民党内では登輝が党推薦の総統候補になるコンセンサスが形成されており、登輝によって誰が副総統候補に指名されるか注目された。
登輝が指名したのは李煥などの実力者でなく総統府秘書長の李元簇だった。

これに反発した李煥・郝柏村ら反李登輝派は党推薦候補を決定する国民党臨時中央委員会全体会議で林洋港を総統候補に擁立しようとし、李登輝派との間で2月政争が発生した。登輝は多数を確保し、満場一致で同会議において国民党の総統候補に選出された。この後、林洋港は無所属候補としても出馬しないことを表明し、反李登輝派の対抗馬擁立は失敗した。3月21日の総統選挙で登輝と李元簇は信任投票により総統・副総統に選出された。

同時期、台湾では民主化運動が活発化し、国民政府台湾移転後一度も改選されることのなかった民意代表機関である国民大会代表及び立法委員退職と全面改選を求める声が強まっていた。1989年に国民大会で『万年議員』の自主退職条例を可決させていたが、1990年3月16日、退職と引き換えに高額の退職金や年金を要求する国民大会の万年議員への反発から三月学運が発生した。

総統再任後、登輝は学生運動の代表者や黄信介民進党主席らと会談し、彼らが要求した国是会議の開催と憲法改正への努力を約束した。6月に朝野の各党派の代表者を招き「国是会議」が開催され、各界の憲政改革に対する意見を求めた。国是会議の議論に基づいて、1991年5月に動員戡乱時期臨時条款を廃止し(戒厳体制解除)、初めて中華民国憲法を改正した

これにより国民大会と立法院の解散を決定し、この2つの民意代表機関の改選を実施することになった。
『万年議員』は全員退職し、同年12月に国民大会、翌1992年12月に立法議員の全面改選が行われ『万年国会』問題は解決され、長年に渡り台湾を苦しめていた国民党の独裁体制は打壊した。

1991年6月、登輝は李煥に代わって郝柏村を行政院長に指名した。このときシビリアン・コントロールの原則に従って郝を軍から除役させたため、郝の軍に対する影響力が弱まり、軍の主導権も登輝が握ることになる。
1993年に郝が行政院長を辞任し、登輝の側近だった連戦が行政院長に就任したため行政院の主導権も握った。この後、登輝はより一層の民主化を推進していくことになる。

初の民選総統に

1994年7月、台湾省・台北市・高雄市での首長選挙を決定し、同年12月に選挙が実施された。さらに登輝は総統直接選挙の実現に向けて行動した。しかし国民党が提出した総統選挙草案は、有権者が選出する代理人が総統を選出するというアメリカ方式の間接選挙を提案するものであった。
それでも登輝はフランス方式の直接選挙を主張し、1994年7月に開催された国民大会において、第9期総統より直接選挙を実施することが賛成多数で決定された。同時に総統の「1期4年・連続2期」の制限を付し独裁政権の発生を防止する規定を定めた。

1996年、初めての総統直接選挙において54.0%の得票率で当選し、台湾史上初の民選総統として第9期総統に就任した。この選挙に際して中華人民共和国台湾独立を推進するものと反発し、総統選挙に合わせて『海峡九六一』と称される軍事演習を実施、ミサイル発射実験をおこなった。アメリカは2隻の航空母艦を台湾海峡に派遣して中華人民共和国を牽制し、両岸の緊張度が一気に高まった。

総統に再任後は行政改革を進めた。1996年12月に『国家発展会議』(「国是会議」から改称)を開催したが、この会議の議論に基づいて1997年に憲法改正し、台湾省を凍結(地方政府としての機能を停止)することが決定された。これによって台湾省政府は事実上廃止となった。

2000年の総統選挙では自身の後継者として連戦を推薦し選挙支援を行なうが、この選挙では国民党を離党した宋楚瑜が総統選に参加したことから、国民党票が分裂、最終的には民主進歩党候補の陳水扁が当選し、第10期中華民国総統に就任した。これにより中華民国に平和的な政権移譲を実現したが、野党に転落した国民党内部からは登輝の党首辞任を求める声が高まり、2000年3月に国民党主席職を辞任した。

Wikipediaより参考(若干修整部あり)

関連動画



関連タグ

台湾 台湾人
日本 中国国民党
蔡英文 民主進歩党
日本軍台湾人兵士

pixivに投稿された作品 pixivで「李登輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 771

コメント