ピクシブ百科事典

日本軍台湾人兵士

にほんぐんたいわんじんへいし

日本軍台湾人兵士とは、日本軍に所属していた台湾人の軍人・軍属のこと。『高砂義勇隊』が特に有名。
目次[非表示]

概要

日清戦争において日本が勝利したことにより、下関条約によって清朝から日本統治となった台湾から、日本軍志願兵として入隊した台湾人の兵士(軍人軍属)のことである。「台湾人日本兵」「台湾籍日本兵」1944年4月以降に志願した者は「台湾特別志願兵」とも称された。
彼らは主に第二次世界大戦において、日本人と共に連合軍と戦い、中には将校まで上り詰めた人物もおり、台湾原住民の軍属で構成された特殊部隊高砂義勇隊が特に有名である。
ちなみに、後の台湾総統で中国国民党独裁政権を打破し『台湾民主化の父』と呼ばれる李登輝氏も、元日本軍兵士で階級は大尉だった。

経緯

最初に採用が行われたのは、1942年における陸軍特別志願兵制度の開始からとされるが、1937年からすでに台湾総督府により、部隊内で雑役に従事する軍夫の募集が開始しされていた。
これは日中戦争における中国戦線の拡大により、翻訳の必要があったからであり、多くの台湾人軍属が募集され、主に福建語広東語北京語通訳に当たっていた。

志願制度が施行されると、数多くの台湾人たちが兵役に志願し、1942年における第1回の応募では、1000名の定員にも関わらず、なんと42万5961名という当時の台湾青年の14%に相当する数の志願者が殺到した。
第2回においても、同じく1000名の定員に対し、なんと更に多い60万1147名が兵役に志願している。
1943年5月12日において、朝鮮と同時に実施された海軍特別志願兵制度が行われた際にも、第1回は3000名の訓練生定員に対し、31万6097人の台湾人が志願した

戦いで命を落とした台湾人戦死者のうち、2万6000人は東京靖国神社に合祀されており、日本と台湾の双方に尽くした英雄として祀られている。その中には後の台湾総統である李登輝氏の兄である李登欽(日本名:岩里武則)も含まれている。

主な日本軍台湾人兵士


※追記募集

関連タグ

日本軍 兵士
軍人 軍属 日本兵
台湾 漢人 客家
台湾原住民 台湾人

pixivに投稿された作品 pixivで「日本軍台湾人兵士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2587

コメント