ピクシブ百科事典

靖国神社

やすくにじんじゃ

東京都にある神社。明治2年に「招魂社」として創祀され、明治12年に靖国神社と改称された。
目次[非表示]

概要

社号の正字体は「靖國神社」。東京都千代田区の九段下にある、明治時代に創祀された神社。
「靖国」という社号は明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という意味。

神社の境内には戦没者の遺品が展示された遊就館を始め、日本近代軍事史にまつわる文献を多数収蔵する靖国偕行文庫、東京裁判に出席したラダ・ビノード・パール判事の顕彰碑、靖国刀と呼ばれた軍刀の製造所を戦後に茶室に改修した行雲亭、春の例大祭に全力士が奉納相撲を行う相撲場、戦争で犠牲になった軍馬軍用犬伝書鳩のための慰霊碑など様々な施設が存在する。

桜の名所としても高名であり、春になれば「靖国の桜」目当ての花見客も参拝ついでに多く訪れる。
ちなみに気象庁は境内にある三本のソメイヨシノを、東京都での桜の開花日を決定する『標準木』として指定しているため、これが開花すると東京都下の桜の開花宣言が行われることになる。

解説

かつては内務省大日本帝国陸軍大日本帝国陸軍所管の官幣社であった。特に戦時中においては、当時の軍部から戦意高揚・国威発揚の具として利用され、戦後は国家管理を離れ単立宗教法人(神社本庁に属していない)となった。

祭神となるのは戊辰戦争以降の戦没者であり、軍人ばかりでなく「国家保衛のために殉じた」とされた神霊が身分・勲功・男女の区別なく祀られ、祭神の数は246万6000柱以上であり、幕末志士も大勢祀られている。ただし、明治維新に貢献した人物であっても、西郷隆盛江藤新平らは政府と対立する形で死亡したため朝敵として祀られていない。くわえて銃殺刑にされた軍人も靖国神社に祀られることはない。

空襲で亡くなるなどした多くの一般市民がこの神社には祀られていない一方、戦没した軍人・軍属であれば外国人だろうとキリスト教徒だろうと一緒くたに靖国に祀られていたり、昭和47年、第二次世界大戦当時に首相を務めた東条英機、重臣広田弘毅や軍首脳ら「A級戦犯」も法務死であるとして合祀されている。このことについては、遺族の間でも靖国神社の奉祀の方針について反発する者も少なくない。

祝祭空間としての靖国神社

現在の靖国はニセ右翼のパフォーマンスの場、軍事マニアコスプレスポットと化していることで有名。特に終戦記念日の前後には右翼団体・左翼団体・暴力団・チンドン屋野次馬宗教団体・ユーチューバー等のネットパフォーマー・参拝に来る政治家目当てのマスコミその他諸々が入り乱れ、時に乱闘騒ぎが起こることもままある。また、7月に行われる例祭の「みたま祭り」の前後には浴衣姿の若い女性を狙ってナンパ師も多く出没する。

近年は「死者の眠る神聖な場所である」と捉えてこれに腹を立てる向きがあるが、むしろ靖国神社は猥雑なのが伝統。元軍人の軍装参拝は戦後間もない時期から名物だったものであり、現在の軍装コスプレもその流れにある。戦前生まれの著者のエッセイなどには、露店、見世物小屋、競馬、サーカスなども常設される一大レジャーランドであったことが描かれ、いかがわしくも魅力的な雰囲気の場所だったと描かれている(参考:坪内 祐三『靖国』)

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「靖国神社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23794

コメント