ピクシブ百科事典

靖国神社

やすくにじんじゃ

東京都にある神社。明治2年に「招魂社」として創祀され、明治12年に靖国神社と改称された。
目次[非表示]

概要

社号の正字体は「靖國神社」。東京都千代田区の九段下にある、明治時代に創祀された神社。
「靖国」という社号は明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という意味。

神社の境内には戦没者の遺品が展示された遊就館を始め、日本近代軍事史にまつわる文献を多数収蔵する靖国偕行文庫、東京裁判に出席したラダ・ビノード・パール判事の顕彰碑、靖国刀と呼ばれた軍刀の製造所を戦後に茶室に改修した行雲亭、春の例大祭に全力士が奉納相撲を行う相撲場、戦争で犠牲になった軍馬軍用犬伝書鳩のための慰霊碑など様々な施設が存在する。

桜の名所としても高名であり、春になれば「靖国の桜」目当ての花見客も参拝ついでに多く訪れる。
ちなみに気象庁は境内にある三本のソメイヨシノを、東京都での桜の開花日を決定する『標準木』として指定しているため、これが開花すると東京都下の桜の開花宣言が行われることになる。

解説

かつては内務省大日本帝国陸軍大日本帝国陸軍所管の官幣社であった。特に戦時中においては、当時の軍部から戦意高揚・国威発揚の具として利用され、戦後は戦没者追悼の中心施設としての役割を果たしている。

祭神となるのは戊辰戦争以降の戦没者であり、軍人ばかりでなく「国家保衛のために殉じた」とされた神霊が身分・勲功・男女の区別なく祀られ、祭神の数は246万6000柱以上であり、幕末志士も大勢祀られている。ただし、明治維新に貢献した人物であっても、西郷隆盛江藤新平らは政府と対立する形で死亡したため朝敵として祀られていない。
くわえて銃殺刑にされた軍人も靖国神社に祀られることはない

空襲で亡くなるなどした多くの一般市民がこの神社には祀られていない一方、戦没した軍人・軍属であれば外国人だろうとキリスト教徒だろうと一緒くたに靖国に祀られていたり、昭和47年、第二次世界大戦当時に首相を務めた東条英機、重臣広田弘毅や軍首脳ら「A級戦犯」も法務死であるとして合祀されている。このことについては、遺族の間でも靖国神社の奉祀の方針について反発する者も少なくない。

注意

神話の神様ではない実在の人物を奉祭している(人神信仰)ため、日本文化神道について詳しくない人からは、新しいタイプの神社であるとも誤解されがちであるが、神武天皇を祀った橿原神宮菅原道真を祀った太宰府天満宮徳川家康を祀った日光東照宮明治天皇を祀った明治神宮など、実在の人物をご祭神とした神社は筆紙に遑がなく、一般人が生前から生神とされた例(濱口梧陵)もあって、靖国神社もまた戦死者を悼むという伝統と相まって、日本古来の文化に深く根差した神社である。

論争

大戦終了後に独立を回復して以降、昭和53年に12人の昭和殉難者(いわゆるA級戦犯)が合祀されてからも、時の首相や閣僚らが参拝したり、供物などを収めたりすることは何の問題もなく続けられてきた。
ところが、それにも関わらず、昭和61年以降になって中国の抗議により、あくまで国内問題であるにもかかわらず、あってはならない外交問題へと変質してしまった。その原因は、中国国内の権力闘争への配慮である。

公職にある者もしくは公共団体が同神社に公式に参拝もしくは玉串料を収めることは憲法第20条、第89条の「政教分離」の規定に抵触するおそれがあるとの批判が一部で出て、平成10年代以降に問題となり、首相による参拝が政教分離に反し、しかも信教の自由をも侵害したとする訴訟が提起された。

しかし法学的には、首相の参拝は職務行為として行われたものではなく、原告らに何らかの不利益な取り扱いまたは強制・制止がなされたとも認められない。
また首相による参拝は靖国神社に「戦没者の追悼」という世俗的儀礼的な目的で当然のこととしてなされたのであり、国民も宗派を超えてこれを支持していて特定宗教の援助、助長、促進にもあたらないため、百パーセント合憲である。

もしも首相による靖国神社参拝が違憲であるなら、首相による鎌倉円覚寺参禅も、終戦記念日の戦没者追悼も、違憲になってしまうのでおかしな話である。

現在の靖国神社

現在では、神社本庁に属さない単立神社であり一宗教法人に過ぎないが、主に極左翼的な思想の人物たちやプロ市民の団体からは「現代日本に残る軍国主義の遺物」などと、失礼極まりない見られ方をされており、政治家の「靖国参拝」の是非が政治的駆け引きのネタにされている。

また、ニセ右翼のパフォーマンスの場、不逞軍事マニアコスプレスポットと化しており、中にはナチスのコスプレなどいささか不謹慎なコスプレもみられる。
特に終戦記念日あたりにもなれば通常の参拝客に加えて、プロ市民団体・右翼団体・左翼団体・ニセ右翼・サヨク・宗教団体・ユーチューバー等のネットパフォーマー・参拝に来る政治家目当てのマスコミその他諸々が入り乱れ、時に乱闘騒ぎが起こることもままある。

さらに近年は神社に放尿放火といった悪質な嫌がらせを行って在日韓国人在日朝鮮人逮捕される事件も発生しており、問題視されている。

死者の眠る神聖な場所である、参拝の際には敬意とマナーを忘れずに。

関連タグ

神道 神社
明治維新 大東亜戦争
人神 日本文化
ラダ・ビノード・パール

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「靖国神社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19085

コメント