ピクシブ百科事典

A級戦犯

えーきゅうせんぱん

犯罪の中で一番罪が重いもの・・・と誤認されているもの。現在の慣用句的使われかたとしては、一番重い罪を犯した者ということになっている。

過去における実際の「A級戦犯」

第二次世界大戦で日本はポツダム宣言を受け入れて、降伏しているが、その条件に「戦争犯罪人に対する処罰」が明記されており、これに基づいて戦後東京で開かれたのが「東京裁判」で、A級の他にB級、C級と分かれたが、A級とは「平和に対する罪」を犯した者を対象としたが、明らかな事後法であり、「法の不遡及原則」(新しい犯罪を罰する法律を成立した以前にその犯罪を犯した者は裁かない)に反するのではないか、とも言われたが、結局東條英機以下28名が起訴されそのうち7名が死刑となっている。

ちなみにBC級戦犯とはBが「通例の戦争犯罪」、Cは「人道に対する罪」で裁かれた者であり、犯罪の類型によって分けられたものであり、ABCの間で罪の重さの上下関係は存在しないのだが、ただA級戦犯に連なった人間はいずれも軍事、政治、経済の中心にいた人物ばかりであるため、イメージとして一番上になりやすい素地があった。
しかし、実はこれはそう思わせるために戦後使用された表記であり、実際は「abc」と小文字での表記が正確な表記である。

  • A級戦犯×⇒a級戦犯○
  • B級戦犯×⇒b級戦犯○
  • C級戦犯×⇒c級戦犯○


慣用句的表現としての「A級戦犯」

今日の日本ではでは五輪やプロ野球、サッカーなどのスポーツなどの試合で、敗因の要員となった選手や監督、コーチをつるし上げる意味合いで「A級戦犯」と使われることが多いが、これは本来の使われ方とは異なるものであることは留意されたい

pixivに投稿された作品 pixivで「A級戦犯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8386

コメント