ピクシブ百科事典

日本軍朝鮮人兵士

にほんぐんちょうせんじんへいし

日本軍朝鮮人兵士とは、日本軍に所属していた朝鮮人の軍人・軍属のこと。
目次[非表示]

概要

日韓併合により、日本保護国であった大韓帝国が日本の領土とされた後、日本軍志願兵として入隊した朝鮮人の兵士(軍人軍属)のことである。「朝鮮人日本兵」とも呼ばれる。
彼らは主に第二次世界大戦において、日本人と共に連合軍と戦った。
中には将校まで上り詰め、洪思翊(ホン・サイク)や金錫源(キム・ソグォン)、李王朝の末裔で日韓併合後は準皇族とされた李王家の李鍝殿下などのように、将軍の地位についていた人物もいたほどで、その多くは朝鮮半島におり、領土の守備にあたっていた。

経緯

1910年に創設された憲兵補助員制度において、最初に日本陸軍朝鮮人の大量採用が行われ、憲兵補助員は陸軍の一等卒・二等卒に相当する軍属とみなされていた。
9年後に制度が廃止されると、憲兵補助員たちは朝鮮総督府警察警察官へと転官され、朝鮮半島における犯罪を取り締まった。

当初、朝鮮人で日本軍人となれたのは、陸軍士官学校を卒業して士官に任官した者や、旧大韓帝国軍から朝鮮軍人として日本陸軍に転籍した者に限られていたが、1938年に陸軍特別志願兵制度、5年後の1943年に海軍特別志願兵制度が導入され、朝鮮人が一般の兵卒として陸海軍に入隊することができるようになり、1944年からは国家存亡の危機に伴い徴兵も行われた。

しかし、海軍兵学校海軍機関学校などの日本海軍の士官養成諸学校は、終始朝鮮人の入校を認めなかった。

ちなみに、日本においては統治下で軍務に関係する職業に就き、戦いで命を落とし戦没者となった朝鮮半島出身者のうち、朝鮮人兵士を含む約2万1000人は、靖国神社に合祀されており、日本と朝鮮半島の双方に尽くした英雄として祀られている。

韓国においても戦後に大韓民国軍に転籍した者もいたが、その多くは親日派の売国奴というレッテルを貼られ、政府・国民の双方から迫害の対象にされ、彼らの親族や子孫も不遇な扱いを受けているという。

主な日本軍朝鮮人兵士


関連タグ

日本軍 兵士
軍人 軍属 日本兵
朝鮮人 朝鮮半島
韓国 韓国人

コメント