ピクシブ百科事典

仮面ライダーナイト

かめんらいだーないと

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人である。
目次[非表示]

「大切なものがあるなら!…どんな犠牲を払ってもそいつを守ればいい。それが人間じゃないのか?」

声:松田悟志

概要

秋山蓮変身する仮面ライダー
基本カラーはに近い紺色。仮面の奥には青い目がある。
名前が示す通り、剣術を駆使した戦闘を得意としている。
変身ポーズ仮面ライダー2号こと一文字隼人のオマージュ。

召喚機は翼召剣(よくしょうけん)ダークバイザー
左腰に下げている剣型の召喚機。アドベントカードをベントインする際には、バイザーのを展開、柄の中にカードを装填する。無論、武器としても使える。
後に手塚から託された「SURVIVE -疾風-」を使ってナイトサバイブへとパワーアップする。

ファイナルベントは、ウイングランサーを芯にマントドリル状に変形させて突撃する「飛翔斬(ひしょうざん)」。

なお、アゴのデザインは初代仮面ライダーのクラッシャー(アゴ)がモチーフ。

総合スペックは龍騎に比べると一回り劣っているが、変身者である蓮がライダーバトルにおいてかなりのベテランであり龍騎より戦闘経験が長い事(真司がライダーとの戦いを拒んでいる為でもあるが)から、劇中では龍騎や他のライダーを度々苦戦させる場面が多かった。
因みに、設定上はパンチ一発で鉄板をぶち抜くほどの腕力がある(『仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル』より)。

所持カード

ソードベント
・ウイングランサーを召喚。2000AP。ソードじゃないと言うのは禁句
ソードベント
超スピードでウイングランサーを連続で突き出す連撃斬を発動。6000AP。劇中未登場。(カードイラストは敵を連続で突き刺すウイングランサー。)
ガードベント
・ウイングウォールを召喚。3000GP。
トリックベント
・分身(シャドーイリュージョン)を作る。1000AP。
ナスティベント
・超音波で相手をかく乱する。1000AP。
アドベント
・ダークウイングを召喚。4000AP。
ファイナルベント
・飛翔斬を発動。5000AP。

契約モンスター

契約したモンスターは、闇の翼ダークウイング
コウモリ型のミラーモンスター。
ガードベントでナイトと合体し、ウイングウォールというマントになり飛行能力を与え、ソードベントで己の尾部を変化させたウイングランサーを授ける。
また、ナスティベントで超音波攻撃ソニックブレイカーを放つ。
蓮の恋人である小川恵里を狙っているが、一方で連とは忠義に近い関係を築いている複雑な間柄。
鳴き声がちょっと可愛い。

仮面ライダーナイトサバイブ

ナイトサバイブ


ナイトの最終形態。該当項目参照。

龍騎以降での活躍

仮面ライダーディケイド

龍騎の世界』のジャーナリスト・羽黒レンが変身する。

超スーパーヒーロー大戦

G3ガタックゾルダと共にゴーカイレッドに挑みかかるが、纏めて返り討ちにされ消滅した。

RIDER TIME 龍騎

仮面ライダージオウのスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』にも登場する事が判明。変身者は秋山蓮。

DRAGON KNIGHT

名称は仮面ライダーウイングナイト
ベンタラ人のレンが変身。24歳。
吹き替えを演じたのは原作で秋山蓮を演じた松田悟志御本人。

ゲーム作品

ガンバライジング

龍騎と共に2弾より参戦。
参戦以来低レア止まりであったが、バッチリカイガン2弾より待望の高レア化(しかもLR)を果たした。更に表技が『シャドーイリュージョン(トリックベント)』とバースト必殺技が『飛翔斬』と至れり尽くせりである。因みに肝心の主人公の方は同弾でもSR止まりなのを差し置いて、龍騎からは王蛇に続いてのLR化である。更にND5弾の『フルフルスロットルキャンペーンカード』のように表アビは剣アイコンに止めた時にAPとテクニカルゲージを同時に増強できる優秀なアビ持ちである。
ボトルマッチ2弾にて強化形態のサバイブも参戦となりそれに伴い松田氏のボイスに差し替えられた。

バトライド・ウォーシリーズ

初代と『2』ではNPC、ボス、アシストキャラ。
創生』よりプレイアブルキャラクターとして参戦。
必殺技使用時に作中と同じくカードを使用するモーションがあるが、通常攻撃と絡めることで隙をキャンセル出来る。複数のタイプを持つソードベントやダークウイングによる滑空能力を活かした連続技が強力。超必殺技でサバイブへ変身する。

関連項目

仮面ライダー龍騎
秋山蓮
2号ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496437

コメント