ピクシブ百科事典

仮面ライダーナイト

かめんらいだーないと

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人である。
目次[非表示]

「大切なものがあるなら!…どんな犠牲を払ってもそいつを守ればいい。それが人間じゃないのか?」

CV:松田悟志
スーツアクター:伊藤慎岡元次郎(ベルデ擬態/テレビスペシャル)

概要

秋山蓮変身する仮面ライダー。基本カラーはに近い紺色。仮面「ソリッドフェイスシールド」の奥には青い目「ブルーアイ」が存在している。
「騎士」を意味する名が示す通り、ダークバイザーを用いた剣術やウイングランサーを用いた槍術による白兵戦を主体とするが、分身や超音波などを使ったトリッキーな戦法も得意とする。

召喚機は翼召剣(よくしょうけん)ダークバイザー。剣型の召喚機で、普段は左腰に提げている。
アドベントカードをベントインする際は、バイザーの柄部分にあるを展開し、その中にカードを装填する。無論、通常武器としても使用可能。
後に手塚海之から託された疾風のサバイブカードを使い、ナイトサバイブへのパワーアップが可能になった。

変身ポーズ仮面ライダー2号こと一文字隼人のオマージュ。また、アゴのデザインも仮面ライダー1号のクラッシャーがモチーフとなっている。

スペック

身長195cm
体重95kg
パンチ力200AP(10t)
キック力300AP(15t)
ジャンプ力ひと跳び40m
走力100mを4.5秒 (時速80km)

総合スペックは龍騎に比べると一回り劣っているが、変身者である蓮がライダーバトルにおいてかなりのベテランであり、龍騎より戦闘経験が長い事(龍騎=城戸真司がライダーとの戦いを拒んでいる為でもあるが)から、劇中では龍騎や他のライダーを度々追い詰めている。
ちなみに設定上はパンチ一発で鉄板をぶち抜くほどの腕力がある(『仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル』より)。

所持アドベントカード

【バトルスピリッツ】仮面ライダーナイト


ダークウイングの尾を模した馬上槍型の大剣「ウイングランサー」を召喚。2000AP。「剣(ソード)じゃなくて槍(ランス)だろ」というツッコミは禁句。

超スピードでウイングランサーを連続で突き出す「連撃斬」を発動。6000APとFVよりも威力が高い。
劇中未登場(カードイラストは敵を連続で突き刺すウイングランサー)で、テレビマガジンデラックス『仮面ライダー龍騎ひみつ超百科』に掲載されているカードだが、アドベントカードアーカイブスやCSMに収録もされず、公式の仮面ライダー図鑑では存在しない扱いとなっている。

ナイト


ダークウイングをマント「ウイングウォール」に変えて装着。3000GP。
体の一部を模した武装を与えるのではなく、契約モンスター自身がライダーの武装(この場合は防具が正確)になるという珍しいカード。

  • トリックベント

トリックベント


スーツアクター:高岩成二押川善文岡元次郎水谷健藤榮史哉永瀬尚希
分身技「シャドーイリュージョン」を発動。1000AP。
分身はそれぞれが実体を持ち、攻撃やアドベントカードの使用も可能。一方、ゾルダとの初戦では銃撃を受けても分身はのけぞらないという性質を利用され、本体を看破されてしまった。

  • ナスティベント
ダークウイングが発する超音波ソニックブレイカー」で相手を撹乱する。1000AP。

  • アドベント
ダークウイングを召喚。4000AP。

飛翔斬


必殺技「飛翔斬」を発動。5000AP。
上空でウイングランサーを構えたままウイングウォールで全身をドリル状に包み込み、敵目掛けて急降下突撃を仕掛ける。

契約モンスター

仮面ライダーナイト×ダークウィング


闇の翼 ダークウイングコウモリ型のミラーモンスター
ナイトと合体して飛行能力を与える他、ガードベントファイナルベントではウイングウォールというマントになりナイトを守る。ソードベントでは己の尾部を模したウイングランサーを授け、ナスティベントでは超音波攻撃を行う。
蓮の恋人である小川恵里を狙う一方で、蓮とは忠義に近い関係を築いている複雑な間柄となっている。その信頼の厚さは、アドベントを使わずとも名前さえ呼べばすぐさま主の許へと駆けつけるほど。


仮面ライダーナイトサバイブ

ナイトサバイブ


ナイトの最終形態。該当項目参照。

龍騎以降での活躍

仮面ライダーディケイド

龍騎の世界』のジャーナリスト・羽黒レンが変身する。

スーパーヒーロー大戦

仮面ライダーG3仮面ライダーガタック仮面ライダーゾルダと共にゴーカイレッドに挑みかかるが、纏めて返り討ちにされ消滅した。

超スーパーヒーロー大戦

「チーム飛行」の青枠として参加している。

RIDER TIME 龍騎

仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』にも登場。変身者は本家と同じく秋山蓮。

仮面ライダージオウ

第29話で仮面ライダーディエンドによって仮面ライダーバロンと共に召喚され、仮面ライダーウォズフューチャーリングキカイと対決。ディエンドが逃走する際にウォズの足止めを担った。

対峙したウォズがジカンデスピア・ヤリ(槍)モードを使用していた事から、バロン共々同じ槍使いライダー繋がりで召喚されたものと思われる。
(また、バロンとは同じ2号ライダーにして騎士モチーフのライダーという共通点も存在する。)

DRAGON KNIGHT

名称は仮面ライダーウイングナイト
ベンタラ人のレンが変身。24歳。
吹き替えを演じたのは、原典で秋山蓮を演じた松田悟志氏御本人。

ゲーム作品

ガンバライジング

龍騎と共に2弾より参戦。
参戦以来低レア止まりであったが、バッチリカイガン2弾より待望の高レア化(しかもLR)を果たした。更に表技が『シャドーイリュージョン(トリックベント)』でバースト必殺技が『飛翔斬』と至れり尽くせりである。因みに肝心の主人公の方は同弾でもSR止まりなのを差し置いて、龍騎からは王蛇に続いてのLR化である。更にND5弾の『フルフルスロットルキャンペーンカード』は、剣アイコンに止めた時にAPとテクニカルゲージを同時に増強できる優秀な表アビリティを持つ。
ボトルマッチ2弾にてサバイブ形態も参戦し、それに伴い松田氏のボイスに差し替えられた。

バトライド・ウォーシリーズ

初代と『2』ではNPC、ボス、アシストキャラ。
創生』よりプレイアブルとして参戦。
必殺技使用時に作中と同じくカードを使用するモーションがあるが、通常攻撃と絡めることで隙をキャンセルできる。複数のタイプを持つソードベントやダークウイングによる滑空能力を活かした連続技が強力。
超必殺技でサバイブへと変身する。

関連項目

仮面ライダー龍騎
13RIDERS RIDER_TIME_龍騎 龍騎の世界
ナイトサバイブ ダークウイング 飛翔斬 仮面ライダーウイングナイト
秋山蓮 羽黒レン 城戸真司
サブライダー 13ライダー
平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧

仮面ライダーバロン 仮面ライダーブレイブ:同じく準主役で、騎士の鎧がモチーフ。色はどちらかというと龍騎に近いが。

2号ライダー
G3ナイトカイザ

0号ライダー
クウガ・プロトタイプナイトデルタ

○号ライダー
龍騎(1号) → ナイト(2号) → ゾルダ(3号)

関連記事

親記事

13ライダー じゅうさんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719621

コメント