ピクシブ百科事典

目次[非表示]

仮面ライダー龍騎のネタバレを含みます。

概要

ミラーワールドに生息するモンスターの総称。

人間の生命や他のミラーモンスターのエネルギーを主食とする。しかし、ミラーワールドの外では長時間生きていくことは出来ない為、狩りの時だけ現実世界に現れたり、何らかの手段で獲物の方をミラーワールドに引きずり込んだりして捕食する。
その正体は幼い神崎優衣士郎が「自分たちを守ってくれる強い存在」として描いたモンスターの絵が実体化したもの。

主に野生動物をモチーフとしているが、鳳凰などといった架空の生物をモデルにした者や、マグナギガやワイルドボーダーのように最早原形をとどめていない者までさまざま。
共通する特徴としてはメカニカルな外観と原色系の鮮やかな体色が挙げられる。

士郎に選ばれた人間はミラーモンスターと契約することで仮面ライダーとなり、他のライダーやモンスターと戦うことが出来る。
ただし、人間と意思疎通できる能力は恐らく持っておらず、契約者である仮面ライダーとの関係に特殊性は無い。
本編でも秋山蓮が「もしモンスターに意思があるのなら」という旨の発言をしている。
よって、契約とは基本的に、忠誠や愛情等の介在するような関係では無く、デッキの破損やカードの喪失が起こると契約破棄となり、捕食の対象に戻ってしまう。
また長期に渡り「エサ」を与えなかった場合も、飢えたモンスターの反逆にあい、同様の事態になる恐れがある。

しかし、ガイの契約モンスター・メタルゲラスは、契約主である芝浦淳浅倉威に殺された際、激しい敵意を抱き復讐しようとしていたし、同様にライアの契約モンスターエビルダイバーも浅倉を敵と認識していたと思しき描写がある。また、ドラグレッダーは龍騎のピンチに(アドベント=召喚のカードに関係なく)現れて助けたり、一旦浅倉に牙を剥いたベノスネーカーが彼の一言で大人しく引き下がったりと、一概に感情は皆無とも言い切れない面もある。

なお、放送当時のヒーローショーとかではしゃべっている者もいた(『仮面ライダーアギト』のアンノウンとかもそうだが)。また、『鬼ヶ島の戦艦』に登場するオニ一族に飼い慣らされたゲルニュートは日本語を喋っている。

平成ライダーの怪人(全く人型ではない種族もいるので、文字通りモンスター怪獣に近いが)には珍しく名前の共通する法則がない(他の作品ではモチーフ+分類・種族名になることが多い)ただし、モチーフ毎にある程度の法則はある(竜型→ドラグ+色、ハチ型→バズスティンガー ○○等)。
なお、劇中では単に「モンスター」と呼称され、本放送当時の関連書籍等でもそれに倣い、「ミラーモンスター」と表記される例は少なかった(玩具のソフトビニール人形など1部の媒体で使用されていた程度)。
現在は「ミラーモンスター」が正式な名称として定着している。

最後は士郎が運命を書き換えたことで神崎兄妹が強くて恐ろしいモンスターの絵を描かないようになり、全てのミラーモンスターが消滅した。

シリーズ初、明確な悪組織が存在せず、何らかの目的を持って行動していた従来ライダーシリーズの「怪人」とは異なり、知性を持たず本能のままに行動する「怪物」であることが特色であるとも言えよう(後の魔化魍にも言えることだが)。

関連作品

小説仮面ライダー龍騎においてはミラーモンスターは契約者以外の現実世界の人間に干渉できず(すなわち、悪の怪人にもかかわらず現実世界に殆どと言っていいほど害がない)、よりライダー同士の内輪もめという一面が強調されていた。

仮面ライダーディケイド』の龍騎の世界では、契約モンスター以外のミラーモンスターはすべて絶滅しているという設定になっていた(※ただしガルドサンダーが登場しているなどの矛盾点がある)。
また、第1話では魔化魍を捕食していたり、逆に捕食されたりしていた。
おそらく生き物は捕食できれば何でもいいようだ。

大ショッカーが出現してからは、彼らに何体かのミラーモンスターが使役される描写があった。

レッツゴー仮面ライダー』では、改変された世界にて、ガルドストームを始めとする数体のミラーモンスターがショッカーの戦力として登場した。
ただし、全てのミラーモンスターが、そして神崎兄妹がショッカーに従っているのかは不明。

仮面ライダージオウ』では、オーマジオウが龍騎のライドウォッチでドラグレッダーを召喚するシーンがある。
また、終盤では龍騎のライドウォッチが壊れた事で龍騎の歴史が解放され、それに伴い一部の契約モンスターやハイドラグーンなどのミラーモンスターが大量に出現した。
RIDER TIME 龍騎』でも、契約モンスターや一部の野生のミラーモンスター達が登場している。

契約モンスター

龍騎ドラグレッダードラグランザー
ナイトダークウイングダークレイダー
シザースボルキャンサー
ゾルダマグナギガ
ライアエビルダイバー
ガイメタルゲラス
王蛇ベノスネーカー(メタルゲラス・エビルダイバー・ジェノサイダー
タイガデストワイルダー
インペラーギガゼール
ベルデバイオグリーザ
ファムブランウイング
リュウガドラグブラッカー
オーディンゴルトフェニックス
オルタナティブオルタナティブ・ゼロサイコローグ
ブレイド(※1)ガルドサンダー
アビス(※2)アビスラッシャーアビスハンマーアビソドン

※1「宇宙船」の「妄想戯画」に登場。
※2「仮面ライダーディケイド」に登場。

レイヨウ型モンスター

メガゼール
ネガゼール
マガゼール
オメガゼール
・イガゼール(設定画のみ存在)
・ベガゼール(設定画のみ存在)

野生モンスター

ディスパイダー→ディスパイダー リ・ボーン
ゼブラスカル(アイアン、ブロンズ)
ワイルドボーダーシールドボーダー
ゼノバイターテラバイター
デッドリマー
バクラーケンウィスクラーケン
ゲルニュート
アビスハンマーアビスラッシャー
ソノラブーマ
バズスティンガー(ホーネット、ワスプ、ビー、ブルーム、フロスト)
ブロバジェル
レスパイダーミスパイダーソロスパイダー
シアゴーストレイドラグーンハイドラグーン

神崎士郎に仕えるモンスター

ガルドサンダー
ガルドストーム
ガルドミラージュ

本編未登場のモンスター

ジェノサバイバーHERO SAGA
・ベノヴァイパー(HERO SAGA)
・ブラックドラグランザー(HERO SAGA)
・エクソダイバー(妄想戯画)

小説版登場のモンスター

蛾のミラーモンスター(名称不明)

番外個体

鏡像の城戸真司/仮面ライダーリュウガアナザーリュウガ
鏡像の常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)

余談

放送当時小学館から発売されていた『仮面ライダー龍騎 超全集上巻』の段階では、ドラグレッダーの頭脳にAIが搭載されている設定が明かされたりと、初期の作品では機械生命体ないしは機械の要素を組み込んだモンスターという設定だったようである。

また、実は現在知られているミラーモンスターはほんの一握りに過ぎず、神崎兄妹が幼少期に描いた絵の数がそれを示唆しており、超全集や劇中で確認できる例をあげると…

などなど劇中に出なかったものでも相当な数である。登場できなかった理由は無論大人の事情によるものなのだが、龍騎の物語はループしている為、どこかの時間軸でライダーと契約していたり、倒されたりしていたのかもしれない。

DRAGON KNIGHT版設定

本作では鏡の向こう側に存在する反地球のようなパラレルワールドベンタラに住む存在として登場。
当然仮面ライダーと契約して使役されたモンスターが登場する他、敵の首領であるゼイビアックス将軍が数多くの個体を使役している。
ゼイビアックス将軍はある目的のために地球上から全人類を一気に転送する装置を製作しており、それに必要な地球人のDNAサンプルを集めるために配下のミラーモンスターに地球人の拉致を命じている。

本作ではミラーモンスターが人間を襲うのは他者の命令を受けている場合のみであり、仮面ライダーとの契約から解放されたりしたモンスターは人間を捕食することなくただベンタラを彷徨うだけとされている(ただし、後日談となる小説ではゼイビアックス将軍配下のミラーモンスターが彼の死により統率を失い、人間を捕食して増殖しているという設定になっている)。
また、原典では怪人の1種類という扱いだったゲルニュートがレッド・ミニオンという名前で戦闘員ポジションとして大量に登場しており、終盤ではホワイト・ミニオン(シアゴースト)→ブルー・ミニオン(レイドラグーン)と成長している。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 ライダー怪人
大ショッカー スーパーショッカー 鬼ヶ島の戦艦

アンノウン← ミラーモンスター →オルフェノク

関連イラスト

神崎兄妹の描いた絵(模写)5枚

関連記事

親記事

ミラーワールド みらーわーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラーモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 881976

コメント