ピクシブ百科事典

芝浦淳

しばうらじゅん

仮面ライダー龍騎の登場人物。仮面ライダーガイに変身する。
目次[非表示]

演:一條俊

「だって楽しいじゃん」
「あっそう、じゃ死んでよ」

概要

明林大学経済学部2年生で、ゲームサークル「マトリックス」に所属する気弱な青年…と当初は思われていたが、実は全て演技であった。ハマったら本当に殺し合いをしてしまうゲームを製作したり、それをプレイして殺し合うサークル仲間を影から見て楽しんだりと本性は残忍かつ凶悪。
父親が大会社の社長で、いわゆるボンボン。そのためか我儘で自信家な一面も。父のつてで北岡秀一とも知り合い(しかし北岡は陰で芝浦を「道楽息子」と呼んでいた)。
カードデッキを手に入れるも、出生が前述の通りなので特に叶えたい願いは無く、あくまでも「ゲーム感覚」でライダーバトルに参戦した。
初登場時に龍騎を倒し、アドベントのカードを奪う(後にライアに奪取される)。その後OREジャーナルを乗っ取り、日本全体を前述のゲームで支配する拠点にしようとしたが島田奈々子に阻止され失敗。後にこの殺人ゲームのことが警察にばれ一度は捕まるも、北岡に協力を要請しすぐに釈放された。(この時北岡がカードデッキのことで質問を投げかけたことでお互いにライダーであることを知る。)
願いのために人を殺すことに抵抗を感じていた秋山蓮をおちょくりまくった上で神崎優衣をおびき出しミラーワールドにおけるライダー大乱闘を演出しようとするが、蓮や手塚真司はまだしも、自分はまともに戦ったことがない北岡と当時ライダーになったばかりだった浅倉威をも彼は完全に見くびっていた。

最期

今までの報いを受けるがごとく仮面ライダー王蛇仮面ライダーゾルダファイナルベントエンドオブワールド」に対しての盾にされ、ボロボロになりながら怒り狂って王蛇に反撃するもファイナルベント「ベノクラッシュ」で返り討ちに遭い、止めを刺された。ライダーバトルすらゲーム感覚で挑んでいた彼は皮肉にも、自分が言い放った上記の台詞を己自身で体現したと言える。

ガードベント


「お前…! オレが、ゲームを、面白くしてやったのに…!!」
近くにいたァ…お前が悪い…!!


王蛇の盾代わりにされたということから、「王蛇専用ガードベント」という情けないネタがあったりする。
ちなみにこのシーンは児童誌『たのしい幼稚園』では

龍騎「みんな! たたかいは やめるんだ!」
王蛇「くくく…まず おまえから しんでもらおうか。」
ゾルダ「みんなよけろ。 おうじゃ だけは ゆるせない。」
地の文『ゾルダは おうじゃに ファイナルベントを あびせるつもりだぞ。』
王蛇「へん ばかめが。 やれる もんなら やってみろ。」グイッ
ガイ「なにっ!?」
ゾルダ「エンドオブワールド!」
王蛇「おまえが くらえーっ!」
ガイ「ギャーッ!」
地の文『ガイは、おうじゃの たてがわりに されて しんだ。』
龍騎「なんて やつだ!」
王蛇「はっはっは、ゆかいだぜ。
地の文『おうじゃは、ガイの モンスターを てにいれた。 いったい、なにを たくらんで いるんだ?』

とより情けなく表現されている。
ちなみにこのゾルダの太字の台詞は「あまり北岡が言いそうに無いセリフ」ということもあり、よく改変でネタにされている。

なお、芝浦に忠誠心を見せていた契約モンスターのメタルゲラスも、後に王蛇の契約モンスターにされてしまっている。

TVSP・スピンオフでの芝浦淳

TVSP

昼間から女子数人を侍らせゲームセンターで遊ぶなど本編以上にドラ息子な振る舞いを見せ、戦いを止めようと説得する真司をバカにしていた。高見沢逸郎の子分的な存在で、共に龍騎を襲った。しかしベルデが斃された後、それぞれ変身を解除した真司と蓮に襲い掛かろうとしたところをディスパイダーに襲われ、抵抗するもあっけなく捕食されてしまった

RIDER TIME 龍騎

「殺し合うなんて、すっごい愛情表現じゃない?」
「どこに隠れてる!? 手塚ァ! 俺の愛を受け取ってくれよ…そうすればあんたは、俺だけのものになる! そうだろう! ヒャハハハァ!!」

仮面ライダージオウのスピンオフ作品『RIDER_TIME_龍騎』にも登場する事が判明。芝浦が映像作品に登場するのは実に17年ぶりとなる。
原典とは別の人物が変身した仮面ライダーシザース仮面ライダータイガとチームを組んで行動している。
言葉遣いは年相応になっているものの、頭が切れ、人の命を軽んじる冷酷かつ狡猾な性格や、人を喰ったような不遜な態度は相変わらずな様子。

EPISODE1の最後で手塚海之こと仮面ライダーライアとの協力関係が示唆されていたが、EPISODE2の劇中にて手塚と肉体関係を築いていることが発覚。
しかも本人は上述上段にもある「殺し合う事が最高の愛情表現」という独自の理論を宣い、その後鏡の真司の唆しによって手塚から反旗を翻されると、彼の裏切りに怒りながらもどこか悠々とした様子で戦いを繰り広げ、激戦の果てにライアを撃破。
さらに満身創痍となって逃亡した手塚を、上述の台詞(下段)を叫び狂ったように笑いながら自分の愛欲を満たすために探すなど、原典とはまた違う意味で危ない人間性を十二分に見せつけた。

するとそこへ、本物の真司と一体化した鏡の真司が出現。
鏡の真司は手塚の死を伝えると同時に「代わりに俺が愛してやるよ」と不敵な笑みを浮かべながら宣戦布告し、明らかに今までと様子が違う彼の態度を訝しげながらもそのまま戦闘に突入する。しかし鏡の真司が変身した仮面ライダーリュウガには敵わず、ほぼ一方的に圧倒された末にドラゴンライダーキックで撃破され敗北。倒れたところをリュウガに足踏みにされ、断末魔を挙げながら消滅していった。
その最期は動きを拘束された挙句、岡元次郎氏がスーツアクターを務めたライダーにトドメを刺されるという、TV本編とTVSPを折衷させたような末路であった。

備考

変身前は細身だが、変身するとがっしり体型になる。これと同じ現象が浅倉にも起こっている。

本編・TVSPでもガイの姿で最期を遂げており、ライダーに変身した状態で2回死亡しているのは芝浦のみである。そんな彼も「RIDER TIME」において初めて変身解除され、生身の姿で死亡する事となる。
また、本編にTVSPと幾度となく真司を苦しめてきた芝浦だったが、同作において初めて(鏡側の方とはいえ)真司の手で引導を渡される形となった。

なお、芝浦を演じる一條氏は『RIDER TIME 龍騎』の撮影をきっかけに龍騎本編を一通り見返した他、この時にネットで調べた事で初めてガードベントネタを知ったらしい。

『RIDER TIME 龍騎』の脚本を担当した井上敏樹氏は、放送前から「地上波ではできないぐらいのディープな世界」と評していたが、EPISODE2が公開された後、視聴者からは「そりゃできないわ!」「ディープどころの話じゃねぇ!」「想像していた物の斜め上をきた」とツッコミの声が相次ぎ、ネット上では早くも「芝浦×手塚のユナイトベント」「仮面ライダーゲイ」等とネタにされる事となった。
真司役の須賀貴匡氏も放送前のインタビューにおいて「『これって仮面ライダーでやって大丈夫か?!』って思うような“衝撃的”なシーンがある」と示唆していたが、これも恐らくは上記の場面の事を示していると思われる。

ちなみに演者の一條氏のブログによれば、息子は父親がやられてしまうEPISODE2は見るのが辛く、そこだけ飛ばそうとするらしい。一方で娘の方は「ゲラゲラ笑いながら「お父ちゃんが踏み潰されるところ面白い!!」と最後のシーンしか見ません(笑)」とのこと。娘さんに芝浦の遺伝子が受け継がれているのかもしれない………と思いきやその娘曰く「ガイは一本角がダサい 」らしい(一條氏曰く「そこがカッコいいのに(笑)」)。とことん辛辣である。

ちなみに息子、娘共に芝浦と手塚の”あのシーン”については触れていないものの、自分の父親のあんな場面を観せられた心境は如何なものであったのだろうか……?

関連タグ

仮面ライダー龍騎 仮面ライダーガイ
仮面ライダーナイト 仮面ライダーゾルダ 仮面ライダー王蛇
仮面ライダーライア 仮面ライダーベルデ 仮面ライダーリュウガ
サイコパス 吐き気を催す邪悪(特撮系)クレイジーサイコホモ

檀黎斗/仮面ライダーゲンム…同じライダーバトルを主とした作品で、殺人に通じるゲームを開発、父親大企業の社長と共通している。

関連記事

親記事

仮面ライダーガイ かめんらいだーがい

pixivに投稿された作品 pixivで「芝浦淳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46880

コメント