ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ちょうどいいや、俺の腕見せますよ! 俺強いんですから!」

演:日向崇

概要

仮面ライダー龍騎の登場人物の1人にして、13人の仮面ライダーの1人仮面ライダーインペラーに変身する青年。年齢21歳。

定職を持たないフリーターで地下駐車場の警備員として働いていたが、実は大企業「佐野商事」の御曹司。2年前、父親から何らかの理由で勘当されていた(世間を体験してほしかったから勘当されたとされるが、あくまで役員たちがそう言い張っているだけのため真偽は不明)。
それ故に現在の状況に不満を抱いており、バイトも続かず、彼女にも振られて死にたいような毎日を送っていたところ、神崎士郎にデッキを渡される。「大金持ちになって贅沢三昧する」という子供にも大変わかりやすい夢を叶える為にライダーバトルに身を投じた。

お調子者でお世辞を言うのが得意だが、警備員時代に高級車に乗った金持ちにおべっかを使って媚を売りチップをせしめる事もしばしばあるなど、上記の理由から金の亡者的一面も持っている。ライダーとしての力も金儲けに使うことか考えていなかった為に、契約をねだり金次第で相手に付く傭兵のような事を行っていた。

こうなると、単なる太鼓持ちのお金に強い執着心を持つ強欲な奴っぽいが、心を許した人間には優しい一面も覗かせる事もあり、良い意味でも悪い意味でも他のライダーたちとは違った人間臭く庶民的な人物でもある。

当初は、金儲け兼ライダーバトルに楽して勝ち残るために自身の他のライダーたちに売り込もうと真司たちや香川教授に対して自分を売り込み、報酬を得んと接触。

その後は真司達側に付くも、香川達に寝返り(いっそ気持ちのいいぐらいの掌返しである)、神崎優衣の命を狙い龍騎を攻撃する。
香川教授の死後は、平気で元の鞘に収まろうとした事で真司の逆鱗に触れて追い返されてしまう。悲惨な状況を打破しようと躍起になり、北岡よりによって浅倉にまで取り入ろうとするも失敗。しかしそれが縁で、浅倉たちに重傷を負わされた東條に出会う。
何かに利用できるかもと、負傷した彼を自宅に招いて介抱。次第に本来の優しい性格を見せ始め、彼への友情を抱き始める事となるが…。

ガラスの幸福

その直後、父親が死亡したとの連絡を受けて父の会社に出向いた佐野だが、役員たちから意外な事実を聞かされる。彼ら曰く、父は佐野を次期社長にすることも考えた上で勘当しており、父が死んだ今、次期社長の椅子は佐野のものであるとのこと。
次期社長としての生活が始まり、さらには心優しい女性・百合絵との縁談の話も持ち上がるなど(しかも結構な美人だったこともあって即意気投合していた)、佐野にはライダーバトルの決着を待たずして思わぬ幸福が舞い込む事に。

願いが叶って戦いを続ける必要が無くなったため、戦いから降りようとデッキを士郎に返そうとしたが士郎がそれを許す筈もなく、逆に契約を破棄すると血に飢えた契約モンスターギガゼール率いるゼール軍団に命を狙われると脅されてしまう。
せっかく手に入れた幸福を手放すまいと金で真司たちを買収して味方に付けようとするが、日ごろの行いや利己的な振る舞いが祟って一蹴されるなどしたため、望まぬまま戦いに身を投じる泥沼に嵌まってしまう羽目に…。

さらには東條と友情を育んでいた事で、「大事な人を殺害することで英雄になれるかも」と考えるようになっていた彼からも命を狙われる羽目となってしまう(佐野から切り捨てられる前に切り捨てた可能性もある。なお、橋の繋ぎ目がインペラーとタイガを分かつ境界線になっているという小ネタになっていたりする。一線を越えるとは正にこの事か)。
そのせいで東條に重傷を負わされ、(龍騎に助けられたこともあり)なんとかその場から逃げ出すことに成功するも逃亡中、よりにもよって最凶最悪のライダーキラーである浅倉=仮面ライダー王蛇に遭遇してしまう。
そして…

みんなのトラウマ

王蛇の放ったファイナルベントベノクラッシュ』の直撃でカードデッキを破壊された彼は、現実世界へと戻れなくなってしまう。
豪雨が降りしきる中、鏡越しに映った自らの帰りを待つ百合絵の名前とミラーワールドからの生還を叫び続けながら(当然、現実世界の百合絵にはその声は届かない)時間切れにより霞となって消滅するという最期を迎えた。ベノクラッシュの直撃で爆死していればどれだけマシだっただろうか。

確かに、後に彼の死を新聞の行方不明事件の記事で知った真司の「あの時相談に乗ってやれば…」との呟きに対して「自業自得だ」とが切り捨てたように、ライダーバトル自体を楽して自身の幸福を得る手段だと勘違いした事や、金の為に他人に媚びを売り続け、裏切りや買収行為を繰り返した挙句、優衣の命まで踏みにじろうとした彼には相応しい因果応報な最期だったかもしれない。

しかし、見方を変えれば、彼の願っていた事は一般庶民が誰でも抱えている小さな幸福である。
決して褒められた人物ではない事は確かだが、彼の後半の行動原理は「一度どん底に陥って、やっと手にした幸福を手放したくない」という同じ立場なら誰もがとったであろう行動であり、「因果応報ではあっても、あそこまで惨い末路を遂げなければならないほどだったのか?」という事とも相まって、ただ一方的に彼を責める事ができる人はあまりいないであろう……。
また上述の東條への対応に加え、須藤のようにライダーバトルとは無関係な人間を契約モンスターに食わせるなどの非道は行っておらず、そういった人並みの善性を持ち合わせていたのも確かである。
彼が最期を迎えるシーンは、演じる日向氏の名演も手伝って多くの視聴者が後味の悪い何とも言えない空気に包まれるだけではなく、特撮界におけるみんなのトラウマとなった。

東條はかなりの危険人物であり、タイガのモチーフが肉食動物、インペラーのモチーフが草食動物であった事を併せて考えると彼に気を許したのが運の尽きだったと言える。悪く言えば、人を見る目が無かったという事なのだが、逆を言えばそんな東條の身の上を聞き、歩み寄ろうとしていた事は事実なので、そこが彼の良いところだったとも言える訳である。

なお、百合絵自身は佐野が百合絵を襲ってきたミラーモンスター(満自身が幸せを手に入れた後、中々戦おうとしなかったために苛立ち餓えたガゼル軍団の一体が襲いかかって来たというのが真相だが)から彼女を護るためにインペラ―に変身した事を目撃したこともあってか、純粋に彼に対して好意を抱いていた模様。
佐野が愛するものを護る真の意味での「仮面ライダー(騎士)」になろうとしていた時には、皮肉にも自分の死の直前であった。
土砂降りの中、百合絵はもうこの世にいない彼の帰りをいつまでも待ち続けるのだった…

百合絵さん!百合絵さん!!出してくれ…出してくれェッ!

出してくれ…出してくれェッ!!百合絵さん!百合絵さん!!!出してくれェッ!!

百合絵さん!百合絵さん!!百合絵さぁん!!百合絵さん!出してくれっ!出してくれよぉっ‼

俺は帰らなくちゃいけないんだ、俺の世界に!!

!!……嫌だ……いやだァッ!!出してくれ……出してェ!!


何でこうなるんだよ……

俺は……

おれは……


幸せになりたかっただけなのに………………


余談

演じていた日向氏は、最期のシーンの撮影時はインフルエンザで40度近い高熱を出していたとの事。

実は初期の構想では、佐野は高見沢グループの御曹司であり、つまるところあの高見沢逸郎の息子という設定であった。
しかしその設定は結局没になり、第45話の新聞で彼の父親の名前は「佐野春行」、彼が継いだ企業の名前は「佐野商事」である事が明かされている。

百合絵を守るため、即ち「自分以外の誰かのために」初めて変身して戦った佐野の行動は、高見沢の「人間はみんなライダーなんだよ」という言葉を別の意味で体現したことになる。

よく誤解されがちであるが、神崎が何らかの手段を用いて契約の破棄を禁止したわけではなく、「契約を契約者の側から切ることはできない」「ライダーバトルを止めれば、契約モンスターが契約者を捕食しに来るだけ」という事実を突きつけただけである。
なので、ライダーバトルを止めれば後は僅かな余命が残るだけの北岡秀一は劇場版では戦いを降りている。当然彼はその後マグナギガに命を狙われることになるが、元々余命僅かな北岡にとっては大した問題ではない為に、この手段を採る事ができたわけである。

佐野が死ぬ話のラストでは強奪効果の「スチールベント」が映し出されていた。これが意味する所は、「佐野の幸せは、ライダーの宿命に奪われた」と言う事だと思われる(幸せをスチールベント)。
なお、スチールベントは設定上、王蛇が持っているカードである。

そして、ラストは佐野に飼われていた小鳥が鳥籠から出られないまま、主人の帰らない部屋でただ死を待つばかりという所で終わっている。

最終回の「ライダーもモンスターも存在しない世界」には、役者のスケジュールもあってか登場はしていない。しかし今度こそ幸せな生活を送っていて欲しいと願う視聴者も決して少なくはない筈である。

ただしその為には、当然ながら彼自身が本編で見せた人間性から、成長して完全に脱却する事が前提条件である。本編での金の為なら平然と人を裏切り、命すら場合によっては踏みにじる姿勢は当然ながら大問題であり、他にも自分が媚びへつらってきた相手に自分が金と権力を得た途端に、同じような姿勢で接する事を強要し、それを当然と考えるような独善的な面も見せていた。こういった部分が根本的に変わらない限りは、彼が本当の意味で成長する事も変わる事もできない。
作中でも、社長を継いだとはいえ運営経験がなく、ただ金と権力に目がくらんだ彼につけ行る事で、重役達がさりげなく会社の運営権を掌握しようとしていたと思しき台詞もあり、彼があのまま変わらなければ、仮にライダーバトルを乗り越えられたとしても、その後は重役達の傀儡に成り下がっていたであろう事は想像に難くない。

つまり、彼自身が本当の意味で成長して変わらない限りは、ライダーバトルとは関係なく彼が本当の幸せを掴む事は不可能なのである、この点については百合絵を身を挺して守るなど、作中でも成長の兆候は確かに見えていたので、自分ではない誰かの為に戦えるような男に成長した彼が、今度こそ本当の幸せに辿り着く事を願うばかりである。

関連項目

仮面ライダーインペラー みんなのトラウマ 仮面ライダー龍騎
黒い東映

音撃戦士朱鬼(仮面ライダー響鬼):同じく役者が撮影当日に高熱にやられていたライダー繋がり

火野映司:こちらも警備員のバイトをしていた者繋がり。

飛電或人:親族の死によりいきなり社長の座が転がり込んできたライダー繋がり。

関連記事

親記事

仮面ライダーインペラー かめんらいだーいんぺらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「佐野満(仮面ライダー龍騎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31136

コメント