ピクシブ百科事典

クレイジーサイコホモ

くれいじーさいこほも

読んで字の如く、病的なまでに狂っているヤンデレホモのこと。
目次[非表示]

概要

クレイジーサイコなホモのこと。
この言葉はおそらくふたばちゃんねるの二次裏・ナルトススレあたりでNARUTOの登場キャラクター・うちはマダラの性格を形容する単語として使用されていたものと推測される。
クレイジーサイコホモ」とは、常識を逸する異常なまでのを特定の同性に向けたキャラクターに対する言葉である。
ヤンホモ」とほぼ同義だが、もはや「ヤンデレ」では済ませることができない猟奇じみた行動をとるキャラクターに使われることが多い。要はヤンホモの重篤版である。

クソホモほどではないが、蔑称として十分通用する言葉でもあるため、使用する際は注意しよう。


定義

その字面が表わす通り、「クレイジー」+「サイコ(サイコパス)」+「ホモ(同性愛)」が組み合わさったようなキャラに使用される。
厳密な定義はないが、あくまで特定の相手が原因で、視聴者や作中の人物からみても狂気といえる奇行をとる人間が分類される。また、目安として次のような特徴が挙げられる。

クレイジーサイコホモと呼ばれるキャラ

うちは一族の一人にして、木の葉隠れ創始者のひとり。そしてこの言葉の全ての元凶であり代名詞的存在。
親友である千手柱間に並々ならぬ執着を見せており、柱間の肉を食いちぎり細胞を培養して自身の胸部に埋め込む、五影との戦闘中にことあるごとに柱間の話題を出す、柱間が穢土転生で復活したことを知ると満面の笑みを見せるなどの行動をとっている。
原作は健全な少年漫画であり、あくまで親友かつ生涯のライバルに向けた少し行き過ぎた友情である。

    • 主人公のうずまきナルト自体がかなりのガチホモの雰囲気を醸し出しているとも言われることも少なくない

親友の光宗と共に「人生やり直しツアー」へ参加した高校1年生。
両親の見栄につき合わされる形で鬱屈した少年時代を過ごしていたが、いじめに遭っていた光宗を救い出したことを機に「光宗は俺の言うことを聞いてさえいれば上手く行く」と考えるようになり、1対1でも常々そう言い聞かせている。
ところが、ツアーで納鳴村を訪れてから光宗が同じツアー参加者の真咲のことを気にかけるようになったことから攻撃性が顕著になり、事あるごとに真咲を貶めようとしていた。
そして、光宗が納鳴村を脱出したのを機にこはるんから讒言を吹き込まれて自身のトラウマに反応して増強されるナナキを操り、真咲を救出するため戻って来た光宗ともども抹殺しようと襲い掛かる。

デスゲームSAOにおいて直接・間接問わず多数のプレイヤーをPK=殺害してきた最低最悪のPK。
自らの奸計を尽くお釈迦にしてくるキリトを疎ましく思い、いつか嬲り殺しにしてやろうと思っている。
…かのように思われていたが、初めてキリトの殺害に失敗して以降の執着は憎悪ではなく惹かれていた事によるものであったことが判明。どれだけ苦しめても屈せず、誘惑にも汚れなかったキリトを「俺に希望と喜びを与えてくれた」「唯一、無条件に信じられる男」と認めており、「この男を自分の手で殺せれば、直後に自分を殺してもいい」とまで言い切っている。遂には正妻に対して「俺がどれほどあいつを愛しているか、あんたなら解ってくれると思ってたけどな」とまで告白する始末。
心神喪失状態に陥ったキリトと再会した際には自分以外にボロボロにされたことが許せず、彼が蘇って自分の凶行を止めに来ることを確信し、味方のはずの中韓のプレイヤーを扇動して同士討ちに持ち込んでいる。

表向きでは職務に忠実な警視庁所属の刑事。しかしその正体は、魔法少女サイト管理人・漆と繋がりを持つ協力者で、(漆曰く)頭のネジが外れた人物である。
少女達の周辺や環境の調査、ステッキの配布等、事が円滑に進むよう動くことで漆から信頼されており、総勢31つにも及ぶ大量のステッキを保有している(そのうちのひとつは穴沢虹海が所有していたパンツ型ステッキ)。
朝霧彩を調べていた頃から、彼女の兄である朝霧要に一目惚れし、要が魔法少女サイトの存在を知った上、“少女”が使わなければ意味を成さないステッキを悪用して殺人を犯したことを機に「僕は君を牢屋に入れたくない」と大量のステッキや拷問器具を保有している地下室に拉致監禁し、凌辱を行う。
しかし管理人からは魔法少女サイトの存在を知り、ステッキを悪用した要を始末するよう命じられている一方、妹を虐待し暴虐の限りを尽くしたあの要を恍惚の表情トロ顔で「ごしゅじんさま」と呼ばせるなど、見事に飼い慣らしていたが…?


関連リンク

ヤンデレ ヤンホモ クレイジーサイコレズ
言葉のいらない約束

pixivに投稿された作品 pixivで「クレイジーサイコホモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1456776

コメント