ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「しかし僕はきみを牢屋には入れたくない」
「きみは美しい…」

プロフィール

年齢28歳
誕生日8月10日(しし座)
身長181cm
体重75kg
BMI22.9
血液型AB型
出身地愛知県
趣味・特技料理、トレーニング、ボルダリング、ピアノ
長所冷静沈着、綺麗好き
好きなもの骨董品、花、美しいもの
苦手なもの虫、不潔な人
CV鈴木達央


概要

警視庁に所属する刑事
右側に跳ねたアシンメトリー水色髪が特徴的。

常に冷静沈着で、感情的になることは珍しいほどの寡黙な性格。少々神経質な面はあるものの、非常に頭の切れる人物である。また、テレビの星座占いでラッキーカラーを見てネクタイの色を決めるという一面も見せている。
豪華な邸宅に一人暮らしており、朝から豪勢な朝食を食べているところからすると、かなり裕福らしく、書斎には隠し扉から通じる秘密の地下室が存在し、3つの部屋(ホームジム、ピアノルーム、最後の部屋は謎のまま)がある。

「黄金井市少女リンチ殺人事件」の犯人達を殺害し投獄された湖村花夜の父のかつての部下でもあり、死刑執行の日が近い花夜の父が東京拘置所に移送されたと知った際は名残惜しんでいた(第2部より)。

しかし、どこか読めない不気味さがあり、まだまだ謎多き男である。

来歴

自殺とされた直戸圭介の死に不審感を抱いていたが、現場近くで朝霧要への殺意を剥き出しにした直戸の写真を発見し、今回の一件に要が何か絡んでいることを突き止めた。
朝霧家へ事情聴取に赴き、彩と要の両親に事の経緯を説明し、「娘の彩の様子が最近何かおかしい」と聞かされる一方、虹海の自宅マンションへ事情聴取に赴いた部下から虹海が不在であることを知らされ、要も帰宅していなかったため、一旦引き上げることになる。

その後、彩と要の両親から行方不明になった要の捜索願いを出され、信頼を寄せられるようになるが、どういう訳か不敵な笑みを浮かべていた。

関連タグ

魔法少女サイト
刑事 警察官
湖村花夜 クソ兄貴暴走編
直戸圭介:自身と同じ愛知県出身であり、誕生日や年齢もどこか近いところがある。

芥倫太郎:『魔法少女・オブ・ジ・エンド』に登場する警察官。美炭は一見すると、性欲丸出しの変態ポリ公である芥とは正反対の人物…だが?
宗方京助カップやきそば現象

※以下、ネタバレ注意!!
















「ステッキは“少女”が使わなければ意味を成さないんだよ」

…実は美炭こそが魔法少女サイト管理人の協力者であり、漆が魔法少女たちを効率的に管理できるよう、密かに裏で動いていた。
漆からは「ミスミー」と呼ばれ、信頼を寄せられている一方、頭のネジが外れた人物と言わしめられている。

美炭は直戸の件を詳しく調べていくうちに要が魔法少女サイトの存在を知り、ステッキを手にしたことを突き止め、サイト管理人から要の手に渡った虹海のステッキを回収するように命じられた。
ステッキの力で透明人間となって燐賀邸へ潜入し、穴沢虹海の最期の反撃で重傷を負った要が雨谷小雨のステッキで傷を治そうとしたところを妨害、催眠ガスらしきもの(ステッキの一種?)を使ってその場にいる者達全員を眠らせ、重傷の要や瀕死状態の水蓮寺清春をはじめとする傷を負った魔法少女達の傷を治癒して助け、生き残った他の魔法少女達からはステッキを奪うこともなく、そのまま虹海のステッキを回収すると同時に要を連れ去っていった。

実はサイト管理人の協力者であることに加え、美炭は朝霧彩を調べていた頃から兄の要に対し、偏執的な恋愛感情を寄せていた。
要が魔法少女サイトの存在に気付き、“少女”が使わなければ意味を成さないステッキを手に入れ、暴虐の限りを尽くしたことを機に自宅にある大量のステッキや拷問器具を取り揃えた秘密の地下室へと全裸で監禁。調教(アニメでは「正しい教育」)と称して、死や牢獄行きよりも重い罰を与えた(本人曰く「念願が叶った」という)。

美炭に監禁され、最初こそ抵抗する意思を見せていた要だったが、短期間で完全に手懐けられてしまったのか、再登場した際は美炭を「ごしゅじんさま」と呼んだり、レイプ目アヘ顔トロ顔)を見せるなど、妹を虐待しステッキで暴虐の限りを尽くしていた頃の姿は見る影もない、身も心も壊れた性奴隷に変わり果てていた。

主な行動

上記の通り、基本的には彩をはじめとする少女達の周辺や環境の調査、ステッキの回収・配布等、事が円滑に進むよう動いており、要のようなサイトの部外者が手にしたステッキの回収の他にも、魔法少女狩り(マジカルハンター)やサイト管理人による殺人も刑事である美炭が裏で揉み消している。
奴村達による隠蔽もあり、要の手によって殺された虹海の死が“心臓発作による病死”として世間に公表された際は「自宅マンション内にて遺体が発見される」と速報されており、虹海急逝をはじめ、彩が初めて使ったステッキによって起きた踏切事故雫芽さりなの猛攻によって発生したマンション崩落事故などといった、魔法少女が関わる一連の事件は恐らく美炭が裏で手を回したと見られる(実際アニメ第5話におけるマンション崩落において、部下と共にその現場に駆けつけている)。

虹海の告別式では部下と共に周辺の警護にあたり、告別式に参列する魔法少女達の姿を見つけているが、遠巻きに見つめるのみで特に接触することもなかった。
魔法少女達が彩のステッキによって別の場所へ瞬間移動した後、告別式場にて魔法少女達を始末し損ねた漆から、虹海のステッキを回収する際に魔法少女達を殺さなかったことを指摘されていたが、「その時の命令は『要の手に渡った虹海のステッキを回収すること』だけだったから」と返答している。漆からは重ねて「兄貴(要)は始末したのか?」と尋ねられるが、これには明確に「もちろんだ」と嘘をついた。

ステッキ

要から回収した虹海のパンツ型ステッキを合わせると、総勢30以上ものステッキが拷問器具と共に自宅地下室に保有されている(ステッキの名称は第45話にて一通り登場している)。

名称形状紋章能力
魔筆対象を削り落とす
魔弓クロスボウ¢対象物を爆発させる光線を出す
魔傘光弾を連射する(このステッキを使用した小雨は滅殺地獄閃光弾(デストロイヘルフラッシュ)と技名をつけていた)
魔斧物体以外ならどんな物でも斬ることができる
魔盾相手の攻撃の威力を反転させることで、攻撃を跳ね返す
魔服スタジャン不明
魔髪ヅラ不明不明
魔靴空間をジャンプできる
魔鞄リュックサック不明不明
魔手手袋¢対象を操り人形のように操作ができる
魔帽帽子どんな場所でも呼吸ができる
魔掃掃除機不明不明
魔遠鏡双眼鏡不明不明
魔缶スプレー缶型不明不明(原作では虹海のステッキを回収しようと身体を透明化した美炭が周囲を眠らせる際、スプレー缶と思われる物を取り出しているため、催眠ガスを放つステッキと思われるが、詳細は不明)
魔湯呑マグカップ不明
魔ドールテディベア目からビームで攻撃する
不明けん玉不明
不明ドライヤー特殊な光線を出し、撃ち続けている間は撃たれた者が自分の意思とは反対に今までの行動が遡る
不明竹刀÷刀身に炎を纏って攻撃を仕掛ける
不明ハンドベル特殊な音波で時空間を歪ませ、移動ができる
不明眼鏡/身体のサイズを自在に変化させる
不明卓球ラケット_打った物を爆弾に変えて攻撃を仕掛ける
不明棍棒ラジオボタン先端部を巨大化させ、攻撃を仕掛ける

他にもシュノーケル型やアイロン型、などといったステッキが確認されているが、いずれも(一部を除いて)能力は明らかにされていない。
作中では形状こそ判明していないが、(潮井梨ナ曰く)光学迷彩で身体を透明化するステッキを使用している(美炭の助けで九死に一生を得た清春も「自分の知る限り、あんな能力を使う魔法少女は見たことがない」と語っているため、魔法少女から回収したものではなく、管理人から預かっているステッキの一つと思われる)。

詳しい基準こそまだ謎のままだがステッキは本来“少女”が手にするもので、要がステッキで行った行為は“(美炭曰く)れっきとした殺人”にあたるらしい。また、サイト管理人のリーダー的存在である壱は漆が独自に美炭と手を組み、彼に大量のステッキを保有させていることに対して怒りを露にしている。

真の関連タグ

魔法少女サイト
刑事 ヤンホモ/クレイジーサイコホモ こいつおまわりさんです トリックスター
サイト管理人  朝霧要 禍沼アリス クソ兄貴暴走編
奴村露乃:ステッキの力で復讐対象である強盗殺人犯を拉致監禁し、拷問を与え続けていた魔法少女。
潮井梨ナ:「魔法少女狩り(マジカルハンター)」として魔法少女達を殺害し、10つ以上のステッキを集めていた。

穴井美羽:美炭と同じく28歳で、変態ポリ公に恋する痴女。
柊恵一:やたらと裸になる残念なイケメン繋がり。
ウリアキ浦添伊緒奈もといウリ奈と彼女の調教でアキラブリーへと生まれ変わった蒼井晶のGLCP。

カップリングタグ
美要


※以下、重大なネタバレを含みます。ご注意下さい!!








…実は要は完全には屈服しておらず、美炭の調教は失敗に終わっていた。

要が口の中に隠していた割れた食器の破片で首を深く切られた上、拘束具の留め具で何度も殴打されるが、隠し持っていた拳銃で要に深手を負わせた。
そして…、「最後にもう一度だけ……、しゃぶってくれないか…?」と引き留めるも、要には逃げられてしまう。満身創痍で地下室に取り残された美炭自身はそのまま生死不明になる。
その後、街中で意識を失い、病院へ運ばれた要が虹海のパンツ型ステッキと一緒に握りしめていた写真には、美炭の隣に魔法少女の一人である禍沼アリスが写っていた。




第2部にて




第1部の過去の時間軸を描いている第2部では、前述の花夜が主人公であるが、彼女の父の元部下である美炭も頭のキレる警官として登場しており、美炭の目的や魔法少女の一人であるアリスとの関係もう一人の妹の存在、並びに漆と結託した理由、謎の存在“A”との関わりが判明、そして要の反撃で満身創痍となった美炭は花夜・酒木さくらによって助けられ、生存していたことが明らかになる。




しかし8月11日よりも早く“王”が遂に目醒めてテンペストに動き出し、霜園博子をはじめとするさつりく帳を通じて花夜や酒木と繋がった魔法少女達、小雨達と繋がっていた魔法少女、さつりく帳に載っていた魔法少女など…、彩達以外の都内の魔法少女全てが現れた残ったサイト管理人たちの前によって全滅し、万事休すに追い込まれてしまうが、滝口あさひの犠牲と引き換えに管理人の強襲から逃れ、花夜は美炭の邸宅の地下室に保有されていた30以上ものステッキをコピーしていた魔法のランプ型ステッキに収納していたことで、美炭が斧型ステッキを手にし、彩によって寿命を奪われた要は美炭からテディベア型ステッキを手渡される中、小雨は帽子型にリュック型、ジャケット型、傘型、盾型ステッキといった完全武装、アリスは卓球ラケット型、安條は手袋型ステッキの装備で地球(ほし)の宮の破壊に挑もうと立ち上がり、酒木・小雨・アリス・安條はそれぞれ手にしたステッキ、花夜はコピーしていたステッキを駆使し、彼女の提案で地球の宮内部への侵入に動き出した。

そして、泉ヶ峰みかり燐賀紗雪のステッキを一度使ったことで“王”の吸収から逃れた山井幸支と紗雪の両親が現れ、みかりのステッキを手にした山井やサイト管理人・伍との死闘の末に命を落とした紗雪の母親が娘のステッキを片手に夫と共に立ち上がり、拓馬も以前に隙を見て酒木のステッキを一度使っていたことで“王”の吸収から逃れて姿を見せ、ステッキを使っていないと思われていた花夜の父も現れたのだった(おそらく娘を殺した犯人達の尾行中に記憶が途切れた理由と関係している可能性がある)。

魔法少女達が地球の宮内部へ侵入し、美炭は王の護衛に立つ管理人・と対峙するが圧倒され、満身創痍に追い込まれるも、ステッキを手にした山井や花夜の父、拓馬や紗雪の父・燐賀玄庸の援護によって壱の打倒に成功した。

関連記事

親記事

サイト管理人 さいとかんりにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美炭貴一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33457

コメント