ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「お友達ができてうれしいのよね」
「私たちの子供は…要だけじゃないのよ…!!」

プロフィール

年齢46歳
誕生日1月4日(やぎ座)
身長160cm
体重51kg
BMI19.92
血液型A型
出身地山梨県
趣味・特技料理、バトミントン、手芸
長所どんな人にも心優しい、髪が綺麗
好きなものバラエティ番組、パワースポット、野菜
苦手なものお酒、パソコン
CV増田ゆき


概要

朝霧彩朝霧要の母親。肩まで届く明るい茶髪のセミロングヘアをひとつにまとめた女性。
夫・朝霧次郎とは学生時代に知り合い、24歳の頃に結婚したが、息子の要には厳しく、娘の彩には無関心な夫に対して複雑な感情を抱いている。

誰にでも優しく家族思いな性格で、家庭を支えるために日々努力している努力家の良妻賢母
夫と同様、要の本性や彩の苦しみに気付いてはいないものの、娘に無関心な夫とは対照的に彩のことは要と分け隔てなく気にかけ、奴村露乃潮井梨ナをはじめとする友達が出来てから楽しそうにしている娘を温かく見守っており、自分以外の全てを「クズ」と見下す要も母親にだけは心を許している。
家族や梨ナにも高く評価されるほどの料理上手で、毎週スポーツクラブに通っている。

来歴

娘の彩が学校でいじめに遭い、要から虐待を受けていることには気付いていなかったが、魔法少女サイトと出会った彩がステッキを手にし、クラスメイトの奴村と親しくなってから周囲の状況が一変していくことになる。

桃子も当初は娘に友達ができたことを嬉しく思っていたが、マンションの崩落事故に巻き込まれ、入院が必要だったはずの彩と奴村が雨谷小雨のステッキで回復し、突然無傷で帰宅したことには夫と共に驚いてしまう。
自宅マンションが崩落したために住居を失った奴村やステッキで容姿を変えたために実家に戻れなくなった梨ナが急遽居候の身となるものの、二人を温かく迎え入れ、梨ナからは「彩ママ」と呼び慕われるようになった。

しかし娘のクラスメイトが次々亡くなるという事件が頻発し、要がある日を境に行方不明となって気落ちした夫が酒浸りになったことから次第に家庭崩壊に苦しみ、精神的に追いつめられるようになり、要のことしか頭にない夫に痺れを切らして「私たちの子供は要だけじゃない」と言い咎めた。

関連タグ

魔法少女サイト
良妻賢母/聖母
朝霧彩 朝霧要 朝霧次郎

※以下、ネタバレ注意!!




















…実は彼女は息子・要を産んでから暫くして、二人目の子供になる女の子を妊娠していたが、夫からのDVが原因で流産し、二度と子供を産めない身体になってしまい、心に暗い影を落としてしまう。
その数年後に養子の話が舞い込み、それも女の子だったことから亡くなった子供と重ね合わせ、子供は要だけで充分であった夫の猛反対を押し切り、その養女を「彩(あや)」と名付け、家族として迎え入れて愛情深く育ててきた。

即ち彩は生まれて間もなくして朝霧家に引き取られた養女で、桃子は彩の養母と判明。

夫や実子の要とは対照的に養女である彩のことを純粋に「家族」として受け入れ、真摯に愛情を注いでいた桃子だったが、息子や東大のことしか考えず、妻である自分や息子の要を暴力を抑えつけ、娘の彩に対して「本当の娘じゃない」と冷酷に吐き捨てた夫に対し、今まで溜め込んでいた怒りや第二子を流産させられた恨みを遂に爆発させ、「あんたがあの子(生まれるはずだった第二子)を殺したのよ」と糾弾、彩も養女である自分を「家族」として受け入れてくれた母親の愛に触れ、泣き崩れてしまう。
しかし一度は穴沢虹海のステッキを手にした夫によって強制撤退をさせられた天狗のサイト管理人・拾弐が再来し、要と共に彩が彼女生き別れた双子の姉妹だったと知ると同時に要が裏で妹を虐待していた事実も初めて知った。

彩が決死の思いで拾弐を倒したものの、結局夫はステッキの酷使と出血多量が原因で亡くなり、彼の死に涙を流していたのは夫の重圧から解放された妻の自分だけだった。

関連記事

親記事

魔法少女サイト まほうしょうじょさいと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「朝霧桃子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 684

コメント