ピクシブ百科事典

“A”

まほうのししゃ

『魔法少女サイト』の登場キャラクター。
目次[非表示]

※以下、第2部における重大なネタバレになりますのでご注意ください!!












概要



私は“A” 魔法の使者だよ…
楽しい魔法少女ライフを…


魔法の使者」を名乗る謎の人物。
能面を被り、黒マントを纏った出で立ちで、声も変えており、霰矢冬子のような不幸な少女の前に突如現れ、魔法のステッキを与えている。
しかし実際は魔法少女サイトの使いの者ではないため、“A”からステッキを与えられた霰矢は魔法少女サイトの存在を知らなかった。

現時点において、“A”の目的や詳細、魔法少女サイトとの関係性については謎に包まれたままだが、魔法少女サイトとは別の目的を持ち、不幸な少女に与えるはずの魔法少女サイトのステッキを鴉間巽・最原竜我・久松翼冴の不良少年グループをはじめとした、少女ではない者にもステッキを与え、ステッキを手にした少年達を裏で従えている。
実質的に“A”こそ、2年前に湖村花夜の妹・湖村愛里がステッキを手にした最原達3人に襲われ、壮絶なリンチの末に惨殺される「黄金井市少女リンチ殺人事件」の真の黒幕、花夜の家族の人生を狂わせた全ての元凶である。

霰矢や最原達不良グループといった“A”からステッキを受け取った者は、いずれもステッキで花夜の妹の愛里や米河ひとみ子などと言った一般人を無差別に襲っており、“A”はその現場周辺に密かに姿を現している(ただし、霰矢はあくまでも治癒能力を持つステッキを探すことが目的であった)。

“A”とは異なる独自の行動を持つサイト管理人の協力者の美炭貴一郎と彼の妹であるアリスに強襲を仕掛けた際、彼女が持っていたステッキの力で時を戻され、次なる魔法少女の人材としての適任者と、美炭に選ばれたことから、“A”は恐らく少女であると思われる。
しかし漆をはじめとする管理人達からは、魔法少女サイトの使いの者でないにも関わらず、男女関係なくステッキを配布している“A”を「厄介な存在」と危険視しており、“A”からステッキを与えられた者を「“A”の残党」と見なし、“A”共々、処分対象と断定している。

ステッキ

形状ドライヤー
紋章
能力特殊な光線を出し、撃ち続けている間は撃たれた者が自分の意思とは反対に今までの行動が遡る

しかし“A”自身が使用しているドライヤー型ステッキはおろか、“A”が配布し、その仲間が所有しているステッキはいずれもサイト管理人・漆が管理するステッキと同等のものであり、ステッキの装飾は天使の羽で、使用者の寿命を示す紋章も左手首に浮かび上がる。

主な行動

“A”による主な犯行

  • 少年少女に関係なくステッキを与え、その者達に花夜の妹をはじめとする一般人を襲わせ、無差別殺人を引き起こす(※代表的な事件が「黄金井市少女リンチ殺人事件」、犠牲者については後述参照)。
  • ステッキの力を悪用した万引き行為(※“A”が履いている靴は、とある靴屋から万引きをした盗品)。


“A”やその仲間の仕業と疑わしい犯行

  • 路上で溺死したとされる酒木さくらの父の事件(※明らかな不審死であるが、警察には自殺として処理された)。
  • 何者かに自宅を放火されて家と両親を失い、弟を全身大火傷の重態へと追いやられた霰矢の事件(※彼女はこの事件の後に“A”からステッキを与えられた)。
  • 花夜の父が犯人達を尾行していた途中から記憶が途絶え、記憶が曖昧となった状態で復讐制裁へと走った事件(※恐らく何者かに記憶を操作されたと思われるが、魔法少女サイト関係者の仕業である可能性もある)。


関連人物

“A”からステッキを受け取った者

  • 霰矢冬子

爆発を操る指揮棒型ステッキ(紋章は∞)を受け取った魔法少女。弟を助けるべく治癒能力を持つステッキを探し、花夜のステッキを狙った。

  • 鴉間巽、最原竜我、久松翼冴
「黄金井市少女リンチ殺人事件」の実行犯である不良少年グループ。事件後、花夜の父による復讐制裁によって惨殺され、死亡。“A”から受け取ったステッキの形状・能力等は不明。
  • “A”の仲間
白づくめの服装に仮面を被った二人組の少年(本名不明)。爆発・火炎系能力を持つ竹刀型(紋章は÷)とクロスボウ型(紋章は¢)ステッキで美炭の妹であるアリスに襲いかかり、彼女がステッキで時を戻したことで美炭及びアリスに拘束されたが、その後の消息は不明。

“A”から受け取ったステッキで殺された犠牲者

  • 湖村愛里

花夜の妹。2年前、ステッキを手にした最原達不良少年グループにリンチされ、死亡(享年8歳)。

  • 米河ひとみ子
美兼山高校1年生。霰矢(または別の爆発を操るステッキを持つ者)によって顔の左半分を爆破され、死亡。
  • 明田松路
都内勤務のサラリーマン(44歳)だったが、“A”からステッキを受け取った何者かに襲われ、ステッキの力で急激に老化し、老衰死した。

否定された人物


関連タグ

魔法少女サイト
サイト管理人  霰矢冬子 美炭貴一郎 禍沼アリス/美炭アリス 湖村花夜 酒木さくら
真犯人 黒幕 だいたいこいつのせい 漆黒の意思
キュゥべえファヴコエムシ喪黒福造謎の老婆神崎士郎:同業者

正体(※以下、ネタバレ注意!!)

ここから先は第2部20話(通算第75話)以降の話に関わる非常に重大なネタバレが含まれています。
閲覧にはご注意ください。













…上述で語られる、米河ひとみ子をはじめとした無差別殺人、美炭及びアリスとの攻防は1年(以上)前の出来事であり、“A”に変装した霰矢が美炭と接触するという作戦において、“A”は1年前に死んでいることや美炭が“A”の死を目の当たりにしたという事実が判明。
美炭が地下室に保有している30つ以上にも及ぶ大量のステッキも、“A”やその仲間が所有していたものを回収したステッキであり、サイト管理人・漆からその忠誠心や功績を称えられた美炭は人間でありながらも契約を交わしたということだった。








そして美炭によって始末され、例の地下室に捕らわれの身となっていたのは…、
本編とリンクする公式スピンオフ作品『魔法少女サイトSept』に登場する謎の少女・安條磯子
彼女こそが魔法少女サイトの者でもなく、少年少女にステッキを与えていた謎の存在・“A”であった

しかし安條も魔法少女サイトによって人生を狂わされた者の一人にして、魔法少女サイトやサイト管理人とは別のルートからステッキを与えられ魔法少女となった身であり、“A”として動いていたのは「魔法少女サイトを破壊するため」で、男女関係なくステッキを配っていたのも、魔法少女サイトのシステムを知り尽くすための実験だったと判明。
(ただ、本編において「“A”の残党」とされる“A”からステッキを与えられた者達は未だに生存しているのか、既に全滅しているかは不明)。


本編第2部41話(通算第96話)からの回想によると、“A”として動いていた安條は美炭によって正体を突き止められたことで背後から美炭に襲われ、例の拷問部屋に囚われてしまい、“安條に寿命が尽きるまでステッキを使わせ、その逝く末がどうなる”かの実験台にされてしまうが、安條は美炭とアリスがステッキで寿命を使い果たして絶命した“もう一人の妹”の行方を追っていたことを調べ、二人にサイト管理人の正体が元魔法少女であることを教え、“A”である自身の死を偽装し、サイト管理人・漆と手を組むように指示して密かに結託していたことが明かされた。

コメント