ピクシブ百科事典

先人類の王

さいとかんりにんたちのおう

先人類の王とは、『魔法少女サイト』に登場する重大用語のひとつ。
目次[非表示]

概要

※この記事は『魔法少女サイト』の核心部分に触れる重大なネタバレ内容がございますので、閲覧は自己責任でお願いします。


















8月11日19時23分に起きるといわれる、「テンペスト」によって封印が解かれるという謎の存在。

『魔法少女サイト』内のトップ画面に描かれたサイト管理人は左耳、は鼻)をクリックすること(所謂、隠しENTER)でテンペストまでのカウントダウンが表示されたページに飛ぶことができるが、別の隠しENTERである一部分をクリックして「tempest」と入力すると、テンペストの脅威が記載されたページが表示される。

そのページに記されたテンペストの脅威とは……、

テンペストについて

8月11日19時23分先人類による人類選別テンペストが起きます。
先人類の王の封印が解かれた時、人類の大半は滅亡することになるでしょう。

常人ならばテンペストの回避は不可能ですが、ただ一つだけ助かる方法があります。

それは食物連鎖の最上であるのお腹を満たすこと。

王は人間の不のエネルギーを餌としているため、これを献上することによりテンペストを回避することができます。
不のエネルギーは魔法少女サイトからお渡ししたステッキを使用することにより、ステッキ本体に蓄積されます。

ステッキをより多く使用し、なおかつ他の魔法少女の誰よりも不のエネルギーを多く献上した者のみが来たるテンペストの回避対象となります。

生き残りたければ、不のエネルギーが充分に満たされたステッキをテンペストの日に我々、魔法少女サイトにお渡しください。

それではよい終末をお過ごし下さい。







…以上が、テンペストの真実となる。


しかしサイト管理人の意図としては、管理人の目に止まった魔法少女にテンペストの情報を教え、彼女達を魔法少女狩り(マジカルハンター)に仕立てあげてステッキの回収を命じたり、魔法少女同士による殺し合いを仕向け、ステッキを多用させることで不のエネルギーを欲する先人類の王を復活させようと企んでいる(サイト側の意向としてはテンペストの表示画面にたどり着けない者は必要ないと断定しているが、漆は特定の者にだけ、テンペストの情報を教えている)。

ただし、ステッキを使えば使うほど寿命が減るのに、より多く使用した者のみを生き残らせるシステムは明らかにおかしいと勘ぐる者は、“A”朝霧要といったサイトとは無関係の者達と同様に抹殺対象となる。

王の正体



















【王】


「もっと不幸になってもらいましょう」

CV:能登麻美子
魔法少女と思われる少女達の遺体やステッキがごまんと転がり、怪しい光に包まれている謎の少女こそ…、
壱をはじめとするサイト管理人が“王”と崇める存在である。
本編第2部29話(通算第84話)にて、その“王”が遂に登場を果たすが、実は原作に先駆けてアニメ版(第6話以降)にて先行登場をしている。

容姿は白いワンピース姿で髪はウェーブのかかった非常に長いベリーロングヘア、左目を前髪で隠した両目からは血の涙を常に流しており、左足首にはアンクレットのようなものを身につけている。
血の涙を流す瞳には、ステッキの使用時で瞳に紋章が浮かぶ魔法少女達と同じようにテンペストのカウントダウンが記されたページにも描かれている受精を模したようなものが浮かび上がっている。

が語る、“王”とテンペストの正体とは…

  • この世界で最も不幸な少女
  • 嵐を呼ぶ魔法使い
  • テンペストを発動させ、世界を変える存在
  • テンペストとは、人類全てから不の感情を取り去る世界嵐
  • この嵐によって人類は不を持たないより高い存在へと進化するが、進化に適応できない者はその時点で死を迎える
  • 人類の大半がテンペストにより死亡する
…という(アニメ版第12話より)。


原作での初登場(本編第84話)において、テンペストがあと10日と迫り、不のエネルギーがあと少し集まる中で独断行動が多い漆を始末するよう壱に命じ、壱の他に陸と拾伍が漆の始末に動くこととなる。
特に“王”は、朝霧彩奴村露乃が背負う“不の運命”を強く認めており、彼女達がテンペストを成功させるための重役を担っていると考え、二人に狙いを定めている。


関連タグ

魔法少女サイト
サイト管理人   
朝霧彩 奴村露乃

pixivに投稿された作品 pixivで「先人類の王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 683

コメント