ピクシブ百科事典

喪黒福造

もぐろふくぞう

喪黒福造とは、藤子不二雄Ⓐによる漫画『笑ゥせぇるすまん』の登場人物。
目次[非表示]

演:伊東四朗、CV:大平透(1989年版)、玄田哲章(NEW)

人物

本作の主人公。

タイトルが指し示す通り、常に笑顔を浮かべているセールスマン。しかしその表情は、タレ目+ジト目に歯を露出させた笑いとなっており、全身黒づくめという服装も相成って、胡散臭さやある種の不気味さを醸し出している。作者曰く「容姿のモデルは大橋巨泉」だという。

台詞は常に敬語口調で、「ホーッホッホッホ」という独特な笑い声で笑う。基本的にその姿勢は紳士的で親切だが、ちょっとふてぶてしい。
無邪気だがちょっと悪戯好きなところのある性格で、たまに見ず知らずの他人(たいていは後で客になる)に悪戯をしかける時がある。


困っている人を見かけると、『ココロのスキマ、お埋めします』と書かれた名刺と共に自己紹介をし、その人の悩みを解決する策を無償で与える。
しかしその策には、ほぼ必ず一定の条件を設ける。多くの場合二度目に会った時に条件を厳守するよう念押しをするが、破られることが多い。
条件を破った場合契約者のもとに出向き、契約違反として非常に重いペナルティを与える。軽いものでは与えた解決策の剥奪、重い場合は破滅や死亡という悲惨な結末を迎えることもある。一般的・常識的な解決策を提示し拒否された場合など、破滅そのものの解決策が与えられるケースもある(『安心カプセル』など)。
まれに『本人にとっては良い方向』で決着した(『極楽風呂』など)り、全てが元に戻ってしまいプラスマイナスゼロになる場合もある。
忠告を聞き入れて、最善の判断をした客に救いの手を差しのべた(『夜行列車』)事もあり、決して客の破滅を前提に動いているわけではない。
与えた解決策を客以外の第三者による悪意ある行動で台無しにされた場合は、解決策を復活させると同時に、その第三者に制裁を加えたり(『カンヅメのペット』)、客自身に救済策を施す(『月夜のオーキッド』)などのフォローを行うが、あくまで喪黒流のフォローなので、客観的に見るとフォローとは言い難いものとなっている。(前者は制裁には成功したものの、結局は客自身も破滅する事を匂わせる終わり方をしており、後者については救済策の結果として客が涙を流しながら歓声を上げるという、喜びとも悲しみとも取れない様相となった)
ごく稀に自分から提示した約束を喪黒自身が果たせなかったケースもあるが、その時は如何なる手を使ってでも約束事を守れるように手を尽くして解決させる(『ワニオの怪奇料理』)。

本人は、あくまで親切のつもり、困っている人を見ると放っておけないと言っているが、正確には「悪意のない悪戯が大好き」というのが本当のところらしい。
あくまで契約者が約束を破ってしまったゆえの、自業自得的な結末も多いが、中には、まったく理不尽に親切と後のペナルティを押し売りしたことも何度となくある。

喪黒の与える策はいずれも魅力的な内容であり、時には魔法空想科学を思わせる不思議な手法も登場する為、たいていの客は欲望を刺激されて約束を破ってしまう。

「ドーン!!!!」という掛け声と共に相手に指さしをする技を持つ。
ほとんどの場合、約束を破った客を昏倒させるという不可思議な描写が降りかかり、そのままバッドエンド行きとなる。一見すると死刑宣告とも取れる行動だが、事前にドーンを施してから策を与えることもあり、実際、ドーンによって客がハッピーエンドを迎えた話(『永遠のすみか』など)もある。
逆にドーンを受けずとも、抑えきれない欲望を満たそうと行動した結果、破滅に至ったケース(『スタミナ茸』)もあり、結局のところ、欲張りは後で懲らしめられる運命にあるようだ。

小田急線沿線に在住しており、バー『魔の巣』によく訪れる。

彼の正体は作中では明らかにされておらず、作者によると『人間ではない存在』とだけ決めてあるという。
モチーフとしては、人を誘惑するメフィストフェレスのような存在であるという。

弟に喪黒福次郎がいる。
こちらは代償なく困った人を救済する一般的な善人で、
この福次郎を主人公に据えたスピンオフ作品、「喪黒福次郎の仕事」という短編集がある。

『笑ゥせぇるすまん』として連載する前の短編『黒ィせぇるすまん』では「友愛事業団 外務主任」と書かれた名刺を用いており、指さしも掛け声のないただの指さしであった。

関連タグ

笑ゥせぇるすまん キモかわいい 黒烏龍茶

共通点を持つキャラ

キュゥべえ・・・『魔法少女まどか☆マギカ』より。同じく、客の願いを叶える営業マン的存在として、よく比較の対象にされるが、喪黒の場合は忠告を守れば、問題はなく、契約違反のペナルティによって結果的に客が破滅する事が多いのに対し、こちらは客を破滅させる事自体が目的という違いがあり、願いを叶えるのも破滅させるための手段でしかないので、願いを叶えてもらったが最後、ほぼ確実に破滅してしまう。客の破滅が前提という点において、時には本当に人を救う喪黒よりタチが悪いといえる。

謎の老婆・・・『週刊ストーリーランド』より。不思議な効果を持つ商品を販売する正体不明の老婆。無表情で、ほとんどテンプレ通りの台詞しか喋らない様は、ある意味、喪黒以上に不気味。喪黒と違い、商品は有料であるが、使い道について口出しする事はなく、客が商品の力で幸せになろうが、不幸になろうが、どちらでも構わないというような姿勢である。商品は基本的に有益な効果のものばかりだが、中にはデメリットしかないものや期待通りの効果を発揮しないものもあるため、必ずしも客の願いを叶えるわけではないものの、便利な商品で欲望を刺激する点は共通しており、原則として善人はハッピーエンドを迎え、悪人や欲張りはバッドエンド(もしくは、客観的に見るとバッドエンドだが、少なくとも本人にとってはハッピーエンド)を迎える点も同じ。

サイト管理人・・・『魔法少女サイト』より。謎のWebサイト「魔法少女サイト」を運営する謎の存在。おかめやひょっとこ等の不気味な風貌をした18人のサイト管理人がいじめや虐待などの不幸に見舞われる少女達にステッキを与える様はある意味、キュゥべえと似ているが、ステッキの能力や使い方次第で自身や周囲が破滅する事になってしまう。しかし、「ステッキを回収する」目的の下、管理人自らが魔法少女の暗殺に出向く等、その正体や目的自体が一切謎に包まれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「喪黒福造」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269542

コメント