ピクシブ百科事典

メリーバッドエンド

めりーばっどえんど

いわゆる「Open-ended」(開かれた終わり・結末)。受け手の解釈によって幸福と不幸が入れ替わる結末。「Open ending」とも言う。
目次[非表示]

この説明以外でのメリーバッドエンド

まふまふ作曲のボカロ曲 メリーバッドエンド(VOCALOID)



詳細

広く物語において使われる表現形式
物語を解釈する観点(パースペクティブ / perspective)次第で意味が変化する結末のこと。

例えば、ある観点(登場人物・受け手など)から解釈すると不幸・悲劇的な結末だが、別の観点から解釈すると、幸福・喜劇的な結末であること。

この他にも作者の観点、社会的観点、文化的観点、学問的観点、審美的観点等がある。より多くの観点を含むほど、結末もより多面的になる。

文学博士の成田瑞穂は、以下のように述べている。
  この物語には確定した形での終焉がなく、語りを受け継いでゆく次の語り手によって別の物語が想起され、様々に異なる、開かれた結末が提示される。
  小説とはすべて未完であり、他の小説と隣接しながら続いていく。
「カルロス・フエンテス [アウラ] にみる幻想性のモチーフ」より抜粋)

早稲田ドイツ語学・文学会の山本浩司は、こういった複数の観点や曖昧な結末を、「否定性の美学」と呼んでいる。
  パースペクティブの復数化や断片化、開かれた結末などの「否定性の美学」
その対義としては「全知全能の語り手」(全てを語る語り手)」、「一貫してかつ完結したストーリー」が挙げられている。
「〈戦後文学〉を越えて? 「物語行為の再来」」より抜粋)

また、東京大学の人文社会系研究において、河尾基は物語の本筋(シュジェート)に関して、「喪失―探索―獲得」は「状況―生成―開かれた結末」へと変化すると述べている。
「СН Бройтман, Историческая поэтика, Учебное пособие, М.: РГГУ, 2001, 320с.」より抜粋)

pixivにおいては、かつてはイラストよりも小説に付けられる事が多いタグだった。
しかし2015年2月22日時点で投稿イラスト34点であるのに対して投稿小説86点だったものが、2018年9月15日現在ではイラスト466点・小説277点と逆転している(R-18等は含まれない)。
小説に関しては女性向けが多いが、少数ながらそれ以外のオリジナル小説も投稿されている。

物語の例

登場人物の視点による差異

極端な例だが、ヤンデレの女性が意中の男性の手足を切り取り、どこにも行けないようにしてしまい、結果その男性を手に入れた場合、これは世間的に見れば不幸であるが、そのヤンデレ女性からすればハッピーなのである。

ハッピーエンドと題されているものよりは、トゥルーエンドと題されているエンド・ルートにも視点の違いによるメリーバッドエンドが多いとも言える。

読者のみが真実を知っている、という時

また当事者を含め作中人物全員がハッピーだったとしても、読者・視聴者視点ではバッドエンドともとれる話もある。
例えば、何か理想を持った主人公が「主人公以外の全員を精神支配して操る」「世界全体を全く異なるものに作り変えてしまう」といった方法で理想を実現してしまった場合、作中の全員はハッピーではあるのだが、真実を知っている読者・視聴者視点では皆が操られていることを知っているため、そのハッピーエンドは違うものに見えてくる。

これは、全員が本当の意味でハッピーだとしても起こり得る場合がある
例えば、主人公たちが復活した古代の悪魔を倒すという話があったとして、話自体は単純な勧善懲悪もので後腐れの無いのハッピーエンドだったとする。
ところが、もし作中で古代の悪魔とされているものに明らかに現代文明や人類だと解るような特徴が描写されている場合、読んでいる読者は人類であるので「復活しようとした人類が新人類に倒されて絶滅した話」となり「現代文明への警鐘」のようなテーマがある一筋縄ではいかない作品になってくる。

社会の価値観が変わってしまった場合

もう一つの事例として、時代の経過によって現実世界の基準となる価値観のほうが変化してしまい、それによってハッピーエンドとメリーバッドエンドが入れ替わってしまうということも起こり得る。
例えば何らかの精神病に悩む主人公が治療方法を探すという話で
1、治療方法が発見されて治療に成功、主人公はようやく普通の人と同じになる
2、途中で悩むことがおかしいと感じ、主人公は精神病のまま悩まずにそのまま生きる
という分岐があり、どちらでも主人公から見れば悩みが晴れてハッピーだったとする。
この場合、精神病が治すものだった近代なら多くの人が1がハッピーエンド(病気の完治)で2がメリーバッドエンド(治療の可能性の放棄)となるが、精神医学が発達した現代に同じ作品を読み返した場合、1がメリーバッドエンド(主人公の人格の自殺)で、2がハッピーエンド(あるいは「真の問題」判明とその解決)ということになりうる。

作品例

童話
人魚姫
主人公である人魚姫は王子の愛を得られず海の泡となるが、王子とその婚約者の娘から見ればハッピーエンドである。

フランダースの犬
世間的に見ればネロとパトラッシュは悲劇的な結末を迎えている。しかしながら、ネロパトラッシュにとってはどうだろうか。これからは苦しむこともなく永遠に一緒にいられる事と、二人が来るのを待っているであろうお祖父さんと両親の元へ行けることを幸福に感じていたかも知れない。

幸福な王子
身を飾る美しい宝飾品を剥がして貧しい人々に与え続け醜く変わり果てていく王子の像と、そんな王子に想いを寄せながら王子の頼みで宝飾品を剥がして運び続け、渡りの季節を逃して死んでしまうツバメの物語。
最後は「割れた鉛の心臓」だけが残った王子の像が、死んだツバメと共に天国に召し上げられ幸福に暮らしたと結ばれている。
「貧しい人々を助ける」という願いを叶えた王子と、想いを寄せる王子とともに天国で暮らすことになったツバメにとっては幸せな結末かもしれない。

泣いた赤鬼
赤鬼にとってはバッドエンドだが、青鬼にとってはハッピーエンドである。その為『仮面ライダー剣』最終回をこれに当て嵌める人もいる。

漫画
バオー来訪者
湖底で眠り続ける橋沢育郎と、将来再び目覚め再開するという予知を観るスミレのシーンで締めるというラスト。スミレにとっては「育郎との再会」を予感させる希望に満ちた予知と言えるが、「バオーは成虫になると宿主の体内に産卵し、宿主の体を突き破って世界中に伝染する」という問題については解決していない。つまり目覚めた育郎はいずれ……

特撮
仮面ライダー剣
1人だけみんなの元から去らねばならなくなった剣崎をいつまでも待つと言うの表情で締めくくられるので一応はハッピーエンド扱いらしい。剣崎役の椿も「剣崎なりのハッピーエンドです」と証言している。

特救指令ソルブレイン
仮面ライダー剣を「客観的にはバッドエンドだが主人公としてはハッピーエンド」とするならば、ソルブレインは「客観的にはハッピーエンドだが主人公としてはバッドエンド」ともいうべき結末。
ソルブレインの使命は、人命のみならず人の心も救う事にあったが故に、高岡隆一の最期さえソルブレインからしてみればバッドエンドである。

仮面ライダービルド
平和な世界を作るため主人公達は諸悪の根源であるエボルトがいない並行世界と今自分達がいる世界を融合させる。
その結果、創造者である戦兎とエボルトの遺伝子を持つ龍我を除いた全ての人々が融合前の世界のことを忘れてしまい、二人の仲間で融合直前まで存命だった美空紗羽も例外ではない。
おまけに二人は「戸籍がねぇ、家がねぇ、お金もそんなに持ってねぇ」とこれから新世界で生きていく上で色々と大変過ぎる。
まあ、彼らにとって「エボルトがいない、スカイウォールもない、戦争も起きない平和な世界」を創ることが出来ればそれだけでハッピーエンドなのだろう。
というよりも、本編では「二人は本来存在してはいけない存在だからふたりぼっちになった」とされているが、「二人が時空の裂け目にいたからふたりぼっちになった」可能性もあり、二人が融合直前に地球上にいた場合ジオウで歴史改変によりそうなったように戦兎が最初からいなかった事になり万丈を含めたみんなが戦兎の事を忘れてしまうといったことになっていたかもしれない為、そう考えれば忠実における本編のエンディングはハッピーエンドと言えるだろう。

ゲーム
ようこそゲルテナの世界へ
いつまでも一緒
フリーゲームIb』のエンディングの一つ。リンク先参照。ネタバレ注意。

Rewrite
最終シナリオも含めて、すべてのエンディングが何かを犠牲にする結末となっている。

妖怪道中記(天界)
生きながらに地獄につれてこられているのでこのエンドだと死んだまま
(その下の人界エンドだと生き返る)

狂った果実
主人公、狩野哲にとっては親しい女性を全て殺され片目を奪われる結末だが、ヒロイン「月島美夏」にとっては初めて愛した異性に近づく女を全て排除し、哲の心を憎悪で自分だけに向けさせ自分のことだけで頭がいっぱいにすることに成功する。

関連タグ

物語 表現 エンディング
バッドエンド ハッピーエンド

もしかして

pixivに投稿された作品 pixivで「メリーバッドエンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3858514

コメント