ピクシブ百科事典

異次元獣

いじげんじゅう

異次元から突如出現した謎の怪獣。その正体は、人の手で異次元空間に捨てられた道具が捨てられた恨みと悲しみによって変化した物。
目次[非表示]

解説

 異次元から突然現れた怪獣、不可解な事件を巻き起こし地球を混乱に陥れ、最終的には地球を滅亡へと導く。凶暴性が高く地球の武器では倒すことはできず、倒すためにはどちゃもんの力が必要となる。
 基本的にいくつかの赤い目玉のついた青い体をしているが、容姿はコア(モチーフ、後述)によって異なる。

 その正体は超次元帝国清掃課地球係が、大量のゴミを異次元に撒き散らすため害悪とみなした地球をお掃除(殲滅)するために造り上げた物である。スプーンの異次元獣の事件では、22世紀の地球は異次元獣によって穴ぼこだらけになり、生き残ったわずかな地球人は地球を捨てて宇宙移住を始め、そのための限られた宇宙船のチケットを奪い合う争いが起きていた事が明らかになったが、その後21世紀で襲撃してきたスプーンの異次元獣が倒された事で歴史が変わり、22世紀の地球も平和になったという。
 なお、元来は清掃課の清掃活動のために製作される物で、製作は清掃課技術センターの異次元獣係が行っている。この異次元獣係からは月刊で「異次元獣コアカタログ」というコア候補の廃棄物のカタログが発行されており、地球係を始め現地対策課はこのカタログから希望のコアを申請する。恨みや悲しみの念が深いコアを使うほど強力な異次元獣となるが、その分コストもかかるという。

 また、リストの他に簡易版の「ミニ元獣」も存在し、青森どちゃもん・かざまのおどを捕獲するべく数十体が投入された。異次元獣と同じ青い半透明の体色で丸い体に短い手足と顔部分に赤い一つ目があり、背中には緑色のロックポイントが2つあり、頭部には鉛筆の先端のような形の角が3本生えている。かなりしぶといが1体あたりはそれほど強くない。戦闘ではバリアを張ってコチリトラーロボを援護した。

コア

 異次元獣はモチーフを閉じ込めたコアと、それを内包したボディである保護膜(青い部分)によって作られている。
 2014年度から2015年度に地球に現れた異次元獣のコアは地球から不当に捨てられたゴミで、捨てられた際の怨みや悲しみが原動力となっている。形状は素材となったゴミのモチーフを基に各所がアレンジされ、モンスターらしい外見となっている。
 2016年度からは素材が大きく変わり、それまでに超次元帝国の手で回収されたどちゃもんを洗脳・記憶操作し暴走衝動を強めた上でコアに仕込んだ新型の異次元獣になった。形状はコアとなったどちゃもんをベースとしながらも、様々な変化が加えられてモンスターらしくなっている(例:ぷうかの異次元獣。ぷうかにあった脚部がなく、顔のヒゲが長く伸びて二股に分かれそれぞれの先端がお好み焼き用のヘラの形になっている、普通に目が2つ存在するぷうかとは異なり頭部に赤い目玉がたくさん並ぶ、など)。

種類

2014年度

コア元の持ち主出没場所
セロハンテープ久保田雅人東京
口紅天童よしみ東京
スプーン坂田利夫大阪
国語辞典不明東京
くまのぬいぐるみ竹内力東京
カスタネットてれび戦士飯島緋梨東京

2015年度
コア元の持ち主出没場所
靴下スギちゃん愛知
ラーメン屋台原口あきまさ福岡
カメラ狩野英孝宮城

2016年度
コア重要関係者出没場所
広島どちゃもん・ぷうか田中卓志(アンガールズ)東京
岐阜どちゃもん・うぎろう小沢一敬(スピードワゴン)愛知
兵庫どちゃもん・おくとぱすみれ長谷川俊輔(クマムシ)大阪
秋田どちゃもん・こまちまちこマタギの五郎東京

その他

pixivではどちゃもんと同様、擬人化されたイラストの投稿が多い。

関連タグ

Let's天才てれびくん

洗脳 悪堕ち

pixivに投稿された作品 pixivで「異次元獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7135

コメント