ピクシブ百科事典

アナザーライダー

あなざーらいだー

アナザーライダーとは、特撮『仮面ライダージオウ』に登場する怪人にして仮面ライダー。
目次[非表示]

「今日から君/あなた/お前が、仮面ライダー×××だ」

概要

未来人集団タイムジャッカーと契約した人間またはタイムジャッカーが、アナザーウォッチを使い変身した姿。
ウォッチに対応する仮面ライダーの力を宿しているものの、本来ならば変身者としての資格が無い人間が変身する為、仮面ライダーシンS.I.Cなどを思わせるような元の仮面ライダーが怪人化したような歪な姿へと変貌してしまう。

変身者の意思の有無に関しては、変身者の意識が確認できない暴走状態のパターンと、変身者自身の意思で動く2パターンが確認されている。これが変身者の資質によるものなのか、アナザーライダーを生み出したタイムジャッカーの資質や匙加減なのかは不明。
もっとも正気を保っていたとしても、怪人に身を堕としてでも叶えたい願いを抱えて戦っていることには違いないため、説得して止めることはほぼ不可能である。
というか、タイムジャッカーはそもそもそういう後がなくなり追い詰められた人間を選んでアナザーライダーにしているフシがある。
タイムジャッカーがアナザーライダーを生み出す目的は「歴代ライダーの存在を都合良く歪めることにより、オーマジオウとは違う新たな魔王を擁立すること」らしいのだが、現状では不明な点も多い。

また、第6話にて2003年でオーラが生み出したアナザーライダーにスウォルツが更にアナザーウォッチを埋め込み、別のアナザーライダーに変化させる事例があった。これにより、アナザーウォッチを複数使うことで別のライダーの力を同時に使用できることが判明した。
更に第9話において、正史における仮面ライダーの変身者すらアナザーライダーに変身できる事も明らかとなった。

なお、変身の資格がないという条件に関しては、本来の変身者となるべき本人でも、その時点でまだ資格を有していなければアナザーライダーになることが示唆されており、未来で仮面ライダーシノビとなっている神蔵蓮太郎がシノビの誕生以前にアナザーウォッチを埋め込まれて「アナザーシノビ」となっていたり、過去の失われた歴史で仮面ライダーリュウガとなっていた鏡像の城戸真司が新たにアナザーウォッチを得て「アナザーリュウガ」となった事例がある。

通常、ウォッチを埋めこみアナザーライダーを誕生させることには、平成仮面ライダーの力と存在を奪う行為が伴い、大半のアナザーライダーは平成仮面ライダーから奪った力を持っている。
ただし、アナザーシノビアナザークイズアナザーキカイは(恐らく)平成ライダーシリーズに属さない仮面ライダーの力を持っており、平成仮面ライダーの力を奪わないと出現できないわけではないようだ。
(アナザーリュウガについても、ミラーワールドが閉じ13人の仮面ライダーが存在できなくなった後に誕生しており、力を奪うというプロセス抜きでの誕生が確認できる)

容姿

ボディには共通して英語表記のライダー名と活躍していた西暦が刻まれており、顔には元のライダーの造形に関わらず歯が存在する。
また、涙ラインのようなギザギザ模様が刻まれたレンズの奥には瞳が存在し、さながら「仮面」を被っていない「素顔」のようである。
こういった顔のデザインは骸骨モチーフらしい
また、身長と体重は(アナザークウガを除き)元の仮面ライダーのそれと同一である。
尚、劇場版の描写から見るにフォームチェンジできる個体もいる様子。

デザインを担当する出渕裕篠原保の両名は、平成仮面ライダーシリーズ制作スタッフにおいての怪人専任デザイン、『クリーチャーデザイン』の肩書きを初めて与えられたツートップ(※出渕氏はアギト、篠原氏は龍騎から。因みにクウガ時は『デザインワークス』として、複数のデザイナーが分担して怪人等のデザインをしていた)。
すなわち怪人側から平成ライダーの歴史を見て来た両名であり、アナザーライダーのコンセプトを表現するのに適役な人選と言える。
なお、アナザーライダーに似ていると言われるシンの生みの親である雨宮慶太氏(ディケイドでリ・イマジネーションライダーマンをデザイン)と、S.I.Cの原型師として有名な竹谷隆之氏(ドライブでロイミュードをデザイン)は篠原氏と縁深く、この点でも平成ライダーの重ねて来た歴史を感じる事ができる。

また、アナザーライダーには各ライダーの敵対組織の要素も見出せる。


一覧

テレビ本編登場

アナザービルド
アナザーエグゼイド
アナザーフォーゼ/アナザーファイズ
アナザーウィザード
アナザーオーズ
アナザー鎧武
アナザーゴースト
アナザーシノビ
アナザークイズ
アナザーリュウガ
アナザーキカイ

劇場版登場

アナザーW
アナザー電王
アナザークウガ/???

3つのルール

仮面ライダージオウの番外的な物語「ジオウ補完計画」2.5話にて、以下の「3つのルール」が語られている。

第1のルール「同じライダーの力は同じ時間には共存できない」

ソウゴ「いや、あれはビルドに似てたけど、ビルドじゃないよ」
ウォズ「今はアレがビルドなんだ」

同じライダーの力は同時に存在する事ができず、アナザーライダーが誕生すると本来のライダーは徐々に力を失い、最後には自分が仮面ライダーであったことを忘れてしまう
これは改変された歴史内では、アナザーライダーこそが正真正銘「本物」の仮面ライダーであることを意味している。そして歴史の改変により、アナザーライダーに取って代わられたライダーの物語そのものさえもなかったことになってしまう
これは存在を乗っ取られたライダー本人だけではなく、2号ライダー等のサブライダーや、怪人達にも影響する。サブライダー達もライダーとしての力と記憶が失われ、怪人達に至っては殆どが消滅してしまっている。

その影響でライダー本人の根幹が変わることもあり、戦兎が葛城巧(後述の第3のルールにより顔は佐藤太郎)として、乾巧が普通の人間としてそれぞれ生きていたりする。
消滅するのは「ライダーである歴史」だけであるため、永夢は原典同様に小児科医かつ「天才ゲーマーM」であり、如月弦太朗も(内容こそ変わったが)仮面ライダー部に所属した後に同部の顧問になっていた。乾巧の夢や火野映司のネクタイと赤い羽根など、改変前の歴史の繋がりのようなものが残っている者もいる。
一方、草加雅人駆紋戒斗のように物語が原因で死んだ者はその生死まで変化し、細かいところでは檀正宗の経営する会社が幻夢コーポレーションではなく「檀コーポレーション」になるなど、物語が失われることによる影響は少なくない。
ただし、あくまで「歴史の改変」による間接的な乗っ取りであり、ライダーの力を直接奪っている訳ではないため、特異点等の歴史改変に耐性を持つライダーなら問題なく共存が可能と思われる。

なお、カメンライドをはじめとするディケイドライダーカードはこの「ライダーの力」には含まれない模様(カードで他のライダーの力を使う「ディケイドの力」であるためか)。
ライドウォッチも同様に「ライダーの力」を宿すものであるが、アナザーライダーの影響は受けていない。
ライダーが力を失うのはあくまでも「アナザーライダーの誕生」が原因であり、ゴーストやディケイドなどはライドウォッチを持ちながら変身しているためライドウォッチの存在自体は仮面ライダーが変身できない理由にはなっていない。ライドウォッチはライダーの力のカケラとでも呼ぶべき存在であろうか。

力を奪われた段階でのオリジナルのライダー

  • 変身できるが、維持が困難(ビルド、エグゼイド)※
  • 変身解除され、変身アイテムは残存(ファイズ)※
  • 変身解除され、変身アイテムは消失(フォーゼ、ウィザード、鎧武、ゴースト、シノビ)
  • 変身解除され、変身アイテムの詳細は不明(オーズ)
  • 変身ができる(電王)
  • 詳細不明(ダブル)
  • 特殊なケース(クウガ、クイズ、リュウガ)※


※以下は特殊な例についての注釈。

  • ビルド・エグゼイドについては白倉チーフプロデューサーは「分かりやすさより画として面白いほうを優先した『グレー』なゾーン」「アナザーライダーを倒すと、歴史が急に元に戻ったりするが、そこに少々オーバーラップの期間が生じるため、アナザービルドとビルドが戦うビジュアルが実現する」と語っており、オーズも含めると基本的には変身アイテムごと力を失っている模様。
  • ファイズは変身解除と共にファイズギアの戦闘機能を起動するミッションメモリーのみが消失しており、「ファイズ」という存在を失い変身機能のみ失ったツール群となったとも考えられる。
  • クウガについては、スーパータイムジャッカーティード五代雄介からではなく先代クウガ(リク)から力を奪っており、さらにその後にゲイツがアークルからクウガライドウォッチを生成しているため、「変身アイテムが残っており、かつ変身能力も残っていた」というケースで考えられる。
  • クイズは「ゲイツリバイブの未来」における2040年のライダーであるため、当然現代でアナザークイズが生まれるはずがなかった。しかし2019年に現れたことで現代で力を奪われうる存在になってしまい、アナザークイズが誕生する。だがここでもしオリジナルのクイズが消滅してしまうと「存在しないクイズの力でアナザークイズが生まれる」というタイムパラドックスが起きてしまうため、「堂安主水がクイズである」という事象が絶対に必要となっており、アナザーの存在が逆にオリジナルのクイズの存在を保証する楔となったことで、「2019年のクイズ」であるアナザークイズと「2040年のクイズ」である仮面ライダークイズの存在が共存している。
  • リュウガは変身者である鏡像の城戸真司がそのままアナザーリュウガに変身しており、記憶を失っている様子は見られない。また、本来ならアナザーライダーの誕生によって怪人や怪人に関わる要素も消えるはずなのだが、変身者である彼がミラーワールドの存在だからか、もしくはミラーワールド自体が直接的な要素ではないのか、アナザーリュウガ誕生後もミラーワールドが消失していない(ヘルヘイムの森と同じ扱いなのかもしれない)。

第2のルール「アナザーライダーは同じライダーの力でしか倒せない」

ソウゴ「効いてる……同じライダーの力じゃないと倒せないんだ!」

アナザーライダーを完全に倒すには同じライダーの力で倒す必要があり、それ以外で倒してもすぐに再生・復活してしまう(タイムジャッカーがアナザーウォッチを再起動する必要がある様だが)。
上述したように同じライダーの力は原則として同時に存在することができないため、当時のライダー本人が倒すことも困難である。よって対処するにはライダーの力を継承したライドウォッチの使用が不可欠である。

ただし、アナザーライダーを倒してから再生するまでの僅かな時間(数十秒~長くて数分)はアナザーライダーの存在が消えるため、その間だけは元のライダーが記憶を取り戻すことができる。
この間にライダー達からライドウォッチを託され、アーマータイムを駆使してアナザーライダーを撃破するのが序盤の基本的な流れとなっている。

第13話ではゴーストライドウォッチを使用した「ゴーストザックリカッティング」でアナザーゴーストの完全撃破に至らなかったことから、アナザーライダーの完全撃破のためにはアーマータイムの使用が必要だと考えられる。

基本的に力が失われるためごく希なケースになるが、本来のライダーとアナザーライダーが両立する場合は本来のライダーが倒すことによっても完全撃破できる。

ただし、ジオウⅡは能力の一つである特殊フィールド「マゼンタリーマジェスティ」の効果によって対応するライダーの力でなくてもアナザーライダーの撃破が可能となる。

ちなみにこの文面や上述したアナザーエグゼイドやアナザークイズの件からややこしいが、「アナザーライダーは同じライダーの力でしか倒せない」というのは現在のところより正確に言えば「アナザーウォッチを破壊するには同じライダーの力、ないしオーマジオウの力が必要」という解釈である。

第3のルール「オトナの事情にツッコむ奴は馬に蹴られる」

ある種の免罪符である。本編じゃないとはいえ公式が言うか
具体的には、ビルドの物語によって変化したはずの戦兎の顔が、物語が消えた後も変わっていなかったり。
なお巧の人間としての生存は遠因が怪人にあったため、改変により生存できたという理由付けがされている。
今後の展開によっては、を始めとした「物語・怪人ありきの存在」に適用される可能性が高い。
「ジオウ」しか見ていない人にもネタバレなく物語を成立させるには、同じ人物の顔が突然変わったり消えたりされると困るからというのもあるのだが…。

考察

前述の第1・第2のルールとの兼ね合いから、ジクウドライバーを持つライダーが、ライドウォッチという形でレジェンドライダーの力を継承する以外に、アナザーライダーを倒す方法はない。
しかし、「同じライダーの力は同じ時間には共存できない」ため、アナザーライダーが倒されると力を継承したライダーがその時空で唯一の「仮面ライダー」と認識され、元居たオリジナルのライダーは歴史から消滅してしまう

言わば、アナザーライダーが出現した時点で、その世界の仮面ライダーが力を奪われることは確定してしまっており、それを託す相手がアナザーライダーかジオウかという違いでしかない(メタ的な視点で例えるなら仮面ライダーの作品が「仮面ライダージオウ ○○アーマー入手編」という別番組に変わるようなものであり、元の番組に戻るわけではない、といった感じであろうか)。

ちなみにアナザーライダーは該当する平成ライダーの放映年で生み出された後は2018年に至るまで野放しで活動しているらしく、例えば「アナザーブレイド」が生まれれば他の平成ライダーに感知されずに15年近く無法の限りを尽くす事になる。
何とも救いのない話であるが、先述の通りアナザーライダーは同じライダーの力でしか倒せないため、アナザーブレイドに対しクウガやアギトがいかに奮闘しようと完全に倒すことはできない。
また、意思を持ったアナザーライダーは己の目的のためにその力を使い、ピンチになれば撤退するだけの頭脳も持ち合わせている。アナザーウィザードは「マジックショーの演出」という形でしか能力を使っておらず、ショーを観に行っていなければ存在すら気付かなかった可能性もあり、これではアナザーライダーを倒せないのも無理はない。

現状、ライドウォッチの力以外で対処できたのは変身者が歴史改変の影響を受けず、アナザーライダー誕生後もライダーとしての記憶と力が保持されていた電王ぐらい。
ディケイドもカメンライドで対処できる可能性があるが、現時点では不明。

世界観からの考察

大前提として、(劇場版などそれぞれの歴史の中で共闘している平成二期だけならともかく)全平成ライダーの歴史をそのまま一つの時間軸に繋げることは不可能である。
これは明確に世界観…というより世界そのものが異なるライダーがいるだけではなく、根本も根本ので矛盾してしまうからである。

よって、とりあえず仮面ライダーの歴史が繋がってしまっている時点で「仮面ライダージオウ」は言わば「ジオウの世界」の物語であり、オリジナルとは別物だと結論付けられる。
つまり明確に他の時代のライダーと共闘しているこれまでの劇場版やVシネマ等とは明確な別の世界の話となり、ここでの矛盾はないという事になる。
オリジナルであると言えるのは特定の「時代」を持たないディケイドくらいではないだろうか。

ジオウの世界

白倉プロデューサーのツイートによればジオウでは(タイムジャッカーの介入前には)平成ライダーが放送と同様にそれぞれ存在していたらしいが、そもそも過去に登場したライダーとアナザーライダーが現代で戦っている様子がない。例えばアナザービルドにエグゼイドやゴーストがいくら奮闘しても完全撃破には至れないのだが、実際にはアナザービルドの前にはエグゼイドもゴーストも現れなかった。アナザーライダーは発見が困難だと先述したが、意思なく暴走するアナザービルドが1年も暴れては流石に見つかっていたハズである。

また、同じく白倉Pのツイートではジオウにおいては、『もしタイムジャッカーが介入してなかったら』という想定はありえません。ビルドを例に取るなら、先週までのエグゼイドとはまるで別設定のビルドがしれっと始まったのは、タイムジャッカーがエグゼイドの歴史をなくしてしまったからである…みたいなことです。とも語られている。これを文字通りに「毎年ライダーが登場しているのはタイムジャッカーが介入しているため」と考えると、「タイムジャッカーが(アナザーライダー以外の何らかの方法で)ライダーの世界観を毎年『抹消』し、また新たなライダーの世界観の歴史に切り替えている」ことになる。
具体的には「ゼロデイが起こった2016年」「スカイウォールの惨劇が起こった2017年」をタイムジャッカーが接続しているということになる。これにより、その歴史が「展開中」の時間に行けばそのライダーが活躍しており、翌年には世界観ごとガラッと変わっているという時間軸が出来上がる。
よってそもそも世界観同士をタイムジャッカーが繋げている世界のため、『タイムジャッカーが介入しなかったら』という想定はありえない(前述の「介入前」は「アナザーライダーに関する介入前」と考えるしかなくなるが・・・)。

ライドウォッチとアナザーライダー

劇中では過去で渡したライドウォッチを現代で受け取っている描写が多々あり、ライドウォッチが「抹消」の影響を受けないのは明らかである。よって同じライドウォッチの一種であるアナザーウォッチで生まれるアナザーライダーが抹消されず、現代に現れるのも当然のことと言える。
その性質上、現代まで野放しというよりは戦っても倒しきれない上に奮闘が後の歴史に残らないと言った方が正しいか。

アナザーライダーがライダーの力を奪うことで、ライダーの力は「抹消」以前にアナザーライダーによって消えることになる。結局力は失われるのだが、アナザーライダーは倒すことで(一時的とはいえ)歴史の復活が可能であり、それにより現代で変身能力を取り戻した者もいた。
だがアナザービルド誕生時にスカイウォールの消滅は確認できておらず、世界観を繋げるための「抹消」自体がなくなるのかは不明。物語の登場人物過去で登場している例もあり、「世界観」にどこまで含まれるのかもよく分かっていない。

余談

いわゆる「今週の怪人」枠であるが、公式サイトではアナザーライダーについて「怪人」と表記している個所と「仮面ライダー」と表記している個所の両方が存在する。
「怪人」かつ「仮面ライダー」という事だろう。

仮面ライダーは「敵と同じ力を使い正義のために戦う」というのがよくある事であるが、彼らは「仮面ライダーの力を使い悪事をなす」という事でそういう意味でも反転した存在と言える。
また、劇中での扱いも各原典の仮面ライダーを踏襲した点が多く、皮肉が効いている。

また、アナザーライダーが出現するとライダーだけでなく原典作品の怪人もいなかった事に(=怪人化する筈だった人間が怪人にならない上に怪人に殺される事もない)なる為、特に劇中での犠牲者が多かった555ウィザードはむしろ生存者が増えている事になり、視聴者の間では「結果的にタイムジャッカーは意図せずに多くの人命を助けているのでは?」という声も。(ただし、ライダーや怪人になる前から悪人だった人物や、歴史改変の影響で逆に救われなくなってしまった人物なども、それに比例して多い事だろう。)

よみうりランドのショーでは、アナザーライダーのプロトタイプである「ノーライダー」が登場する。このノーライダーは1号をベースにして巨大な耳と鼻をくっつけたもので、胸には大きく「NO RIDER」と書かれている。仮面ライダーの歴史を断絶させる(少々言いがかりでもあるが)原因となってしまったとある人物を彷彿とさせるが……。

尚、昭和ライダーのアナザーライダーは未だ登場していないので、これらの法則が通用するかは謎。そもそも歴史改変すると抑止力のような力が働いて、歴史改変の元凶を潰しにかかるライダーが存在する為、下手にアナザー版を作れない可能性がある。
ただ、仮に彼らのアナザー版を作ってしまった場合、仮面ライダーそのものの歴史が危うい事は想像に難くはない。

また、サブライダーのアナザーが存在するかどうか、また、存在した場合どうなってしまうかについても当初は謎だった(前述の歴史改変は主役の仮面ライダーのアナザーだったからこそ、仮面ライダーの物語を改変できたとも考えられる為、サブライダーのアナザー化だけでは歴史改変の幅に限りがあると思われる)。
しかし第21話にて、サブライダーのアナザーライダーであるアナザーリュウガが登場している。

関連タグ

仮面ライダージオウ ライダー怪人
アナザーウォッチ
ドーパント ゾディアーツ…同じくアイテムを使い人間が変身する怪人。

アナザーアギト アナザーパラドクス アナザーRX…仮面ライダーシリーズに登場する「アナザー」と名のつく存在。後者2名はともかく、前者は命名方式がもろ被りしているため当初から話題となっていた(生みの親は同じく出渕裕氏)。

チノマナコディエンド変身態…同じくライダーの力を持つ怪人。鳴滝曰く「ライダーのいない世界で初めて誕生したライダー」とのことなので、立場は若干異なる。
仮面ライダーチェイサー 仮面ライダーハート…アナザーライダーとは逆に仮面ライダーと化した怪人。(前者は、過去に一度【仮面ライダー】に変身した経緯がある)

ライダーロボ:『S.I.C. HEROSAGA』の『仮面ライダーディケイドエディション オーズの世界』にてオーズやディエンドの力を取り込んだ怪人態となる。

オリジナルアナザーライダーアナザープリキュア…二次創作タグ。

スマッシュ(前作の怪人)←アナザーライダー →???(次回作)

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401385

コメント