ピクシブ百科事典

目次[非表示]

バグルアップ!
デンジャー!デンジャー!(ジェノサイド!)
デス・ザ・クライシス!デンジャラスゾンビ!(Woooo!)

「私は仮面ライダーゲンム・・・レベルⅩ(テン)・・・!」

概要

仮面ライダーエグゼイド』第12話にて登場した仮面ライダーゲンムの新たなる形態。
ガシャコンバグヴァイザーバグスターバックルを合体した「バグルドライバー」にデンジャラスゾンビガシャットをセットし、「バグルアップ」することで変身する。
ゲーム「デンジャラスゾンビ」のプレイヤーキャラクターをイメージした仮面ライダーであり、厳密にはアクションゲーマーとしてのゲンムとは別のライダー。

変身シークエンスは黒いバグスターウイルスの霧に包まれ、投影されたバグルドライバーのモニターのエフェクトをぶち破って現れるもの。声もこれまで同様にエコーがかかっている。

バグスターウイルスの切除・撃破を目的としたゲーマドライバーを使用する仮面ライダー達とは異なり「対仮面ライダー」に特化しているため、レベル1形態は存在しない。


Vシネマ『アナザー・エンディング』では、サバイバルホラーゲーム「ゾンビクロニクル」の敵キャラとして大量に出現。ゾンビウイルスをまき散らし、首都圏の約20%の人間がゾンビバグスター化するほどのパンデミックを引き起こした。
1体を撃破するごとにランダムで消滅者が1人復活する仕様になっているが・・・。

スペック

レベルⅩ(10)

パンチ力24.2t
キック力30.2t
ジャンプ力52m(ひと跳び)
走力2.5秒(100m)


レベル10だけあり、第12話時点での最高戦力であるエグゼイド ハンターアクションゲーマーレベル5(フルドラゴン)のパンチ力18.2t、キック力24.4tを上回るスペックを持つ。
2段ジャンプのようなアクロバティックな動きは出来ないが、レスポンスの速さや瞬発力に優れている点や運動能力と反応速度を重視した調整など、一部アクションゲーマーの能力を継承している。

レベルX(エックス)

第21話にて「死のデータ」が十分に蓄積した事で、レベルⅩ(10)から"未知数"を表すレベルX(エックス)に昇華し、レベル50さえも上回るスペックを獲得した。

パンチ力66.6t
キック力73.0t
ジャンプ力63.2m(ひと跳び)
走力1.8秒(100m)

外見

zombie


従来のゲンムとはかけ離れた、白と黒を基調とする骸骨のような禍々しい姿をしている。
割れてオッドアイになったバイザーや左右非対称の装甲はボロボロになったゾンビを想起させるものとなっている。

またレベル1を介さないため、それまでのライダーと異なりレベル1の巨大なマスクを背負っておらず、色違いだったエグゼイドとは似ても似つかない姿になった。

能力

  • 挙動

プロトガシャットを使用して変身するゲンムのみに備わっていた強化リミッターの解除機能を継承している。ラグなどの不具合が発生しやすくなる欠点があったが、ゾンビゲーマーでは逆にこれを利用した予測不可能な挙動を攻撃に活かしている。

  • 不死性
「ゾンビゲーマー」たる最大の特徴。ライダーゲージが0になった瞬間の一時的な無敵状態を再現・維持することができ、ダメージを受けることがない。いわばゾンビの如く死にっぱなしの状態。
レーザーレベル3の「ギリギリクリティカルフィニッシュ」を受けてもスパローの衝撃波が瞬間的に塵となってしまい、一切通じなかった。

Dangerous zombie
無題


更に必殺技などで吹き飛ばされたり倒されたりしても、紫色の禍々しいオーラと共にゾンビのような動きですぐに立ち上がり復活してしまう。
ただし他のライダーよりも強力なバグスターウィルスの駆除プログラムを流し込めるダブルアクションゲーマーや全防御システムを一時的に停止させ直撃ダメージを与える仮面ライダーパラドクスの攻撃は通用しており、必殺技で変身解除に追い込まれている。

  • 各種妨害機能
視覚センサーを誤作動させ幻影を見せることができ、この設定を反映し第12話ではゲンムの姿が揺らぐような演出がなされている。
また攻撃と同時にドライバーや武器のシステムに深刻なダメージを起こすプログラムを流し込んで戦闘力を大幅に低下させることができ、単純なスペック差以上に戦いにくい。
極めつけに頭部のジャミング装置「デッドリージャマー」は敵のドライバーに組み込まれた装着者保護機能を停止させ変身の自動解除とゲームエリアからの離脱を防ぐことができる。
これによりライダーを確実にゲームオーバーまで追い込むことができ、実際にレーザーがその犠牲になってしまった。

しかし「システムに被害をもたらす攻撃を検知・解析し、強力なワクチンプログラムを作成・共有する」能力を持つダブルアクションゲーマーの登場により、これら妨害機能は一気に無効化された。

  • 「死のデータ」の蓄積
レベルXXとなったエグゼイドをはじめ、レベル50の力を手に入れたブレイブ・スナイプにも幾度となく敗北しガシャットを取り返されていたが、第21話にて復活の際に「死のデータ」が蓄積していくことが判明。同話でレベルXへのシステムアップデートを果たし、レベル50をも上回る力を獲得した。
肉体に負担がかかるのか、「死のデータ」自体が身体を蝕むのか、第20話までは撤収後の隠れ家にて苦しい表情を見せていた。

思えば初登場時からゲンムはレベル1に対しレベル2、レベル2に対しレベル3、レベル3に対しレベルⅩと常にそれまでのライダーをレベルで上回り優位を確保してきた。
予想外のエグゼイドレベルXXの出現やレベル50のギアデュアルβが奪われてもなお平然と倒されることが出来たのは、ひとえに未知数のレベルXの力で上回れると信じていたからに他ならないのだろう。

しかし未知数の力を得たゲンムの前に、最大数の力を得たエグゼイドが立ちふさがり・・・

レベルX

  • 増殖能力

黎斗曰く「ゾンビと言えば増殖がつきもの」とのことで、無限に増えるゾンビの様に自分と同じ姿の分身を出現させることができる。一度増殖すればゲンム本人が変身解除しても持続できるため、必殺技以外にも分身を送り込んで複数の場所を同時に襲撃したり単純な戦力増強にも利用可能な応用の利く能力。

  • 物質の腐敗
相手の装備を腐敗させる。
第22話ではエグゼイドのゲーマドライバーを使用不能にした。

装備

  • バグルドライバー

上記の通りバグヴァイザーをバグスターバックルに合体させた変身ベルト
第二のベルトとしては仮面ライダー鎧武ゲネシスドライバーと同じような位置付け。

  • ガシャコンスパロー

デンジャラスゾンビ!


第12話でレーザーからギリギリチャンバラガシャットごと強奪したもの。
第19話ではブレイブから強奪したタドルクエストガシャットを使いガシャコンソードを召喚したが、レベル50となったブレイブにガシャット共々奪い返されている。

必殺技

  • クリティカルエンド

バグルドライバーのABのボタンを同時に押し待機状態にした後、もう一度Aボタンを押すと発動する必殺技。
宙に浮かび、黒いオーラをまとい相手に向かってライダーキックを放つ。
第12話ではこの技でレーザーをゲームオーバーにし、第18話では用済みと見なしたモータス(レベル5)を撃破、回収した。

  • クリティカルデッド
バグルドライバーの待機状態からBボタンを押すと発動する必殺技。
黒い幻影が地面から多数出現し、相手を取り囲んで一斉に爆発する。
第17話ではバガモンを撃破、消滅させた。
レベルXになった第22話ではゾンビの幻影がゾンビゲーマーの姿となり、爆発の代わりに永夢のゲーマドライバーを腐敗させた。

  • ギリギリクリティカルフィニッシュ
ガシャコンスパローによる必殺技。
第18話で発動し、スナイプを変身解除させた。
第23話でも発動したが、レベル99となったエグゼイドには通じなかった。

  • タドルドラゴナイトクリティカルフィニッシュ
ガシャコンソードとガシャコンスパローでの同時必殺技。
ハンターゲーマに炎を纏わせての突撃。第19話で発動するも、レベル50となったブレイブには通じなかった。

  • バンバンクリティカルフィニッシュ
ガシャコンスパローによる必殺技。スパローから強力な光線を放つ。
第21話で発動するも、レベル50のスナイプの必殺技を相殺する事は出来なかった。

  • ドレミファクリティカルフィニッシュ
ガシャコンスパローによる必殺技。スパローから音波の形をした衝撃波を連続で放つ。
第23話で発動した。

  • ジェットクリティカルフィニッシュ
ガシャコンスパローによる必殺技。スパローから小型ミサイルを連続で放つ。
第23話で発動した。

超スーパーヒーロー大戦

「超スーパーヒーロー大戦」のトーナメント決勝戦にてチームゲンムのリーダーとして登場、エグゼイドロボットアクションゲーマーレベル3と対決した。見た目に反し、立場としてはチームの赤枠と思われる。
本編であれだけ「ゲームマスター」や「」を自称してきた彼が今作では単なる1ゲームキャラとして扱われているのは、ある意味皮肉と言えるかもしれない。

関連イラスト

zombies(´▽`)ノ♪
エグゼイド12話


仮面ライダーゲンムゾンビゲーマーレベルX
仮面ライダーゲンム  ゾンビゲーマー



関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーゲンム
ガシャコンバグヴァイザー デンジャラスゾンビガシャット ゾンビアクションゲーマーレベルX-0

ファングジョーカー:白黒のカラーリング・骨のモチーフなどの共通点がある。
仮面ライダーアマゾンシグマ:ゾンビ系ライダー繋がり。

モノクマ:白黒カラーリング・片目が赤など共通点がある。

















※ネタバレ注意(ゴライダー)

仮面戦隊ゴライダー本編でラスボスとして登場。

仮面ライダーゲンム


黎斗が用意したゲーム世界の怪人トーテマから力を分け与えられ、神々しい金色が備わった禍々しき神のごとき姿のトーテマ外装態に変貌、本編で敗北を喫したマキシマムゲーマーレベル99を一度は打ち負かした。

しかし、ゴライダーに変身したライダー達とエグゼイドの繰り出す必殺技を前にトーテマを失い、最後には「ゴライダーバズーカWithエグゼイド」の一撃で元の姿に戻ってしまった。
最後にエグゼイドとブレイドを道連れにしようとするが、死者のライダー達により阻止され、ゲーム世界ごと消滅。死後の世界でも貴利矢の力で打倒されてしまう皮肉な結末を迎えた。

関連記事

親記事

仮面ライダーゲンム かめんらいだーげんむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビゲーマーレベルX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510103

コメント