2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ハンバーガーのいい匂いがしたんだガー」

データ

身長220.0cm
体重131.4kg
特色/力食材型ウェポンの射出
感染者小星作
CV小山剛志
初登場話第17話「規格外のBURGSTER?」


概要

仮面ライダーエグゼイド』第17話に登場したバグスター怪人。
幻夢コーポレーション開発部男性社員小星作が完成にこぎつけたアクションゲームジュージューバーガー」より発生したバグスターウイルスが彼に感染して誕生した。外見の特徴も作がデザインしたゲームキャラ「バガモン」を模した物。

他のバグスター怪人と違い「患者のストレスを高めてゲーム病を進行させ、患者を死に追いやり自分が完全態となる」と言う目的を持たず、むしろ自分を実の息子の様に扱ってくれる作の事を案じて彼の看病をする等、バグスターにあるまじき心優しい気性の持ち主。

左腕のバガコンベアーからハンバーガーの具材や材料を模したウェポンを射出する事で攻撃こそ可能だが、本人の非好戦的な気質も相まって戦闘能力はあまり高くない。ただし、レベル4というレベルの高いガシャットの元になったゲームから誕生したからか、バグスターユニオンを経由せずにいきなり人型で実体化した。

ちなみに、モデルとなった「バガモン」と同様にハンバーガーが大好物。

劇中での動向

小星作と外出中、作が買い物に行っている間にハンバーガーの匂いに釣られて車から出てしまい、運悪く宝生永夢花家大我に見つかって危うく討伐されかかるも、作が彼を擁護する発言をした事や彼を倒すと作のストレスが増幅しかねないと気付いた永夢の判断により一命を取り留める。

その後は入院した作に付き添って電脳救命センター(CR)に出向き、共にドクター達に事情を説明したりポッピーピポパポとゲーム機の中でハンバーガーを作ったりしていたが、鏡飛彩の「バグスターは人類の敵だ!」と言う発言を受け、「自分は敵キャラでありいずれは倒される運命にある」「自分が生きている=作がゲーム病を患っている=作を命の危機に晒し続けている」と言う現実を突き付けられ、置き手紙ならぬ置きピクルスを残してCRを脱走。

「今まさに、残酷なケチャップが!あ、いや違う…残酷な血が流れるガ~!!」

その後はまるで人が変わったかの様に人を襲い始め、それを見た大我/仮面ライダースナイプに倒されかかるも、彼の「わざと悪役を演じて仮面ライダーに自分を倒させ、作をゲーム病から解放する」と言う真の狙いに気付いた永夢によって再び救われる。

更に永夢/エグゼイドバーガーアクションゲーマーレベル4は、バガモンが飛ばす食材をキャッチ、「ジュージュークリティカルストライク」でハンバーガーを作り、彼に提供。

エグゼイド「お待たせ致しました!お客さま、ご注文の特製ジュージューバーガーです!
召し上がれ。」
バガモン「ガー···はぐっ!ゴクン···
ん!ああ···ああ···
デリ~シャス スマ~イル!」

そのハンバーガーを食したバガモンは、美味しさのあまり涙を流し宇宙まで飛び上がって大喜び
「バガモンの注文通りにハンバーガーを作って、彼を笑顔にする」と言う「ジュージューバーガー」のクリア条件を満たしてゲームクリア。

作のゲーム病は完治し、『エグゼイド』初の「バグスターが倒されずに患者が救われる」と言う事例が起きた。
こうして、作とバガモンの2人とも救われると言うハッピーエンドをひとまず迎える事ができたかのように思われたが…

















黎斗「不正なゲームは回収する」
パラド「M、俺と遊ぼうぜ」

そんな心情など一切意に介さないゲンムパラドクスが登場。作を守る為にゲンムの「クリティカルデッド」に立ち向かったバガモンは必死に抵抗するものの力及ばず、ゾンビゲーマーが放ったゾンビの幻影に捕食されるかのごとく攻撃を受けて致命傷を負い、作の身を案じる言葉を残して爆散してしまった。

黎斗が会社から失踪した後に開発されたガシャットのバグスターであるため、「ゲームマスターの許可なくゲームを作る事は許されない」という理由からガシャコンバグヴァイザーによるデータ回収すら行われる事はなかった。

エグゼイドさん#17話


「作…これからも、夢いっぱいのゲームを作るガ…」


しかし、本来「倒す必要のなかった敵」であるバガモンを撃破してしまった事が原因でパラドは黎斗に対して不信感と怒りを抱くようになり、最終的に殺害するまでに至ることとなる。

余談

劇中での描写から分かる様に、バガモンのみバグヴァイザーにデータを回収されていない。その為、第24話でパラドがこれまで登場したバグスター怪人を一気に復活させた際にも、バガモンの姿は無かった。

仮にも"敵キャラを模したバグスター"であるバガモンが温厚な気性を獲得したのは、"バガモンが倒される必要の無い敵キャラ"である事に加え、"自分に混じりけの無い愛情を注いでくれる人間が傍にいてくれた"事も関係あるのかもしれない(バグスターの多くはRPGハンティングアクションなど戦闘を前提としたゲームの敵であり、またパラド曰く、バグスターは人間のストレス発散の道具としての役割を持っている為、基本的に人間から向けられる感情は敵意や憎しみばかりである)。

スーツの大部分はコラボスバグスターの素体の改造である。そしてそのバカモンのスーツは後にバーニアバグスターへと改造された。

ちなみにハンバーガーモチーフの特撮怪人の先輩にベーダー一族ハンバラーがおり、こちら側はハンバーガーを食わせたデンジブルーをハンバーガーに掛けたのか、半バカに変えてしまい、五感をおかしくした挙句に性格を粗暴にさせてしまうというバガモンよりも病原菌らしい事をやってのけた。ご丁寧にエグゼイドレベル4と同じく身体にはケチャップマスタードが備え付けられている。

ハンバラー



ファイナルステージではダブルチーズバガモンというバグスターが登場している。

完全な余談だがポッピーピポパポ役の松田るか女史は3年後ハンバーガーを扱ったグルメドラマに出演している。

また、これも余談だがバガモンは「ジュージュークリティカルストライク」で作られたハンバーガーを食した際、「デリ~シャス スマ~イル!」と発言しているが、奇しくも6年後に「食」がテーマであるプリキュアの常套句のひとつにデリシャスマイル〜!が出ることになったのだった。


関連タグ

仮面ライダーエグゼイド バグスター ジュージューバーガーガシャット 小星作 善玉怪人

関連・類似項目


外部リンク

バガモンバクスター 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

バグスター ばぐすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76521

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました